2019.04.22

建売住宅 VS 注文住宅!メリットとデメリットまとめ

建てる

「建売住宅」とは、読んで字の如くあらかじめ建物が建っている状態で売られている家のことです。一方、土地探しや設計について、不動産屋や住宅メーカーと打ち合わせを経て建てる家は「注文住宅」と言われています。 家を買うにあたってどちらを選べば良いかわからない時、どちらの住宅を選べばよいのでしょうか。ここでは双方のメリットを挙げるとともに、そこから見えてくるデメリットについてもまとめました。

建売住宅のメリット

1. 家が完成しているので価格が固定されている

すでに家が完成している建売住宅は土地・建物のセット販売となるため、価格がすでに固定されています。土地探しから始める注文住宅と比べ、地価や家のグレードに左右されないので、あらかじめ決めた予算で家を買えるというメリットがあります。もし家の外観や内装のデザインが気に入れば、その場で購入できることも大きなメリットです。

2. 家の外観や内装デザイン、周辺環境を一度に見てから購入できる

注文住宅の場合、土地を見つけた後はどのような周辺環境に住むのかだけを確認することができますが、建売住宅の場合は家の外観、内装、家からの眺望などを一気に見ることができます。 ある程度シミュレーションは可能なものの、実際に家が建つまで自分の家を含んだ景色や内装がどのようになるかわからない注文住宅よりも、住み始める前の情報量の多さで勝っていると言えるでしょう。

3. 立地の良い場所に住める可能性もある

不動産会社が土地を仕入れて直接家を建てている建売住宅。不動産会社には、その業界での独自のネットワークがあるので、個人で土地探しをした場合には出てこないような立地の良い場所を抑えることも可能です。 また、立地が良ければ、とりあえず家を建てれば買い手がつくため、立地の良い場所を仕入れて建売住宅を作る業者も多いようです。

更に、古いマンションや屋敷など、立地の良い広い土地が売りに出されると、土地が広すぎて個人で購入するのが難しいことがありますしかし、資金力のある会社ならば、その土地を買い取り、小分けにして建売住宅として一般に販売することが可能なのです。

4. 一般的に価格が手頃

建売住宅は注文住宅と比較して価格が手頃であるとされています。建売住宅はいわば大量生産品であり、部品を大量発注することでコストを下げることができるからです。また、間取りやグレードの打ち合わせがないため、その分人件費もカットされています。

注文住宅のメリット

1. 間取り、デザイン、グレードが変更できる

注文できるのが注文住宅で、注文ができないのが建売住宅。もっと部屋数の多い家が良かったり、逆に部屋数は少なくても広いスペースの家が良かったりといった思いが頭をよぎっても、外観・内装のデザインが自分好みでなかったとしても、建売住宅では変更することはできません。 更に無視できないのが、断熱性や耐震性などのグレードです。すでに家が建ってしまっている建売住宅とは異なり、このような見えない部分を細かに注文できることは、注文住宅の大きな魅力です。

2. 価格は割高だが、確かな品質の注文住宅

建売住宅はコスト重視で建てられていることが多いと言われています。すでに家が出来上がり、建てている過程が見えないため、安い部材・資材が使われていても買う側はわかりません。 「子どもの代まで引き継ぐ家ではない」とまで言われることがある建売住宅。もちろん、高品質な建売住宅を販売している住宅メーカーや不動産屋もありますが、全てがそうではないということを念頭に置いておきましょう。 反対に注文住宅は、その言葉通り、細部にわたるまで家を建てる前からこだわることができます。子どもや孫に引き継げる、財産となる家を建てることができるでしょう。

3. 増改築・設備の追加をする場合も有利

建売住宅は、コストと施工期間を少なくするため、一般的には増改築に向いていないとされる「ツーバイフォー(2×4)工法」が多く採用されていると言われています。家族構成の変化による部屋割りの変更や、老齢に伴うバリアフリー化に伴い増改築したいと思っても難しい場合が多いのです。 反対に、注文住宅の場合は、建てる前から将来のことを考え、設計士や住宅メーカーと綿密に打ち合わせをすることができる注文住宅はその点で圧倒的に有利ですもちろん、注文住宅であっても、「2×4工法」を注文してしまったら、増改築しにくいのは同じですので、その場合には注意が必要です。

それぞれのメリットとデメリットを考えて賢い選択を

建売にしろ、注文にしろ、住宅は大きな買い物であることは変わりありません。今回取り上げたメリット・デメリットをよく考えて、ご自分の価値観や必要なものに合った住宅が建売なのか注文なのか、賢く見極めましょう。