2021.05.04

重曹って何?洗濯機や浴槽の掃除から入浴剤まで大活躍な重曹の効果まとめ

暮らしのQ&A

お掃除や料理について調べているとき、「重曹(じゅうそう)」という名前を見たことがある方は多いのではないでしょうか。「お掃除」と「料理」、どちらにも使えるという魅力的な物質・重曹。その正体と気になる効果について見ていきましょう。

重曹って何?

重曹の正体は、「炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)」という物質。食塩水に二酸化炭素を加えることで作られています。市販されている重曹は、砂糖や塩のような白い粉末状のものが一般的ですが、掃除用に使いやすくキューブ状に加工されたものも販売されています。

どれも基本的に「炭酸水素ナトリウム」なので、基本的な効果そのものは変わりませんが、純度によって医療用(純度100%)、食用(純度98〜99%)、工業用(純度95〜99%)に分けられています。料理に使用する重曹は食品衛生法に基づき食品添加物としての安全性を保障された重曹のため、「食品添加物」や「食用グレード」といった表記があります。

重曹の効果とは?

重曹の主な効果は、消臭効果と研磨作用です。重曹は水に溶けると弱アルカリ性を示すため、油汚れや手垢、皮脂などの酸性の汚れを分解する働きがあります。そのため、体臭や腐敗臭などのイヤな臭いを消臭してくれるのです。また、水にすぐに溶けにくい性質があるため、研磨作用があります。一般的なクレンザーよりも柔らかい硬度のため、デリケートな素材を傷つけにくいというメリットがあります。

体にも優しい物質

重曹こと炭酸水素ナトリウムは元々体内に存在する物質であり、医療用や食用があるほどなので、万が一小さなお子様が口に入れてしまっても安心な物質であると言えます。

洗濯機のお掃除に

食品にも使えるほどの安全性と研磨作用、消臭効果がある重曹は、食器やキッチン周りなど幅広い部分のお掃除ができる物質。その効果を活かしたお掃除の一つに、洗濯機の洗濯槽のお掃除が挙げられます。洗濯機の洗濯槽は、何もお手入れしていないとカビや雑菌が繁殖して臭いが気になるようになってしまいます。服を綺麗にするはずの洗濯槽から不快な臭いがするのは気持ちの良いものではありません。

洗濯槽の汚れがあまりにもひどい場合は、酸素系や塩素系の専用クリーナーを購入する必要がありますが、日常のお手入れとして、消臭効果のある重曹が活躍するのです。重曹を使ったお掃除はやや時間がかかる(半日〜1日程度)ため、洗濯機を回さない日に行いましょう。 以下が、重曹を使った洗濯槽のお掃除の手順です。

①ゴミ取りネットを外し、40〜50度の湯を「満水」の位置まで溜める
②重曹(約200g)を湯の中に投入し、通常の洗いコースで洗濯機を回す
③5分ほど洗濯機を回したら、排水してしまう前に洗濯機を停止する
④5〜6時間放置後、浮き出てきた汚れをゴミ取りネットなどですくい上げる
⑤再度洗濯機を5分ほど回し、浮き出た汚れを取り除いてから排水する
⑥すすぎと排水を2,3回行い、汚れを取り除いてから排水する
⑦蓋を開けて洗濯槽を乾かす(蓋を閉じてしまうとカビが繁殖するため)

入浴剤+浴槽のお掃除にも

前述の通り体に安全な物質であり、酸性の汚れを分解して消臭効果のある重曹。入浴剤として重曹を使うと、体に付いた皮脂汚れや老廃物を分解して洗い流すため、美肌効果が期待できると言われているのです。また、重曹には酸性の臭いを消す作用があるため、汗や体臭が気になる季節にも効果が期待できます。

重曹を入れた「重曹風呂」のやり方は至ってシンプルで、お湯をはった浴槽に大さじ2〜3杯を加えて溶かすだけ。さらに、重曹風呂でリラックスした後の残り湯は、なんとそのまま浴槽の掃除に使うことができます。

その方法も極めてシンプルで、残り湯が冷めないうちに追加で重曹を計量カップ1杯分ほど追加して翌朝まで放置するだけ。さらに、洗面器やお風呂用の椅子も浴槽に入れておけば、まとめてお掃除できます。翌日、お湯を排水してシャワーで洗い流し、乾燥させるだけでお掃除完了です。

お料理でも大活躍

食用のグレードの重曹は、掃除だけではなく、お料理に入れることでも様々な効果を発揮します。例えば、加熱をすると膨らむ作用があるため、お菓子やパンなどに混ぜることでふくらし粉として活躍したり、タンパク質を分解する効果があるため、お肉や豆などを柔らかくする効果があります。

その他にも、緑黄色野菜の発色を良くしたり、臭いの強い食材の臭いを和らげてくれたりなど、様々な効果が期待できます。無味・無臭で体に無害な物質のため、幅広いお料理に取り入れることができます。

リーズナブルで守備範囲が広い重曹

ここまでご紹介してきた通り、重曹はお掃除から食品、入浴剤まで幅広く使える重曹。価格もリーズナブルなため、個別に洗剤や入浴剤を購入するよりも節約になります。汚れがひどい場合や、入浴剤の独特の香りを楽しみたいという場合はそれぞれ専用の洗剤や入浴剤を購入する必要がありますが、万が一それらを切らしてしまった時のために重曹を備蓄しておくととても安心です。

まさに、暮らしのオールラウンダー。重曹でより便利で快適な暮らしを実現してみてはいかがでしょうか。

関連記事:一人暮らしに最適な洗濯機ってどれ?洗濯機の種類まとめ