catch-img

エアコンと除湿機以外の梅雨のジメジメ対策まとめ

雨が多く、湿度が上がる梅雨の時期。洗濯物の乾きが遅く、生乾きの嫌な臭いに悩まされている…という方も多いのではないでしょうか。エアコンの除湿機能や、除湿機を使えば、湿気を取ってお部屋の湿度を快適に保つことも可能ですが、あまりエアコンや除湿機に頼ってばかりいると、電気代が気になってしまいます。今回は、エアコンや除湿機をそれほど使わなくても良くなるように、身近なアイテムでできる様々な除湿対策を取り上げていきます。


換気

​​​​​​​


雨が多い梅雨の時期の換気はなかなか難しいもの。しかし、雨が止んでいる時は極力窓を開けたり、換気扇を回したりするなどして換気を心がけましょう。換気によって部屋の中にこもっている湿気も外へ排出されるため、カビやダニの繁殖を抑えられることでしょう。


結露を拭き取る


結露は、部屋の中の湿気(水蒸気)が凝結したもの。水分を取るだけでいくらか除湿になることでしょう。放置するとカビの原因になるなど、何一つ良いことのない結露。もしも窓に結露ができていたら、サッと素早く拭き取ってしまいましょう。


新聞紙を置く


新聞紙は湿気を吸い取ってくれます。もし、新聞を購読していて、古い新聞紙がたくさんあるならば、丸めるなどして湿度の高いところに置いておきましょう。洗濯物を部屋干ししているところや押入れの中はもちろん、靴の中に入れておくのも効果が大きいようです。ただし、靴の中に入れる場合は、インクが滲んで靴が汚れてしまう可能性があるため、濡れた状態の靴に入れるのはやめておきましょう。


炭を置く


炭には微細な穴が空いており、この穴に湿気を吸着させることで湿度を下げてくれます。また、消臭効果もあるので、お部屋の嫌な臭いの発生を抑えてくれる可能性もあります。効果がなくなった後も、炭を天日干しにして乾かすと効果が復活し、何度でも使えるようです。


除湿の能力が比較的高いと言われているのは竹を焼いた竹炭です。竹は、湿気を吸着させる細孔(さいこう)という穴が他の炭よりも多く、湿気をよりたくさん吸収してくるようです。皿や簡単な花瓶、カゴなどに入れてアレンジすると、お部屋のインテリアにもしやすい炭。インテリアと見せかけて実は除湿をしているという一石二鳥の効果が期待できるでしょう。


ペットボトルを凍らせて置く



中学校の理科の授業で、気体が液体になる変化「凝縮」を習ったのを覚えていませんか?この方法は、この凝縮を使った除湿対策です。水を入れて冷凍庫で凍らせたペットボトルを湿度の多い部屋に置いておくと、冷やされた周りの空気がペットボトルに液体となって吸着します。液体となって吸着した分、お部屋の空気からは湿気が失われている、という仕組みです。


さらに、凍らせたペットボトルを扇風機と自分の間に置くと、凍ったペットボトルを経た冷たい風によって涼しくなるという効果もあります。エアコンの風に当たると体調が悪くなるという方は、この方法を使ってみるのも良いかもしれません。ペットボトルについた水滴は床などに落ちてしまうため、水受けを忘れないようにしましょう。


人が快適と感じる湿度は40%〜60%の範囲

近年は、温湿度計付きの時計も安価に手に入れることができるため、部屋の湿度を気軽にチェックできるようになりました。人が快適と感じる湿度は、40%〜60%の間であると言われています。梅雨の時期は、60%を超えることは当たり前で、80%を超える日も珍しくありません。湿度が80%を超えており、気温が高いという状況は、カビにとって絶好の環境です。この状態を放置していると、一気にカビが繁殖してしまうこともあるようです。


壁紙や革製品などにカビが生えてしまうと、衛生的にも精神的にもダメージが大きいため、湿度が60%を余裕で超え、ここで取り上げた方法では太刀打ちできないような日にはエアコンの除湿機能や除湿機を躊躇なく使いましょう。


.

梅雨に備える快適な部屋干し方法まとめ

猛暑に備える!エアコン以外でお部屋を涼しくする4つの方法