catch-img

お部屋の色にこだわるだけで太りにくくなる?色の効果について

今日、老若男女問わず多くの方が悩んでいる肥満問題。日々運動をしたり、夜遅くの食事を控えたりしていても多くの方が苦戦しているダイエット。肥満ではなくても、理想の体型を目指して頑張っている方もいることでしょう。


ダイエットにも多くの方法がありますが、「色」が人体(脳)に影響を与え、食欲を減退させることができるという説を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。お部屋の壁紙や家具、インテリアに色を上手く取り入れることで、ダイエットにも効果が期待できるのです。ここでは、食欲を増進させたり、減退させたりすると言われる色の効果についてまとめました。


青は食欲を抑えて鎮静効果を与える色


青は食欲を抑える効果のある色だと言われています。しかし、ダイニングルームの壁紙を真っ青にする、というのはなかなか勇気がいるかもしれません。食器やランチョンマットに青いものを選ぶだけでも、食欲を抑える効果が期待できると言われています。青の他にも、緑や紫、黒も食欲を減退させる色であると言われています。


また、青といえば海の色。人間の精神的な部分に深く働きかけ、鎮静効果を与えてくれる色であると言われています。イライラした気分を落ち着かせてくれる効果があるため、ストレス食いを抑えることができるかもしれません。


赤は脂肪を燃焼させる色


赤には、アドレナリンの分泌を助けたり、心拍数を上げたりと言った効果があるようです。しかし、壁紙クロスを赤にするというのはなかなか勇気のいる行為なので、洋服やタオルに赤を取り入れるのも良いかもしれません。赤を取り入れることでやる気が生まれ、体温が上がり、新陳代謝もアップして、脂肪が燃えるのを助けることができると言われています。


オレンジや黄色は食欲をそそる色


青とは反対に、オレンジや黄色は食欲をそそる色であると言われています。ファストフードなどの飲食店の看板や内装、ロゴマークなどが、そういえばオレンジや黄色系統の色だった…という記憶はありませんか?食欲を増進させる色である色は、本来はダイニングの壁紙クロスやインテリアに向いている色だと言われています。しかし、肥満に悩んでいたり、食欲を抑えたかったりという人にとっては、食欲を増進させるこれらの色は天敵と言えるかもしれません。


黄色は消化を助ける色


食欲をそそる色の一つである黄色は、交感神経系に働きかけて体の動きを活発にする効果があるとされ、食後の消化を助ける働きがあると言われています。また、体の働きを助けることで便秘にも効果があるとされています。ダイニングに黄色を取り入れると食欲を増進させてしまう可能性があるので、食後にくつろぐリビングルームやベッドルーム、バスルームなどに黄色を取り入れてみるのも良いかもしれません。


黒はやる気を削いでしまう色


食欲を抑えてくれる色の一つである黒は、「変化を受け入れない拒絶の色」であると言われ、人のやる気まで抑えてしまうそうです。食器やランチョンマットに取り入れるのは効果的であるとされていますが、普段の洋服や持ち物に黒が多いとせっかくダイエットに向かっている心を抑えてしまうようです。


ピンクはダイエットに要注意な色


ピンクはキャンディーやケーキなど、甘くて美味しいものを連想させる色として、ダイエット中の方には要注意の色であると言われています。ピンクの服を身につけていたり、ピンクの小物を眺めていたりすると、ダメだとわかっていても甘いものに手が伸びてしまう…という状態になるようです。


ピンクは女性らしさを演出しやすい色なので、ピンクの洋服やピンクの壁紙クロス、カーテンなどを取り入れているという方も多いことでしょう。ダイエット中はそれらのピンクのアイテムが目に入らないようにしておくのも良いかもしれません。


色そのものに減量効果はない

ここまで、様々な色が持つ効果について見てきましたが、色そのものに減量効果があるのではなく、「色を見ることによる心理的な影響」によって食事の量が減ったり、消化が良くなったりという効果が現れるということのようです。色そのものが体に何らかの影響を及ぼすというよりも、色の心理的な影響によって生活スタイルが変わることによる影響の方が大きいと言えるでしょう。


したがって、例えば赤色の脂肪燃焼効果を過信して暴飲暴食をしてしまうような状態では、全く効果が得られません。また、早急な効果を期待するよりも、継続することに意味があります。色によって環境を変え、太りにくいカラダ作りを目指して見てはいかがでしょうか。