catch-img

一人暮らしに最適な洗濯機とは?

春からの新生活で、実家から巣立ち、一人暮らしを始めた方も多いことでしょう。一人暮らしを始める上で避けて通れないのが「家電選び」。今まで実家で使っていた家電を譲ってもらう場合は例外ですが、自分で揃える場合、一人暮らしに最適な家電を選びたいものです。では一人暮らしに最適な洗濯機はどのようなものなのでしょうか。


1. 費用面


一人暮らしで暮らし始める際、なるべく余計な出費は抑えたいもの。しかし、性能に不安の残る安物や、自分が使用する容量を計算せずに洗濯容量の少ないものを買ってしまい、結局買い換える羽目になると元も子もありません。冷蔵庫とは異なり、洗濯機はコインランドリーやクリーニングを利用すればアウトソーシングが可能です。理想の機種が買える余裕が出るまで、そのようなサービスを利用して洗濯をすませるという選択肢もあるでしょう。


2. まとめ洗いをするなら6kg以上の機種

一人暮らしをする社会人で、毎日洗濯する時間を取れる方はさほど多くないかもしれません。仕事の疲れなどにより、週に2回程度か、休日にまとめて洗濯するということになるかもしれません。そんな時、3kg程度の小型の洗濯機では、たまった洗濯物を処理しきれないため、数回に分けて洗濯しなければならなくなります。


小型の洗濯機と比較すると費用がかかりますが、まとめ洗いを行うことが予想される場合は、6kg以上の中型の洗濯機を狙いましょう。また、毛布を自宅で洗うことを考えた時も、6kg以上の洗濯機は対応可能です。シングルサイズの毛布1枚程度ならば、6kgの洗濯機で洗濯することができると言われています。毛布を2枚洗濯したいときは、7kg以上の洗濯機を選ぶと良いでしょう。


3. 乾燥機能付き洗濯機


「一人暮らしだから、洗濯機に乾燥機能までお金をかけたくない!」と思う方も多いことでしょう。しかし、日本には梅雨という、長期間外に洗濯を干せない時期が存在します。


「そのくらい、部屋干しで大丈夫」と甘く考えると、生乾きの洗濯物の臭いや、洗濯物の湿気によるカビなどに悩まされることになります。特に一人暮らしでワンルームや1Kに住んでいる場合、唯一の居室がそのような状態になってしまいます。敏感な方は、臭いやカビが気になって眠れない…という事態になってしまうかもしれません。そのような方は、少し頑張って乾燥機能付きの洗濯機を選ぶのも良いでしょう。


4. 縦型とドラム式の特徴

10年ほど前から、洗濯機は縦型とドラム式の2タイプが主流となっています。総合的に見て、縦型の洗濯機の方がドラム式よりも値段が安いと言えます。この2種類の洗濯機には、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。


コストパフォーマンスに優れる縦型


比較的最近シェアが増してきたドラム式は、まだまだ価格が高い状態が続いています。それに比べ、古くから日本の主流だった縦型は、かなり低価格の製品も売られています。洗濯物同士をこすり合わせながら洗うため、汚れ落ちが良いのが特徴です。また、洗濯槽に水を多く溜めて洗うため、泡立ちがよく、洗剤の洗浄力を発揮しやすいと言われています。


節水に優れ、衣類が傷みにくいドラム式


洗濯槽に水を溜めて洗う縦型洗濯機に比べ、ドラム式洗濯機は水量を節約して洗うことができます。また、洗濯物をこすり合わせるのでは無く、洗濯槽に叩きつけて洗うので、縦型と比較して衣類が絡んだり痛んだりしにくいようになっています。


また、乾燥機能付き洗濯機の場合は、洗濯物が空気に触れやすいため、縦型の乾燥機能付き洗濯機よりも早く乾燥することができます。縦型かドラム式かで迷った時は、初期費用が安い方を選ぶか、節水の方を選ぶか、と考えるとわかりやすいと言えます。洗濯の回数、衣類の痛みなどの要素を考えて選びましょう。


設置できるかを慎重に確認


一人暮らしを始めた部屋の洗濯機置き場の広さによっては、設置できない洗濯機があります。洗濯機置き場の幅、奥行き、高さをよく確認し、買おうと思っている洗濯機が設置できるかどうかをしっかり確認しましょう。特にドラム式の洗濯機は大きい場合が多く、せっかく奮発して買ったのに洗濯機置き場に置けないという事態になってしまうかもしれません。


まとめ

一人暮らしを始める際考えなければいけない家電選び。物件によっては洗濯機がついている物件もありますが、もし新しく購入する場合、洗濯機置き場に設置できるかどうかを確認し、費用面や洗濯機の特徴に応じて一人暮らしに最適な洗濯機を購入しましょう。