Original

普通の土地とは違う?建築条件付き土地の条件やメリットや注意点について

マイホーム購入には、土地を探して注文住宅を建てるか、建売住宅を建てるか、という大まかな選択肢があります。土地を探して注文住宅を建てることを目指している人は、土地探しの際に、「建築条件付き土地」という土地を見かけたことはありませんか?


「建築条件付き土地」には、どのような条件が付いているのでしょうか。普通の土地とはどこが異なっているのでしょうか。これから見ていきましょう。


建築条件付き土地の「条件」

建築条件付き土地の「条件」は、大きく分けて4つあります。その条件は、


(1) 土地の売主が定めた期間内に、

(2) 土地の売主の指定した建築業者で、

(3) 家を建てるという契約をすることを条件として、

(4) 土地を売る。

という条件となっています。


つまり、どのような家を建てるか決める「期間」、家を建てる「建築業者」を決める権利が土地の売主にあるという条件なのです。建売の住宅を買うよりは自由度が高いものの、建築条件付きではない普通の土地に注文住宅を建てるよりは自由度が低くなることが多いようです。なぜ、そのような状態になりやすいのでしょうか。


建築条件付き土地を所有している多くが不動産業者


建築条件付き土地の「売主」の多くが、不動産業者であると言われています。建築条件付きの土地で売主によって指定される建築業者は、その不動産業者そのものであったり、グループ企業であったりすることがほとんどです。このため、建築条件付きの土地では、注文住宅を建てる場合でも、自分の好みの建築業者を選ぶことは実質不可能である、ということを覚えておきましょう。


期間が限られているので、こだわって家を作ることが難しい可能性がある


建築条件付き土地は、売主(不動産業者)が定めた期間内に家を建てなければなりません。この期間は一般的には3ヶ月と言われ、通常の注文住宅のように細かいところまでこだわり、ゆっくりと家づくりをすることができません。


また、売主(不動産業者)が、モデルハウスを持たないような小規模の業者の場合、この業者に実際に建築を依頼した場合、どのような家になるのか、実際に目で見ることができません。モデルハウスがない業者の売る土地にどうしても住みたい!という場合は、業者と綿密に打ち合わせを行う必要があるでしょう。


注意点は多いが価格が安いというメリットがある

建築条件付きの土地のメリットとして、通常の土地よりも価格が安い場合が多いというメリットがあります。これは、売主(不動産業者)が自社あるいはグループ企業によって家の建築を行うことができ、家の部分の収益を得ることができるため、土地の値段を安くすることができるという仕組みのようです。


また、こだわったり迷ったりする時間があまり取れないとはいえ、家が完成した状態でカスタマイズが全くできない建売住宅よりははるかに自由度が高いのもメリットであると言えるでしょう。


建築条件付き土地の建築条件を守らないと契約が白紙解除に


建築条件付き土地の4つの条件「(1) 土地の売主が定めた期間内に、(2) 土地の売主の指定した建築業者で、(3) 家を建てるという契約をすることを条件として、(4) 土地を売る」のうち、どれか一つでも守られない状況になってしまうと、その土地の売買契約は白紙解除となってしまいます。


白紙解除になると、売主(不動産業者)に支払った手付金などの費用は帰って来るため、金銭的なダメージはほとんどないと言えます。しかし、購入者側は住みたいと思った土地に住めず、売主側は目の前の顧客を失ってしまうという、お互いにマイナスな結末になってしまいます。


条件を許容できるなら、土地探しの選択肢に入れるのもあり

ここまで、建築条件付きの土地が持つ独特の特性について見てきました。この条件を許容できるのであれば、割安であるメリットもあるので、建築条件付きの土地を探してみるのも良いかもしれません。通常の土地と比較しながら、自分にあったスタイルは何かをよく考えて、理想の土地を探しましょう。


.

土地価格が安い!土地探しの際に覚えておきたい「旗竿地」について

不整形地はどういう土地?不整形地に建築する時のメリットとデメリット ​​​​​​​

関連記事

不動産購入、売却をご検討中の方、お気軽にご相談ください。
不動産売却無料査定もおこなっております。広島の不動産売却ならお任せください。

NEW

PICK UP 不動産売買

PICK UP 賃貸経営

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY