catch-img

部屋干しは夜にしたほうがいいの?夜の外干しの注意点まとめ

一人暮らしや共働き世帯など、世帯に住む人全員が昼間家にいない家庭はたくさんあります。出社している日は昼間に洗濯をして干すことは物理的に不可能なため、夕方や夜に洗濯をして、夜の間干しておくという方も多いことでしょう。


昼間の洗濯物であれば、ベランダやバルコニーなどの外に干した方が部屋の中で干すよりも乾きが早く、生乾きの嫌な臭いも起こりにくいため、外で干す方がメリットが多いと言えます。しかし、夜間の場合は、外に干すことによるデメリットが多いことをご存知でしたか?もし、今、洗濯物を何の疑問もなく夜のバルコニーに干しているとしたら、思わぬトラブルに発展する危険性があるのです。


空き巣に目を付けられる可能性


通常、太陽の出ている昼間に干されることの多い洗濯物。それをわざわざ夜に干していると、「昼間は家に誰もいない」ということを周囲にばらしているようなものです。


もし、夜に干している洗濯物が空き巣の目に止まってしまったら、ターゲットにされる危険性が大きくなるということ。犯罪の手口が巧妙化している現代。「たかが洗濯物でそんなことになるはずがない」と、根拠のない自信を持つよりも、万全の防犯対策を取った方が良いでしょう。


雨に気がつきにくい


昼間の雨は、太陽が雲で覆われ薄暗くなったり、雨粒を簡単に目視することができたりと、雨が降っていることがわかりやすくなっています。そのため、雨が降ったら比較的すぐに洗濯物を取り込むことができます。


しかし、夜の雨は光や目視によって判別することが難しく、雨音で気がつくことが多いため、部屋の中で賑やかにしていると気がつかない可能性があります。部屋の中まで雨音が聞こえるほどの本降りになってから洗濯物を取り込んだ場合、かなりの確率でびしょ濡れになってしまうことでしょう。


虫が衣類に卵を生む可能性

衣類をタンスにしまっている間に、虫食いの被害に遭ったという方は少なくないことでしょう。このような、衣類を食べる虫は、「ヒメカツオブシムシ」や「ヒメマルカツオブシムシ」と呼ばれる小さな虫や、「コイガ」や「イガ」と呼ばれる蛾などの幼虫です。これらの虫は、成虫になってからは衣類を食べることはありませんが、幼虫の時にウール、シルク、綿といった天然素材の衣類を中心に虫食いの被害を起こします。


夜にバルコニーに洗濯物を干していると、部屋の明かりに吸い寄せられてきた蛾が、洗濯物(幼虫の餌)を見つけ、そこに卵を産み付ける可能性があるのです。当然、昼間でも外に洗濯物を干していれば同じような被害に遭うリスクはありますが、夜に干される洗濯物は数が少ないため、確率的に虫たちが集中しやすい状況になり、狙われる可能性が高まります。夜間に産み付けられた卵に気づかず洗濯物を取り込み、タンスやクローゼットの中で幼虫が孵化してしまうことを考えるとゾッとするのではないでしょうか。


日光がない


昼間と違って日光のない夜。衣類を乾燥させるのは風のみになります。つまり、日光のある昼間は圧倒的に外干しの方が圧倒的に早く乾きますが、夜の場合は昼間ほど部屋干しとの差が出ないのです(風の強さや湿度にもよる)。


ここまで取り上げた夜の外干しのデメリットを踏まえると、夜は衣類乾燥機能のついた除湿機や扇風機などを使って風を送って部屋干しで乾かす方をおすすめします。ただし部屋干しをする場合、洗濯物が乾きにくいことによってニオイが発生する可能性があります。そのため部屋干しをする際は早く乾くように工夫しましょう。


夜の洗濯物は賢い部屋干しがGood


ここまで、夜の外干しは、衛生面・防犯面共にリスクが高い行為であることを見てきました。夜に洗濯物を干す場合は、乾きやすい工夫をして部屋干しにする方が賢明と言えます。洗濯物の間に適度な空間を作り、扇風機で満遍なく風が当たるようになっている洗濯物はかなりの速さで洗濯物は乾くと言われています。無意識に「部屋干しは乾きが遅いからダメ!」と決めつけず、夜の「賢い部屋干し」にチャレンジしてみるのも良いでしょう。


.

除湿機を効果的に使ってお部屋をカビから守ろう

蛇口が原因で室内洗濯機置き場に洗濯機が入らない問題について