catch-img

無垢材フローリングの種類・特徴とは?代表的な無垢材5選

夢のマイホームの床は、無垢材のフローリングにしたい…そんな希望を持っている方もおられるのではないでしょうか。無垢材とは、天然の木の丸太からそのまま切り出しただけの自然の状態の木材のこと。それに対して、薄い木板を接着剤で貼り合わせた集成材と言います。


自然の状態のままのため、木の本来の木目や温かみ、香り、質感を楽しめる無垢材。健康志向の高い人たちの間では、化学物質を極力使用しない「自然素材」の一つとして人気です。


しかし、一口に「無垢材」と言っても、木の種類によってその特徴が異なることをご存知でしょうか?長く住むことになるマイホーム。それぞれの素材の特性を知った上で、無垢材の中でも自分たちに最高にマッチした木を選ぶことはとても重要と言えます。この記事では、無垢材のフローリングで使用される代表的な5つの木材の特徴を見て行きましょう。


目次[非表示]

  1. 1.代表的な無垢材
    1. 1.1.パイン(松)
    2. 1.2.スギ
    3. 1.3.ヒノキ
    4. 1.4.バーチ
    5. 1.5.オーク(ナラ)
  2. 2.無垢材はそれぞれの特徴を踏まえて選ぼう


代表的な無垢材

パイン(松)


パイン材はアンティーク家具にもよく使用されるような素材で、明るい色味と柔らかな質感が魅力の木材です。木目や節が大ぶりで力強い印象を与え、「天然木らしさ」が目に見えて現れやすいと言われています。


経年変化によって最初は白っぽい明るい色味がアメ色に変化して、ヴィンテージ感を楽しめるようになるのも魅力の一つです。素材が柔らかく、歩行性や肌触りが良いのも特徴で、小さな子どもや年配の方にもおすすめな素材です。


スギ


昔から日本で広く建築材料として使用されてきたスギ材。そのため、和風のお部屋によく合うというイメージが根深い素材ですが、今日では洋風のお部屋のフローリングとしてよく使用されています。パインと同様、スギも柔らかい素材。歩行性や肌触りがよく、素足で歩くと気持ち良い素材です。


スギ材からは、フィトンチッドと言う物質による「木の香り」が比較的強く香ると言われています。フィトンチッドは、脳内のα波の発生を促進して心を安定させたり、交感神経の興奮を抑えたりと、人にとって嬉しいリラックス効果をもたらす物質。そのため、寝室のフローリングにスギを使うと安眠効果が期待できるのです。


ヒノキ


ヒノキ材は昔から日本の「高級な木材」として知られる木材。こちら古くから建築材料として使われてきました。「ヒノキ風呂」や「ヒノキ舞台」と言う言葉を耳に来たことがある方も多いのではないでしょうか。


ヒノキは、風呂や舞台のような強度が必要なものに使用されていることからも分かる通り、耐久性・耐水性が優れています。そのため、フローリングの素材にも適しています。また、ヒノキもスギと同様にフィトンチッドを多く含み、リラックス効果のある木の香りを楽しむことができます。


バーチ


バーチはカバノキ科の樹木で、日本語では「カバザクラ」と呼ばれています(「サクラ」とは全く種が異なるものの、色や表面の仕上がりが似ているためこう呼ばれている)。


程よく硬く歪みが少ない素材と言われ、フローリングに適した木材と言えます。フローリング以外の用途でも広く使用されており、北米やヨーロッパ、東アジアで、家具やドア・敷居などの内装材に使われています。良いグレードのバーチ材は木目が比較的薄いため、シンプルなお部屋づくりをすることができるでしょう。


オーク(ナラ)


オークは日本語では「ナラ」と呼ばれ、どんぐりがなる木として日本でも親しまれている木です。木目がくっきりとしており、褐色の美しい色合いを楽しむことができます。


非常に硬質で頑丈でありながら、弾力があり、耐水性・耐久性にも優れているため、昔から船舶やウイスキーの醸造樽の材料として使われています。無垢材の中では決して高価ではありませんが、このような万能型の性質を備えていることや、落ち着いた木目でシックで高級感のある雰囲気を出すことができるため、非常に人気の木材になっています。


無垢材はそれぞれの特徴を踏まえて選ぼう


天然木のため、木材そのものの味を楽しめることや、調湿作用があること、空気を多く含むため冬場は冷えにくいことなど、共通する特徴も多い「無垢材」。しかし、そんな無垢材の中でも、樹種によってかなり違いがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。


木目の雰囲気や色合いの雰囲気はもちろん、肌触りの良さや耐久性、耐水性など、それぞれの木材が持つメリットを考えて選ぶのが良いでしょう。


また、同じ樹種であっても、一般的に節が多かったり辺材に当たる部分は価格が安く、木目が整って美しい部分の方がグレードが上になると言う違いもあります。


多くのモデルハウスなどの展示場では、実際に無垢材のフローリングのサンプルを展示しているため、本物の無垢材を触ってみて、自分たちの肌に合う素材を選ぶこともできます。家族が長い間暮らすことになるマイホーム。自分たちにとって最高の無垢材をじっくりと選んでみてはいかがでしょうか。


オーク材(ナラ材)の床のモデルルームを見学している動画を見る


.
  毎日が森林浴?無垢材を使用した住宅の魅力について | オルラボ 建材として優れているだけではなく、「癒し」の効果があると言われる「無垢材」の魅力。 オルラボ
  自然素材ってどんな家?自然素材の家のメリットとデメリット | オルラボ 知っているようで知らない方も多い自然素材の家。その定義とたくさんのメリットについてまとめました。 オルラボ


家づくりに関するお悩みはありませんか?

家づくりを検討しているけれど、注文住宅ってどこまで希望を叶えられる?土地がなかなか見つからない・・・、お金がどのくらいかかるか気になる、などお悩みの方、オールハウスがお困りごとを解決します。無料でご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事