不動産の面積を表す坪って何?なぜ使われているのか

日本の不動産業界では、よく「坪(つぼ)」という単位が使用されています。「どこどこにある〇〇坪の土地を、いくらで売却した」という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。


しかし、一部の不動産関係の人や建築関係の方以外の現代の日本に生きるほとんどの方は、坪がどれくらいの広さのことを指しているのか、また、平方メートルに直すとどのくらいの広さなのかはっきりとは知らない、という方も多いことでしょう。また、平方メートルが一般に浸透して久しい今の時代になぜ坪を使用するのか、と疑問に思うかもしれません。ここでは、坪の起源や現代も使用されている理由などについて考えていきましょう。


坪の起源は奈良時代にあると言われている


坪という単位は日本独自のもので、その起源は奈良時代まで遡ることができると言われています。奈良時代に作られた養老律令という法律の中の「田令」という土地に対する法律の中に、長さ30歩、幅12歩の広さを1段とするという記述があります。


ここで登場する「歩(ほ)」という単位が、坪の語源と推測されています。1歩は、かつて「いちぶ」、「ひとつほ」という読まれ方をしていたため、「ひとつほ」が「ひとつぼ」と読まれるようになり坪という単位が誕生したのではないか、と言われています。


なぜ現代においても坪が使われるのか


メートル法が根付いた現代の日本の不動産業界において、根強く坪が使われているのは、坪が日本の古来の長さの単位「尺貫法」の一部だからです。尺貫法には、長さを表す単位「里」、「町」、「間」、「尺」、「寸」など、面積を表す「反」、「畝」、「坪」、「合」など、体積を表す「斗」、「升」、「合」、「勺」などがあります。


和服や日本酒、お米など、特に日本の伝統的なものに色濃く残っている尺貫法。日本酒の一升瓶や、お米の5合炊きのような言葉を聞いたことがある方も多いことでしょう。土地の広さで使われる坪も、面積を表す尺貫法の単位の一つなので、日本の不動産業界において根強く使われているのです。


日本古来の単位である尺貫法は、日本の建築の基本モジュールであると言われ、部屋の大きさやカーテン、窓の寸法、カーベットなどの多くが尺貫法を用いて作られていると言われています。そのため、坪という言葉は、木造建築においてよく使われ、マンションなどの鉄筋コンクリートの建物では逆に平方メートルがよく使われているようです。


メートル法に慣れているとわかりづらい!坪と㎡の換算法

1坪は、厳密にいうと「3.30578…㎡」であると言われています。これでは不便なため、一般的には「3.3㎡」で計算されていることが多いようです。小数点第2位以下のわずかな差とはいえ、広い土地などではどちらの数字で換算するかによって誤差が大きくなってしまうため、どちらの数値で換算しているのか明記したり、確認したりする必要があるでしょう。地価が高い大都市や駅周辺の土地の計算をするときは、トラブルを防ぐためにも特に注意しておきたいものです。


坪は不動産の広告では使用不可


日本の不動産業界でよく耳にする坪は、実は不動産の広告で使用することができません。公正取引協議会により定められているため、不動産の一覧サイトや広告チラシには、面積は必ず平方メートルで記載されています。土地・建物の尺貫法表記(坪表記)が廃止されたのは昭和41年ですが、50年経った今でも不動産業界では慣例的に坪が使われているのです。古い不動産登記簿には、坪の他に「反」や「畝」と言った単位も使われていることもあるようです。このような土地や建物を購入したり、相続したりする際には、平方メートルに直すとどのくらいの広さなのかよく確認しましょう。


尺貫法を知っておいて損はない

令和の時代となった今でも、坪にとどまらず、日本酒やお米、和装などで尺貫法に触れる機会はまだまだあることでしょう。代表的な尺貫法をマスターしておけば、生活が少し楽になったり、友人に博学ぶりをアピールできたりと言ったメリットがあるかもしれません。

>> Wikipedia 「尺貫法」

関連記事

NEW

PICK UP


MONTHLY RANKING

TODAY RANKING


CATEGORY