2023.10.11

小窓のカーテンどうしてる?微妙なサイズの窓におすすめのウインドウトリートメント7選

インテリア

小窓にカーテンといったウインドウアイテムを設置せず、そのままの状態にしている方も多いのではないでしょうか。しかし小窓はさまざまな機能を持った存在です。ウインドウアイテムが加わることでより効率的な利用方法が見えてきます。

この記事では小窓にカーテンやウインドウアイテムを設置したほうが良い理由と、おすすめの小窓周りのアイテムについてご紹介します。小窓のウインドウアイテムに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

※本ページはプロモーションが含まれています。

小窓にもカーテンを設置したほうが良い理由

小窓は人の出入りが難しく、通風・採光のみを利用目的とするのが一般的です。そのためカーテンなどの目隠しをつけていない家庭も多いのではないでしょうか。しかし小窓にも、掃き出し窓や腰高窓と同じようにカーテンを設置することをおすすめします。小窓にもカーテンが必要な理由について、見てみましょう。

プライバシーの確保

掃き出し窓や腰高窓のような大きな窓ほど、小窓から視線は入りません。しかし中がまったく見えないわけではないため、プライバシーを確保するために目隠しをつけることをおすすめします。とくに通りに面した小窓は、人の目に触れる機会が多くなります。「見える範囲が狭いから」と油断をしていると、プライバシーが漏れてしまうかもしれません。

防犯対策

通りに面していない小窓であっても、目隠しがなければ中が見えてしまいます。とくに空き巣や泥棒にとって、人通りが少なく家主の注意が払われにくい小窓は、内部の様子を確認するのにぴったりの存在です。人がいない時間帯を把握されてしまえば、外部侵入のリスクが増します。

紫外線防止

採光目的で取り付けられた小窓であれば、日の光をたくさん取り入れられます。日差しが強い時間帯は目隠しをしておくことで、家具や床が紫外線によって傷んでしまうのを防げます

冷暖房効率アップ

夏の熱い空気や冬の冷たい空気は、窓から侵入します。小窓も空気の通り道となるため、エアコンを使う季節は目隠しをしたほうが冷暖房の効率を上げられます。また、冬は部屋のあたたかな空気が冷たい窓に触れることで、室内の温度が下がってしまいます。快適な住まいを保つためにも、小窓にはカーテンを設置したほうが良いでしょう。

部屋のデザイン性向上

小窓のカーテンを掃き出し窓のカーテンと同柄にしたり、インテリアにはない色でアクセントを演出したりすることで、部屋全体の印象が変わります。さらに小窓にカーテンを取り付ければ、部屋の明るさや暗さを調整ができます。カーテンの素材や色によって、部屋全体の雰囲気を変えることも可能です。小窓にカーテンを取り付けることは、部屋のデザイン性を高めるだけでなく、快適な空間を演出するためにもおすすめです。

小窓のカーテンどうしてる?小さな窓におすすめの目隠しアイテム

小窓の目隠しには、さまざまな種類があります。空間や小窓の使用用途によって、適切なアイテムを選ぶことが大切です。 ここからは、カーテンを含む小窓の目隠しアイテムについてご紹介します。

標準カーテン

縫製メーカーによってはヒダ付きのカーテンの小窓サイズを販売しているところもあります。小窓にカーテンを設置した場合、タッセルや房掛け(タッセルを掛ける金具)の使い方に工夫を加えてみましょう。窓の中心でカーテンをタッセルで束ねたり、カーテンの裾を房掛けに掛けたりすることで、エレガントで華やかさなイメージを演出できます。

床につくくらいカーテンの丈を長くして、ゆったりとした雰囲気を演出するのもおすすめです。小窓用のカーテンを購入する際は、小窓用のカーテンレールも一緒に準備をしましょう。

おすすめの標準カーテン

【満天カーテン 超1級 グラッセ 4枚セット 優しい5色で新登場 全120柄】 カーテン 遮光 1級 北欧 おしゃれ 4枚セット レースカーテン 遮光カーテン 断熱 防音カーテン オーダーカーテン レース 昼夜目隠し uvカット ミラー オーダー 柄 遮光1級 幅150 幅130 【os】

価格:6980円
(2023/10/11 16:53時点)

 

タチカワの装飾カーテンレール(小窓用) スイングレール セット 0.6m

価格:4400円
(2023/10/11 16:54時点)


シェードカーテン

シェードカーテンはカーテン生地を使って作ります。機械(メカ)で生地を上下に開閉するスタイルです。シェードカーテンを開ける際は、下部分から布を巻き上げていくため、下部に布が溜まります。布が規則正しく重なっている様子は、空間に優しくて温かな印象を与える要素となるでしょう。

大きな窓のカーテンと同柄にして、空間のコーディネートを楽しむこともできます。

おすすめのシェードカーテン

ナチュラル ノルディック オーダーローマンシェード シェードカーテン シングル 14柄 遮光 遮熱・断熱 洗濯OK 日本製

価格:7400円~
(2023/10/11 16:56時点)


ロールスクリーン

ロールスクリーンは、布地をメカで巻き上げて開閉します。仕組みはシェードカーテンと似ていますが、よりすっきりとしてモダンな印象を持つのが特徴です。ロールスクリーンの中には取り外して洗えるウォッシャブルタイプや、お風呂場や洗面所でも使える耐水性タイプなどがあります。

おすすめのロールスクリーン

ロールスクリーン コルト 小窓仕様 ウォッシャブル仕様(洗える)(幅10〜120cm 高さ10〜240cm)小窓 トーソー ロールスクリーン オーダー 日本製

価格:7790円
(2023/10/11 16:57時点)


プリーツスクリーン

プリーツスクリーンは蛇腹状に折られた和紙素材をメカで上下に開閉します。和の雰囲気が強く、小窓周りに上品なイメージを与えたい方におすすめです。和紙を通して入る光は優しく、穏やかな印象を空間に加える効果も期待できます。

ブラインド

ブラインドに「オフィスインテリア」や「無機質なインテリア」というイメージを抱く方も少なくないようです。しかしブラインドは色の選定や素材にこだわることで、窓周りをおしゃれに彩る存在になります。ブラインドの中でも木製デザインは人気が高く、小窓に限らずウインドウアイテムとして取り入れる方が多い傾向です。木製ブラインドは高級感があり、インテリアを選ばない点が魅力といえます。

おすすめのブラインド

小窓用 ウッドブラインド TOSO コルト VENEWOOD ベネウッド コード&ロッドタイプ 自動見積 TM-3401〜TM-3411 ラダーコード ラダーテープ 天然木 巾300mmから作成可 小窓 スリット窓 オーダーサイズ 木製ブラインド トーソー

価格:16940円
(2023/10/11 17:05時点)


 

カフェカーテン

カフェカーテンは窓の視線が入る部分だけを隠すアイテムです。突っ張り棒で取り付けられる手軽さから、小窓の目隠しとして高い人気を誇ります。カフェカーテンはレースデザインをはじめとするかわいらしいデザインが多い点も魅力です。丈が短いことから、小窓周りに置かれたオブジェとのコーディネートも楽しみやすいといえます。

おすすめのカフェカーテン

ラッシュ【100cm幅×45cm丈】カフェカーテン【メール便送料無料】 インテリア ファブリック 天然素材 綿 コットン 洋室 リビング キッチン 子供部屋 トイレ 小窓 細窓 縦長窓 出窓 目隠し カラフル おしゃれ かわいい カフェ風 インド lca

価格:1590円
(2023/10/11 17:06時点)


 

ウインドウフィルム

小窓周りをすっきりさせたい方は、ウインドウフィルムの活用をおすすめします。ウインドウフィルムはデザインの選択肢が多く、シンプルなタイプからステングラスを連想させる華やかなタイプまでさまざまです。

その他のウインドウアイテムのように採光の調整はできませんが、窓から入る光の美しさを楽しめるのは、ウインドウフィルムならではの魅力といえます。

おすすめのウインドウフィルム

[10%OFF対象 15日限定クーポン]窓ガラスフィルム 窓 目隠し シート ステンドグラス シート ガラス フィルム ガラスシート 窓シール 窓ガラスフィルム 日よけ レトロ アンティーク はがせる ステンドガラス おしゃれ 浴室 ウィンドウフィルム リップアート CSZ

価格:5291円
(2023/10/11 17:07時点)


小窓のカーテン・アイテムを選ぶ際のポイント

小窓のカーテンや窓周りアイテムを選ぶ際は、次の2点を意識しましょう。

・デザインは部屋に合っているかどうか
・求める機能を満たしているか

それぞれの内容について、詳しく解説します。

デザインは部屋に合っているかどうか

カーテンをはじめとする小窓周りのアイテムには、さまざまなデザインがあります。小窓単体で考えず、部屋とのバランスも見た上で、製品を決めるようにしましょう。

たとえばモダンなリビングの小窓にカーテンやロールスクリーンを設置する場合、柄物よりもシンプルなデザインを選んだほうが良いでしょう。高級感のあるウッドブラインドや落ち着いた色のシェードなども、モダンテイストと相性が良い存在です。

カーテンに柄物を使用している場合は、小窓も同じ柄にしたり同色系の無地にしたりといった選択肢から選ぶと良いでしょう。別柄を選んでしまうと、部屋がうるさい印象になる可能性があります。

求める機能を満たしているか

小窓の機能性も、窓周りアイテムを選ぶ際に重要なポイントです。通風の際に小窓を利用する場合、窓の開け閉めがしやすいカーテンやウインドウフィルムなどを選ぶと良いでしょう。採光で活用する場合、時間によって日の入る角度を調整できるロールスクリーン・シェードカーテンなど、昇降機能がついたアイテムがおすすめです。

小窓を普段どのように使っているかをよく考えた上で、ウインドウアイテムを選んでみましょう。

小窓にカーテンを加えてインテリアをより華やかに

小窓にカーテンを加えることで、インテリアがより華やかになります。また、ウインドウアイテムを取り入れれば、小窓の機能性も高まるでしょう。小窓に何も設置をしていない方は、ウインドウアイテムを加えることを検討してみてください。

小窓のウインドウアイテムはたくさんの種類があり、迷いがちではありますが、ご紹介した内容を参考にして、窓周りのインテリアを楽しみましょう。