2020.04.23

アイディアの詰まったグリーンのある暮らし

インテリア

賃貸暮らしのインテリアをどうしよう...?そんなインテリアで悩める方必見!おしゃれなお部屋に暮らす人のイインテリアをご紹介します。

今回取材に伺ったのは、1LDKの賃貸で暮らすTさん。そこには、 フィンレイソンのアクセントクロスや観葉植物など、好好きなものに囲まれたワクワクが止まらないこだわりのインテリアがありました♪

暮らしのインテリア・間取りを活かし二人暮らしの空間

1LDKのこちらの賃貸物件でパートナーと一緒に暮らすTさん。実家から近く、周りに公園や大型スーパーがあるこの安佐南区長塚エリアを気に入ってこの物件を選んだそう。

グリーンが大好きというTさんのお部屋には、たくさんの観葉植物やドライフラワーがセンスよくいろんなところに飾られています。さらに、広々とした1LDKの間取りを活かし、お部屋ごとにインテリアのテイストを変えて一人暮らしを最大限に楽しまれています。

大好きな北欧風インテリア

リビングとダイニングは、ナチュラルな雰囲気漂う「北欧風インテリア」をテーマに、ファブリック使いや、雑貨、無垢材を使用した家具などを置いて温かみのある統一感を持たせています。

陽の光が降り注ぐリビングの窓際には、大小さまざまな観葉植物が置かれていました。Tさんのお家では、鉢の色を基本的にモノトーンでまとめながらもカラーの鉢やプランツテーブルが上手く取り入れられていて、全体的に動きのある空間ができていました。

観葉植物とそれに合わせた鉢は、お部屋に癒しを与えてくれるだけでなく、お部屋の印象を左右する大事なアイテムになります。

ベランダには、花やハーブの栽培をされていました。育てる楽しみとベランダの見た目のキレイさと両方を楽しめそうです。

キッチン実例・大容量キッチンボードを活かした無駄のない収納 

キッチンには、ナチュラルテイストで人気のインテリアブランド「unico」のキッチンボードを使用。収納にはカゴを使用して、隠す収納と見せる収納でメリハリをつけています。

冷蔵庫と高さを合わせたキッチンボード上も、ガラス瓶やカップ類をアイアンのカゴにまとめて無駄なく収納。

カウンターキッチンはスツールを置かず、カウンター下のスペースに縦横収まる本棚を設置。煩雑しがちな本や雑誌類を全てここにまとめてリビングダイニングをキレイに保ちます。

DIYが得意なTさんが、自分で布を張り替えたというスツール。温かい印象のコーデュロイ生地を使用していて、無垢のダイニングテーブルと雰囲気がマッチしていました。

一見、無垢材を使用したリビングテーブルに見えるこちらのテーブルは、なんとアウトドアテーブルの上に長板を合わせたもの。アウトドアシーンでも利用可能で一石二鳥です。

こちらもアウトドアで使用する折り畳みタイプの棚。お部屋のコーナーにピッタリと収まるサイズを選んだ棚には、カゴやトレーを使ってアクセサリーや小物類をスッキリとまとめます。

壁面にあるスペースに、お気に入りのインテリア小物や思い出のアイテムを飾ります。

アクセントのある壁でオリジナルのインテリア空間

こちらの賃貸物件で一番おしゃれの決め手となっていたのがアクセントクロスです。ワークスペースも兼ねている寝室は、グリーンを基調としたフィンレイソンのアクセントクロスがオリジナリティあるおしゃれな空間を生み出していました。

北欧テキスタイルメーカー「フィンレイソン」の壁紙が秀逸

日本の壁紙メーカー、サンゲツが販売する北欧フィンランド最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」のの壁紙は、古くから人々に親しまれている人気の柄が魅力的です。温かみのある北欧らしい色合いや遊び心あ
る柄がとてもおしゃれなインテリア空間を生み出します。

こちらは、トイレに使用されたTさんお気に入りのフィンレイソンのアクセントクロス。さりげなく置かれたマリメッコのファブリックパネルや植物の雰囲気にもマッチしています。

リビングの壁に使用されているのは、リクシルの「エコカラット」。多孔質セラミックスと呼ばれる微細な気候がある原料をタイル状に焼いて作られています。

目に見えない小さい孔(あな)があり、室内の湿気を吸収・放出することで、湿気を調整してくれます。機能面とデザインを兼ね備えたアイテムです。

お部屋の隅々まで好きを敷き詰めた暮らし

今後は大きな絵も飾ってみたいと笑顔で話すTさん。暮らしを楽しんでいるからこそ、お部屋が常に居心地の良い空間へとアップデートされるんだと気づかされました。皆さんも自分の好きに少しこだわってみてインテリアを楽しんでみてはいかがでしょうか。