2019.07.11

ダイニングテーブルはどれくらいの大きさを買うのが正解なの?

インテリア

夫婦2人や、家族が3人以上いる場合、多くの家庭ではダイニングにダイニングテーブルを置くことを検討するかもしれません。

多くのダイニングテーブルセットは、長方形のテーブルと4つの椅子がセットになっています。

もちろん、これを超える大型サイズのものもありますが、今回は、4人用のダイニングテーブルについて、ベストなサイズを考えます。

1人分に必要な食事スペース

料理の種類やその人の食べる量によってこの広さは変わってきますが、人1人分の食事スペース(食器、茶碗、コップなどを配置するスペース)は、およそ縦40cm、横60cmあれば成立すると言われています。

つまり、ダイニングテーブルを快適に使える広さは、このスペースが4つ入った状態で、どれくらい周りに余裕ができるのかで決まってくるのです。

80cm×120cmのダイニングテーブル

1人分の食事スペース縦40cm×横60cmを、隙間なく敷き詰めた基本サイズである、80cm×120cmのダイニングテーブルは、大人4人が毎日座るにはやや手狭な印象を持つ方も多いことでしょう。

特に、体の大きな方の場合は、やや広めのテーブルを選んだ方が無難でしょう。 80cm×120cmのテーブルは、夫婦2人の家庭におすすめだと言えます。

2人分のダイニングテーブルよりは広さがある4人用ダイニングテーブルは、1人当たりのスペースが広く、余裕を持って食事することができます。

また、空いているスペースにノートパソコンなどを置きっぱなしにして作業スペースとして使うこともできるでしょう。

さらに、将来的に子どもが誕生した後も、子どもが小さいうちはこのサイズのテーブルで窮屈に感じることはありません。

また、ダイニングの広さに余裕がない場合は、コンパクトなこのサイズが生きることでしょう。

ダイニングテーブルがコンパクトであれば、人が着席した状態でも通路を確保できる可能性が高く、他の部屋に移動する際は便利です。

幅135cmのダイニングテーブル

120cm幅のダイニングテーブルでは、人の体格によっては肩や肘が当たってしまう可能性があります。

しかし、幅が135cmのダイニングテーブルでは、大人4人が窮屈に感じず食事することができると言われています。

子どもが中学・高校に通い始め、大人の体格になってくる時期には、135cm幅のダイニングテーブルへの買い替えを検討するのも良いでしょう。

また、夫婦2人だけで生活している人も、友人などの来客が多い場合はこのサイズのダイニングテーブルがあると余裕を持っておもてなしすることができるでしょう。

大は小を兼ねる幅150cmのテーブル

4人用のダイニングテーブルとしては最大幅と言われている150cm幅。

4人で使用する場合は、広いスペースでゆったりと食事ができるでしょう。

また、来客などにより5人以上で食事をするというときも、この幅があれば比較的余裕を持って食事ができます。

通常で使う人が3人以下の場合でも、この幅があればダイニングテーブルに調味料を置くスペースを作るなど、コンパクトなテーブルでは考えられなかった使い方が広がります。

まさに大は小を兼ねる、と言えるでしょう。

しかし、150cm幅のテーブルを置こうと考えると、部屋の広さもそれなりに必要になってきます。

一般的な6畳の部屋は、364cm×273cm。

幅が150cmのテーブルを6畳の部屋に置くと、他の家具を置くスペースが少なくなってしまうかもしれません。

用途やお部屋の広さを考えて選ぼう

ダイニングテーブルは、一度購入するとそれほど頻繁に買い換えることは少ない家具。

ゆったりと食事をしたいからといって幅の広いテーブルを買うと、ダイニングの広さが十分でない場合はスペースを圧迫してしまうかもしれません。

また、家族全員が小柄であったり、大柄であったりする場合は、それに応じてサイズを選ぶ必要があるでしょう。

安易に決定せず、お部屋のサイズを確認してから最適なサイズのテーブルを選びましょう。