2020.12.03

読んだら住みたくなるかも!?広島市東区「牛田」の平地の3つの魅力

広島の街

人口120万人に迫る大都市・広島市。広島市東区にある住宅街「牛田(うした)」は、古くから広島市の高級住宅街として栄えてきました。広島市を流れる一級河川「太田川(おおたがわ)」と、そこから別れる「京橋川(きょうばしがわ)」に西と南を囲まれている牛田。

今回は、そんな右下のリバーサイドの平地のエリアを歩き、街並みのリアルな様子をお伝えしながら、牛田の平地の3つの魅力をお伝えします。

魅力1 圧巻のリバーサイドビュー!

京橋川

南の京橋川に面した牛田本町は古くからの住宅街で、新旧様々な戸建住宅やマンション立ち並ぶエリア。川に面した部分に、眺望の良さを生かしたマンションや住宅が建てられている部分もあります。

川沿いには歩道が設けられ、木々や草花から季節の移ろいを感じることができます。

牛田本町から広島駅方面を見ると、広島駅南口に2016年に完成した2つのタワーマンションが見えます。

京橋川を挟んだ川向かいは、中区の白島(はくしま)エリア。大通りには橋が作られ、車やバス、自転車、歩行者が多く行き交っていました。

太田川と京橋川の分岐点近くに進むと架かっているのが、広島市の旧市内唯一の吊り橋で、歩行者専用の「工兵橋(こうへいばし)」(手前)と、車道とアストラムラインが通る「新こうへい橋」(奥)。

吊り橋の「工兵橋」歴史は古く、1899年に川向かいの白島に駐屯していた大日本帝国陸軍工兵第5連隊と、牛田にあった演習場とを結ぶ連絡橋として作られた木橋が元となっています。かつては軍人専用の橋で、一般人は立ち入ることができなかったそう。

1921年に現在の吊り橋の姿となり、複数回架け替え工事を経ているものの、現在もその姿を残しています。

太田川

牛田本町の東端と北隣の牛田新町は、一級河川の太田川に面しています。そのほとりは散歩やジョギングにぴったりの遊歩道が設けられ、大変開放的で美しい風景を楽しむことができるようになっています。

遊歩道沿いには県営住宅が立ち並んでいます。

太田川を挟んだ対岸は西区の三篠(みささ)や大芝(おおしば)。平地の川沿いで送電線もないため、開放的な広い空が楽しめます。

遊歩道の側には、ちょっとした休憩もできるベンチが。

牛田新町と対岸の大芝を結ぶ大芝橋。太田川と太田川放水路の分岐点にかかり、洪水時には太田川への水量を調節する「大芝水門」があります。

遊歩道から南側を見ると、中区の基町のリーガロイヤルホテル広島や高層アパートなどまで見渡すことができます。

魅力2 広島市中心部や広島駅方面までのアクセスが便利!

先に述べたとおり、牛田の平地からは川を挟んだ中区の白島やその南の基町、紙屋町(かみやちょう)、八丁堀(はっちょうぼり)などの中心地までの距離が物理的に近く、地形も平らなため、車や自転車、公共交通でのアクセスが便利(地図を参照)。

新交通システム「アストラムライン」を利用すればJR線と連絡する「新白島(しんはくしま)駅」や、紙屋町、本通(ほんどおり)のような繁華街までも乗り換えなしで行くことができます。また、南東方向に進めば広島駅へも平らな道を進めばアクセス可能です。

交通の便が良いことは、毎日生活を送る上で大きなメリット。広島市の中心部や広島駅付近に勤務先があるという方は、朝夕の通勤ラッシュのストレスが軽減され、快適に仕事ができることでしょう。

魅力3 住宅街として生活しやすい!

牛田は古くからの住宅街。牛田の中心部を通る大通り沿いにはスーパーマーケットや飲食店、ドラッグストアなどが点在し、日常のお買い物も便利になっています。

大通り沿いにあり、1Fにスーパーマーケットが入居する複合ビル。スーパー以外にも、クリニックや学習塾などが入居しています。

ドラッグストアや銀行の支店なども充実している交差点。平地のため自転車でのお買い物も便利かも。

チェーン店だけではなく、カレーの専門店やおしゃれなカフェなど、個人経営の飲食店も点在しています。ここでしか味わえない味が楽しめることでしょう。

アストラムラインの牛田駅近くには、スポーツを複合的に楽しむことができる施設「ひろしんビッグウェーブ」「マエダハウジング東区スポーツセンター」があります。

共に公共財団法人広島市スポーツ協会が運営する施設ですが、2016年に命名権(ネーミングライツ)が導入され、50mのプール(冬季はスケートリンク)、25mの飛び込み用プールなどがある北側の建物が「ひろしんビッグウェーブ」、公民館や25mのプール、大体育室、トレーニングルームなどがある南側の建物が「マエダハウジング東区スポーツセンター」という名称になりました。

ひろしんビッグウェーブ」に冬季のみ作られるスケートリンクは、2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングル代表(5位入賞)の町田樹さんが幼少期にトレーニングを積んだリンクとして有名です。プールなどの豪華設備があるこの施設は一般の人も気軽に利用可能。運動不足解消にもってこいと言えそうです。

再開発が積極的に行われている牛田エリア

ひろしんビッグウェーブの南のエリアは、かつては公務員宿舎のアパートのみが立ち並ぶ街でしたが、ここ10年ほどで大規模な再開発が行われ、分譲マンションやスーパーマーケットなどが建設されています。

リバーサイドの圧倒的な景観と立地の良さがある牛田の平地。住宅地としての人気は高く、この先もまだまだ発展の余地が残っている場所と言えるでしょう。

牛田の賃貸物件情報はこちら

物件を見る