Original

既製品では味わえない満足感。中古戸建+リノベーションの魅力

国土交通省の「平成29年度住宅市場動向調査」によると、新築の建売住宅の購入費(土地+建物)の全国平均は3,840万円。それに対して、中古住宅の購入費の全国平均は2,857万円。平均値だけで考えると、実に1,000万円程度の差があります。​​​​​​​単純に平均値で考えると、新築の建売住宅を買う場合と同じ値段で、中古住宅を買って1,000万円程度のリノベーション工事をすることが可能ということになります。


建売住宅はその文字通り、既に建てられた住宅が売られているため、メーカーによって決められたデザインや設備などが変更できません。​​​​​​​それに対し、中古住宅のリノベーションを行うと、自分好みのデザインや設備を選べ、こだわり抜くことが可能なので、既製品の建売住宅にはない満足感を味わえると言われています。近年頻繁に広告が流され、じわじわと話題になっている中古戸建+リノベーションにはどのような特徴があるのでしょうか。


中古戸建+リノベーションのメリット


1. 購入費用が割安

歴史的に重要な建築物となってプレミア価格になっているなど特殊な事例を除いて、中古戸建住宅は新築よりも安く手に入ります。先ほど触れた平均値で、建売住宅とはおよそ1,000万円、そして注文住宅とはおよそ1,500万円の差があります。リノベーション工事の予算をどれほどかけるかにもよりますが、価格の安い戸建を買ってリノベーションをした方が安くなる可能性があります。


2. 住宅の流通量が多い

土地探しから始めて注文住宅を建てたり、新築の建売を探したりするよりも、中古住宅を探す方が見つけやすいと言われています。売主の決定によるため一概には言えませんが、家を売却する際に解体して土地にすると固定資産税と都市計画税が高くなるため、古い家をそのままにして売るケースも多いようです。


3. リノベーションで自分の好みの間取りに

建売住宅は、デザインや設備だけではなく、当然間取りも決められており、自分好みに変更できません。一方、中古戸建をリノベーションすると、構造上不可能な場合を除き、間取りを変更することが可能です。個室を1つ減らしてリビング・ダイニングを広くしたり、バスルームを大きくしたりといった、建売では想像もできないほどの世界が広がっているのです。


中古戸建+リノベーションのデメリット

1. 内部構造を確認できない

中古住宅は内部の構造を確認できないため、耐震性や断熱性が十分であるかなど、内部を自分の目で見てから購入することができません。そのため、住宅の性能を向上させるためにリノベーションの費用がかさんでしまうこともあります。


しかし、新築の建売住宅を購入する場合も、メーカーが決定した耐震性や断熱性を変えることができません。築年数や劣化の状態にもよるため、一概には言えませんが、中古戸建をリノベーションする方が自由度は高くなります。


2. 中古マンションと比較して中古「戸建」は予期せぬことが起こる可能性がある

中古マンションよりも建築方法にばらつきがあると言われる中古戸建住宅。例えば、柱がシロアリ被害でダメになっていたり、床下の湿気がひどかったり、図面と違っていたり、取れない柱があったり、断熱改修工事や耐震・基礎改修工事が必要だったりなどの理由で、リノベーション工事が一筋縄では行かないこともあるようです。


しかし、そのような要素も含めて、こだわりの中古戸建に特化したリノベーションを行っている業者もあります。住む人の自由度が高い分、とことんこだわり抜きたいリノベーション。不測の事態でも柔軟な対応をしてくれる施工業者を選ぶことも重要だと言えます。


住む人の想像力が生きるリノベーション


リノベーションは、「どのような中古住宅と出会うか」という点で結果が大きく異なってくると言えます。出会った中古住宅を見て、「この家をこうしたら素敵だな」とイメージを膨らませることができます。その作業は、まさに中古住宅とのコラボレーションともいえ、新築で注文住宅を作るのとはまた違った楽しみもあるでしょう。


例えば、古い家の装飾品や壁面などを、インテリアとしてわざと残し、ヴィンテージの味わい深さを醸し出すなどといったことは、新築の家では不可能です。新築の建売住宅では味わうことのできない満足感のあるリノベーションの人気は、今後時が経ち、中古住宅が増えるほど加速していくのかもしれません。

関連記事

リフォーム・リノベーションをご検討中の方、お気軽にご相談ください。
無料相談・資料請求受け付けております。

NEW

PICK UP リフォーム

PICK UP 不動産売買

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY