catch-img

「建築」と「建設」、一体何が違うの?

「建築」と「建設」の違いを説明してください。唐突にこのような質問をされた時、あなたはどのように答えますか?「建築」と「建設」は、日本語では似ていますが、英語に訳すと建築は「Architecture」、建設は「Construction」と別の単語になります。さらに「建築」と「建設」には細かい違いがあります。


明治時代に生まれた「建築」という言葉


建築という日本語は、今から100年と少し前の明治時代に生まれました。何と、江戸時代までは「建築」という言葉は存在しなかったようです。建築という言葉は、「Architecture」という英語を日本語に翻訳する際に誕生したようです。


明治時代、「Architecture」という英語はすんなり「建築」に翻訳されたわけではないようです。それまでは「造家」という言葉が用いられ、現在の「建築学」は、「造家学」という名称が使われていました。


帝国大学工科大学(現在の東京大学工学部)卒業して同大学の大学院に進み、のちに工学博士・東京帝国大学名誉教授となった伊東忠太が、「日本建築史」という学問を創始し、それまでの「造家」という言葉を改め、「建築」という言葉を誕生させました。


つまり、「建築」という言葉は、昔ながらの日本語ではなく、学問の分野で作られた造語だったのです。現代で例えると「新語・流行語大賞」にノミネートされている言葉のどれかが一般の言葉として定着したものに近いと言えるでしょう。


「建築」とはあらゆる「建物」のこと


辞書で「建築」という言葉を調べると、「家屋などの建物を、土台からつくり上げること。また、その建物やその技術・技法。(デジタル大辞泉)」となっています。家屋などの建物を作り上げること、という言葉の通り、建物を建てることと建物そのものを指す言葉なのです。住宅はもちろん、公共施設や大規模な商業施設、高層ビルなど、すべての建物は「建築物」です。


「建設」はより広い範囲


「建設」という言葉は、建築と同じように明治時代に「Construction」という言葉を翻訳した際に、中国由来の言葉から作られた造語ですが、建築のように出所がはっきりしていません。辞書によると「1. 建物・施設・道路などを、新たに造ること。 2. 新しい機構や組織を作り上げること。」という意味になっており、建築よりも幅広い範囲で使われていることがわかります。


建築は、様々な建物だけではなく、道路やダム、高架、鉄道、地下鉄など建物以外の大規模なものを作ることを指します。建物を建てる「建築」という言葉は、「建設」の中に含まれているのです。例を挙げると、「新しいビルが『建設』されている」と言うことはできますが、反対に、「道路を『建築』した」とは言えないといった具合です。


進学の際に注意したい「建築」と「建設」の違い


「建築」と「建設」の違いを挙げてきましたが、建築・建設に特に関心がない人が日常生活を送る上でこの違いを意識することはほとんどないでしょう。説明できるならば、そういった話題になった時にちょっと博学アピールができる程度です。


しかし、将来的に家やビル、公共施設などを設計する建築士になることを目指している場合や、ダムや鉄道などのプロジェクトに携わりたい場合は、若いうちから「建築」と「建設」の違いを認識して、自分の目標となる勉強ができる学校に進学する必要があります。


建設会社と一括りにしても、作っているものは様々

「建設」の範囲は、建物を含めて道路やダムなど多岐にわたっていると書いた通り、同じ「建設会社」を名乗っていてもマンションのみに特化していたり、土木系の工事しか行わなかったりと様々な業態の会社があります。何らかの建物を建てたいときは、その会社がどのような事業を行なっているか、念入りに下調べする必要があるでしょう。