catch-img

年齢を重ねても住める家へ。バリアフリー住宅のポイント

近年、駅や病院、公衆トイレなどの公共の施設では当たり前となっているバリアフリー。足腰の弱いお年寄りや、障害があり車椅子で生活せざるをえない人が快適に動けるように設計されていると言われています。


その流れは住宅にもじわじわと到来しており、2019年政府が消費増税対策として実施する「次世代住宅ポイント制度」では、バリアフリーの住宅を新築したり、既存の家をバリアフリーに改修するリフォーム・リノベーションを行ったりした場合、ポイントが付与されることになっているのです。


お年寄りや障害を持つ方に優しいということは、健常者である若い方々にとっても暮らしやすい家であるということ。そして、自分自身が年齢を重ねた時に住みやすいつくりにしておくことはとても重要だと言えます。では実際にバリアフリー住宅を考える際、どのようなところを見ていけばいいのでしょうか。


段差を作らない


バリアフリーの公共施設の特徴として、部屋と部屋の区切りに段差が作られていないことが挙げられます。少し古い住宅では、廊下とリビングの間に段差があったり、リビングと個室の間にまた段差があったりといった段差だらけの住宅が一般的です。


車椅子に乗っている方にはもちろんですが、お年寄りにとっても段差がある家は危険です。年齢を重ねると、足が思うように上がらないことが多いと言われています。段差をまたいだと思っても足が十分に上がっておらず引っかかり、転倒などの事故に繋がる可能性があるのです。玄関など、どうしても段差がある部分は極力スペースを取り、スロープを取り付けておきましょう。


若いうちもスロープは便利

段差のある玄関にスロープを作っておくと、元気で若いうちもとても便利です。重い荷物を台車に積んで車まで直接運んだり、スーツケースをそのまま転がしたりと、スロープを作ることによってえられるメリットは多くあります。


車椅子に乗っている人やお年寄りをゲストとして家に招く時も、スロープがあれば安心して気軽に招待することができるでしょう。


廊下は手すりをつけることを想定して幅広に作る

「廊下は多少狭くても、部屋が広い方がいい!」。スペースが限られた状態で住宅を建てると、どうしても部屋の広さを重視してしまうかもしれません。しかし、廊下を狭くすると、将来手すりを必要とするような状態になった時、手すりを取り付けた分廊下が狭くなってしまいます。


多少狭くなるくらい問題ないと感じるかもしれませんが、問題は大型の家具・家電の搬入・搬出を行う時です。手すりのない頃はギリギリ廊下を通すことができていた冷蔵庫やソファーなどの大型家電・家具がある場合、手すりをつけたことにより搬入や搬出が不可能になることもあり得るのです。


トイレを寝室のそばに作る


高齢者や車椅子に乗っている方にとって、最も緊急に移動しなければならないことの一つがトイレだと言えます。老化や病気、身体障害によって体が思うように動かなくなった時、トイレが寝室から遠いと身体的にも精神的にも苦痛となることでしょう。また、夜中にトイレに行きたくなった時など、寝室のそばにトイレがあることは健康な若者にとっても大きなメリットだと言えます。


洗面台の高さに注意する

毎日利用する洗面台は、年齢を重ねて腰が曲がった後も使い続けます。若くて元気な頃ちょうどいいと思っていた高さは、年齢を重ねたときに少し高いと感じてしまうようです。


そのような時に備えて、多少高さが低くても我慢できる適応力の高い若い時代から、あえて低めの洗面台を作っておくと、適応力の下がった高齢者となった時に高い洗面台に苦労することはないでしょう。メーカーの既製品の洗面台を取り付けて高さ調節ができない場合は、ベンチなどを置くことで対応しましょう。


お風呂には滑り止めをつけて安全に


高齢者や体の不自由な方にとって、ツルツルの床やバスタブのお風呂は危険な場所です。誤って滑って転倒すると、出血や打撲、骨折などの大けがにつながる危険性がありますお風呂の床やバスタブは、滑り止めのついたものや滑りにくい素材を使用したものにしておきましょう。


バリアフリーは、健康な人の生活も向上させる

「バリアフリーにするとお金がかかる」というイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、ここで取り上げたような工夫は、すでにある環境を改修する場合は費用が発生しますが、新築で注文住宅を建てる場合には決して特別な費用がかかるものばかりではないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。


体が不自由な方も含めた「全員が生活しやすい」バリアフリーの注文住宅を建てれば、将来も笑顔で住み続けられる家という財産を得ることができるでしょう。

家づくりに関するお悩みはありませんか?

家づくりを検討しているけれど、注文住宅ってどこまで希望を叶えられる?土地がなかなか見つからない・・・、お金がどのくらいかかるか気になる、などお悩みの方、オールハウスがお困りごとを解決します。無料でご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事