Original

家を建てる時どこに頼むべき?ハウスメーカー・工務店・設計事務所の違い

「注文住宅」とは、自分の希望・要望を反映させて建築する新築の住宅のことです。すでに完成している家を購入する「分譲住宅」とは異なり、自分自身の理想を目指してゼロから家を建てていきます。


家を建てるというのは、とても大きな買い物であり、人生において非常に重大なイベントです。そのためまずはどこの会社で家を建てるかというところを慎重に決める必要があります。家を建てようと考えた時、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など様々な会社へ依頼すると思います。ではそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。


ハウスメーカー、工務店、設計事務所の比較


これらは事業規模や住宅を建てる時の自由度など、異なっている部分があります。もちろんそれぞれに良さがあるので解説していきます。


ハウスメーカー

全国展開している大手住宅ハウスメーカーを指します。大手企業ならではの安心感があり、最新の設備を取り入れることができますが、それに加え広告費や人件費が多くかかっている分、費用は高くなります。ですが機能性を高めるために、メーカー独自の特殊な加工をしたり、工務店ではやっていない技術が使われている場合がある為、技術・開発力、品質管理の高さについては保証されています。


自社の工場で建材を大量生産しており、プレカット・ツーバイフォー工法・プレハブ工法・ユニット工法といった工法を多用しています。そうやって全国どこでも同じ建て方ができ、家を量産する事ができるように家を規格化しています。そのため細部へのこだわりは実現しにくくなりますが工期は短くなります。


工務店

全国展開しているハウスメーカーと違い、地域に密着している建設業者を指します。主に戸建て住宅を請け負います。工務店は現状複数のタイプが存在しており、例えば自社の建築士がいて設計から手掛ける工務店、大手ハウスメーカーの仕事を請け負う工務店、建築士から依頼を受けて家を建てる工務店などです。


家の規格化がされていないため、工期に時間はかかりますが、特に内部に建築士を抱えている工務店は融通が利きやすく、希望や要望通りに建てることができます。また無駄を省いて計画できる為予算を削減することができます。アフターサービスについても地元工務店ならではのフットワークの良さを生かし、トラブルがあった場合すぐに駆け付けてくれるなどのメリットがあります。


設計事務所

設計事務所は設計や施工管理を行う会社で、建築士が独立して運営しています。一級建築士事務所や二級建築士事務所があり、設計業務ができる用途や規模が違ってきます。設計に特化しており、デザインの自由度が高いという特徴があります。施工は施工業者に依頼し、設計事務所が管理を行ってくれます。なのでより施主に近い立場で提案・管理を行ってくれるというメリットがあります。


オーダーメイドで作れてデザイン性が良い分費用が高くなると思われがちですが、余分な出費を抑え、予算内で予算をかけたい場所、抑えたい場所のメリハリをつけて調整することも可能です。設計士と共にゼロからデザインを考えていくため、設計に時間が掛かりますが、自分の理想の家を作る為にとことんこだわることができるのが設計事務所です。


結局どこに頼むのがいいの?


ハウスメーカー・工務店・設計事務所それぞれにメリットとデメリットがあります。どこに依頼するかを決める時に重要なのは、結局のところ自分がどのような「家づくり」をしたいのかです。


じっくりとモデルハウスを見て、技術力のしっかりしている大手ハウスメーカーに作ってもらうことで安心感を得たいのならハウスメーカー一択ですし、地元ならではの提案力で価格を抑えて作りたいなら工務店がおすすめです。とことんデザインにこだわりたいなら設計事務所に頼むのが一番です。


家づくりにおいて、まずは何を重視したいかを決めましょう。そのうえでその希望を叶えてくれるところへ依頼し、実現できるよう家づくりを進めていきましょう。


家づくりをご検討中の方、オールハウスへお気軽にご相談ください。