Original

放置すると固定資産税が6倍になるかも!深刻な「空き家」事情

日本では820万戸程度、実に8軒に1軒あると言われる空き家(2013年時点)。様々な理由で住む人がいなくなり、必要な管理や修繕が行われないまま放置された状態の空き家は、衛生面や安全面で社会に様々な問題を撒き散らしています。


「私は賃貸住まいだから、空き家とは無縁だ」と思っておられる方もおられるかもしれません。しかし、誰でもある日突然空き家の持ち主になる可能性があります。


突然やってくるかもしれない遺産相続


この世で生きている限り、ほとんどの人が経験する可能性のあるライフイベント・遺産相続。祖父母や両親が急逝し、いきなり遺産を相続することになるかもしれません。遺産には金銭的なものだけではなく、土地・家なども含まれています。


被相続人の家があまりにも遠方で住むことができない。修繕が必要なほど老朽化している。故人の思い出がつまっているから、とても住むことができない。様々な理由により、その家に住めないことがあるかもしれません。


自分が住むこともできない上、管理するのも大変な状態になった家。便利な場所にあればすぐに売却することもできるかもしれませんが、山間部や離島など、不便な場所にあった場合なかなか買い手がつかない場合もあります。


そのような状態になった際、空き家を放置し続けることはとてもリスクの高いことです。今回はそんな空き家を所有するデメリットをまとめました。


空き家にも固定資産税はかかり続ける…特定空き家に指定されると最大6倍になることも


もしあなたが空き家を相続した場合、それがどんな不便な場所にあり、ほとんど価値のない物件であっても固定資産税がかかり続けます。住んでもいない上、値段もつかない家にかかる税金を払い続けることはデメリットでしかありません。


さらに最悪のケースは、その空き家が自治体により「特定空き家」に認定されることです。特定空き家に認定されると、それまで「住宅用の土地」として最大6分の1に軽減されていた固定資産税の優遇制度を受けられなくなります。対象となる住宅用地が200平方メートル以上の場合は3倍、1戸につき200平方メートル以下の場合はなんと6倍に固定資産税が跳ね上がってしまうのです。


特定空き家に認定されるかどうかは、自治体によって基準が異なります。しかし、一般的な認定基準として、そのまま放置することにより

・「倒壊等著しく保安上の危険となるおそれのある」場合、

・「著しく衛生上の有害となるおそれのある」場合、

・「管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている」場合、

・「周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である」場合

には指定されてしまう場合があります。


住む予定のない空き家はどのように処分すればよい?


放置していても良いことが何一つない空き家。活用方法が見つからず処分しなければならなくなった時はどのような方法があるのでしょうか。


1. 売却

自分の生活圏から遠くにあって住めない場合でも、その街に住んでいる人にとって魅力的な場所にある物件であれば、早期に売却できる可能性があります。住む予定がなく、管理するのも難しい場合は、なるべく早く売却してしまいましょう。


2. 寄付

売却がうまくいかないような僻地に空き家がある場合、寄付をして処分することも視野に入れたほうがよいかもしれません。寄付する相手は自治体や法人、自治会や町内会など様々です。


自治体は使用する目的がない土地の寄付を受け入れてくれなかったり、現地のお隣さんなどの個人に寄付する場合は土地の価値によっては贈与税が発生したりする場合もあるため、寄付する相手は慎重に選びましょう。


3. 最終手段・相続放棄

売却もできず、寄付も受け付けてくれるところがない!そんな時は相続を放棄することも一つの方法です。しかし、相続放棄は部分的に行うことができません。不要な空き家だけでなく金融資産などの相続も放棄しなければならないのです。


また、相続人が複数人いる場合は、全員が相続を放棄しなければ空き家を処分することができないため注意が必要です。


まとめ 対策は早めに


立地や状態によっては、まさにありがた迷惑になってしまう土地・家の相続。管理ができず「特定空き家」に指定されるまでに、なんとか売却または処分したいものです。


家の老朽化がさほど進んでいなければ、中古物件として売却したり、賃貸として貸し出したりするなど、様々な対策が取れるかもしれません。空き家を長期間にわたって放置せず、早めに対策を講じることが重要です。

関連記事

不動産相続でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

NEW

PICK UP 相続

PICK UP 不動産売買

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY