Original

土地価格が安い!土地探しの際に覚えておきたい「旗竿地」について

マイホームの土地を探しているとき、「旗竿地(はたざおち)」という言葉を目にすることがあります。近年、都市部を中心に増加していると言われる旗竿地。一体、どのような土地のことを指すのでしょうか。


「旗竿地」の名前の由来はその土地の形から


旗竿地とは、土地の形が文字通り「旗」のような形をしている土地のことを指します。道路に接していない土地「袋地(ふくろち)」から細い土地が道路(公道)まで伸びており、その細い土地のみが道路に接している土地のことです(図を参照)。空から見たその土地の形が、まるで旗のような形に見えるため、このような形状の土地は「旗竿地」と呼ばれているのです。土地の側面が直接道路と接している土地と比較して、旗竿地にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


「旗竿地」のメリット


1. 通常の土地と比べ価格が安い

旗竿地は、同じエリアの通常の土地と比べて一般的に価格が安いと言われています。同じ予算であっても、もっと便利な都心部に住むことができるかもしれません。また、土地代を低く抑えた分、家や家具・家電などにお金を回すこともできるでしょう。


土地価格の高い人気のエリアに住んでみたい…が、予算が…!という方は、旗竿地の物件を探すという選択肢もあります。


2. 周りが家に囲まれているので、道路からの騒音が少なめ

家の側面が直接道路と接している土地は、道路側の部屋が自動車やバイクなどの道路の騒音によってうるさくなってしまう可能性があります。接道が国道やバス通りなど、交通量の多い道路の場合、深夜になっても騒音に悩まされてしまうかもしれません。旗竿地は、周囲を家に囲まれている分、周りの家がクッションとなり、騒音が軽減される傾向があります。


「旗竿地」のデメリット


1. 駐車が不便

旗竿地は、車で家の前まで駐車する際、道路に接している狭い「竿」の部分の土地を入らなければならないため、駐車が不便になってしまいます。道路までの通路部分の土地幅が2mほどしかない旗竿地だと、小型の普通車で通路に入るのも困難になってしまいます。


2. 陽当たりと風通しが悪くなる可能性がある

道路の騒音を防いでくれる周りの家は、場合によっては日光や風も遮ってしまうことがあります。旗竿地の周りの家が密集している場合や、3階以上の高い建物の場合は、陽当たり、風通しが悪くなる可能性が高いため、購入前に注意が必要です。


3. 接道義務に注意


建築基本法では、都市計画区域内で建物を建てるには、原則として幅員4m以上の道路に2m以上接した土地である必要があると定められています。これは旗竿地以外の普通の土地でも同じ条件ですが、旗竿地を購入するときは「幅員4m」の上に「道路に接する部分が2m以上」という点を考慮する必要があります。いわゆる「竿」の部分の土地の幅は2m以下だと、新たに家を建てたり、再建築で家を建てたりすることが認められないのです。接道義務に関しては、土地探しを依頼する不動産業者に念入りに相談しましょう。


デメリットは多いが、工夫次第で魅力的な家に

「安いものには訳がある」という言葉の通り、デメリットも多い旗竿地。しかし、接道義務を満たしており、陽当たり・風通しなどが比較的良好な条件の良い旗竿地は、工夫次第で通常の家よりも魅力的な家にすることも可能です。


例えば、竿の部分の広さが比較的余裕のある旗竿地ならば、自宅へと通じる「通路」にお洒落な敷石を置いたり、ガーデニングをしたりして、通常の家では不可能なストーリー性のあるエントランスを作ることもできるでしょう。土地価格が安い分、同じ予算でも家や庭、家具などにお金をかけることができる旗竿地。住んでみたいエリアに理想の旗竿地がないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。


.

土地の地目ってなに?その種類について

不整形地はどういう土地?不整形地に建築する時のメリットとデメリット

関連記事

不動産購入、売却をご検討中の方、お気軽にご相談ください。
不動産売却無料査定もおこなっております。広島の不動産売却ならお任せください。

NEW

PICK UP 不動産売買

PICK UP 賃貸経営

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY