2019.06.20

猛暑に備える!エアコン以外でお部屋を涼しくする3つの方法

暮らしのQ&A

ここ数年、日本の夏はほぼ毎年猛暑であると言われています。

昼間の気温が40度を上回る地域が続出することも珍しくありません。

そのような夏の日に、エアコンを稼働せずに過ごしていると、熱中症のリスクが高まり大変危険だと言えます。

しかし、エアコンをつけると気になるのが電気代。

できることならば少しでも安くしたいものです。ここではは、エアコンの電気代を少しでも節約できるかもしれない、4つの「涼しさ」の作り方をご紹介します。

グリーンカーテンで日陰作る

部屋の窓やベランダ、庭などの掃き出し窓の外にネットを張り、ゴーヤやアサガオ、キュウリ、パッションフルーツなどの植物を這わせることで緑のカーテンを作って日陰を作ると、日光を遮ってくれるため、お部屋が涼しくなります。

緑の葉に風が吹き付ける様子は見た目にも涼しさを感じさせてくれ、人に癒しを与えてくれるようです。

また、植物に水をやることによって、打ち水のような効果があるため、より涼しさを感じることができるでしょう。

部屋に太陽が当たる時間帯、グリーンカーテンで日光を遮れば、部屋の中に届く熱も少なくなるため、エアコンを稼働しても効きやすく、短時間で適温にできるでしょう。

窓を開けて風を通す

部屋の空気が止まった状態だと、空気が熱せられやすくなります。

窓を2箇所以上開けて風の通り道を作れば、風が熱を逃がしてくれるため、涼しく感じることができるでしょう。

扇風機やサーキュレーターを活用して風の流れを助けるとより効果的です。

朝の早い時間帯や日没後など、エアコンを入れずに風を循環させて涼を取るのも良いかもしれません。

また、窓だけではなく、部屋の中の個室のドアを開けて家の中を空気が通るようにして、個室に熱がこもらないようにしておきましょう。

ベランダや庭、玄関などに打ち水をする

日本古来の暑さ対策・打ち水。江戸時代から一般的にも浸透しており、暑さ対策の代名詞となっていたようです。

打ち水は何の根拠もない言い伝えなどではなく、科学的な根拠があります。

打ち水をすると、水が蒸発する際に周囲から吸収する熱(気化熱)によって、地面の水が待機中に逃げ、気温が下がるのです。

例年夏場に高温となり、2018年に「日本一暑い街」の座を奪還した埼玉県熊谷市で、駅前で打ち水を行うというイベントが行われた際には、最大で気温が1.6℃下がるという結果が出た打ち水。

江戸時代よりもはるかに高温になった現代の夏でもその効果は実証済みなのです。 打ち水は、気化熱を利用しているため、日向でも日陰でも効果があります。

打ち水の効果を上げるには、気温よりも低い温度の水をまくと良いと言われています。

家やお部屋の周りに打ち水をすれば、室内の気温の上昇を緩やかにすることができるかもしれません。

番外編・すだれ、よしずを活用

グリーンカーテンは取り外しが難しく、万が一枯れてしまったらまた育てるのに時間がかかってしまいます。

そんな時には、日本古来の夏のアイテム、「すだれ」「よしず」を活用して日陰を作るという方法があります。

どちらも、日光を遮りながら、風を通してくれるという優れものです。
※しかし、お部屋の雰囲気をヨーロッパ風に統一したい、という方にとって、和風のアイテムであるすだれやよしずを取り入れることは抵抗があるかもしれないので、番外編としています。

すだれは、細く割った竹を使って作られており、窓や掃き出し窓にロールカーテンのように吊るすアイテム。窓を開けたい場合は、くるくると巻き上げて格納することができます。

よしずは、葦を主な原料にして作られており、壁などに立てかけて日光を遮ります。窓を開けたり外に出たりする場合は、立てかけてあるよしずを畳むなどして退かします。

日光を遮り、風を通してくれるこれらのアイテムは、どちらも使いやすい代物です。

先人の知恵はやはりすごかったと感じることでしょう。

また、すだれもよしずも、風鈴などと共に日本の夏の風物詩として、深層心理に根付いている人も多いため、見た目にも涼しさを与えてくれることでしょう。

これらの方法はあくまでも補助的なもの

ここまで、エアコン以外で部屋を涼しくする方法について取り上げてきましたが、昨今の猛暑はこれらの方法のみで乗り切れるほど甘くありません。

あくまでも省エネのための補助的なものだと考えてください。気温が35℃を超えるような時は無理をせずエアコンを稼働させましょう。