Original

建売住宅購入のメリットとデメリットまとめ

一戸建てのマイホームを購入したいと考えた時、「注文住宅」にするか「建売住宅」にするかで悩まれる方は多いのではないでしょうか。注文住宅、建売住宅双方にメリットとデメリットがあるため、マイホームの購入で後悔しないためには、それぞれの特徴を知り自分の希望をかなえられるかどうか考える必要があります。


ここでは建売住宅を購入する際のメリットとデメリットについて、ご紹介します。


建売住宅のメリット

メリット1 完成している住宅を購入できるので、即入居できる

建売住宅は注文住宅と違ってすでに完成しているものがほとんどです。そのため完成している住宅を直接見て、具体的な生活動線をイメージしやすいというメリットがあります。


注文住宅の場合は購入後建物を建てるので、建てた後に「日当たりがあまりよくなかった」、「生活動線が不便だった」など判明することがあります。また購入すればすぐに入居できるという点もメリットです。


気に入ればすぐに購入して即入居できるという点は、建売住宅の最大のメリットといえるでしょう。


メリット2 注文住宅より安い

建売住宅は一般的には規格化された住宅になっています。そのため注文住宅に比べ設計コストや建築コストを削減できることがあります。材料や設備もまとめて仕入れることで安くすんでいるため、その分注文住宅より安くなり、事前に価格が表示されているため費用を把握しやすいという点があります。


メリット3 購入の手続き、ローン申し込みが簡単

注文住宅に比べ購入の手続きが単純になっています。注文住宅の場合、打ち合わせに多くの時間がかかるため、すぐには契約できません。一方で建売住宅の場合、気に入ればすぐに契約できます。


ローンの手続きが注文住宅と比べ単純という点もポイントです。建物が完成しており価格がすでに決まっている状態でローンを組むため、手続きが単純になり、注文住宅より簡単に申込できます。


メリット4 土地を探さなくていい

建売住宅は土地と建物がセットになっています。そのため1から土地を探す必要がないため手間が減ります。また住宅会社は売れない土地に建売住宅を建てると売れなくて赤字になってしまうため、優れた立地に建てていることが多いです。実際に生活した時の近隣の環境は非常に重要となってくるため、大きなメリットといえるでしょう。


建売住宅の​​​​​​​デメリット​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

デメリット1 間取りやデザインへの不満

自分の好みに合わせて作る注文住宅とは違い、建売住宅はすでに出来ている家を購入します。そのためどこかしら気に入らない部分が出てしまうことがよくあります。

​​​​​​​

デメリット2 増改築ができない場合がある

建売住宅は「2×4(ツーバイフォー)」と呼ばれる「木造枠組壁工法」で建てられていることが多いため、増改築が難しいというデメリットがあります。2×4工法は家全体を壁という面で支えているため、増改築に制限があるためです。


デメリット3 設備追加に多額の費用がかかる可能性がある。

購入した建売住宅に希望の設備が備わっていないと、費用をかけて追加しなくてはいけません。あれもこれも追加で取り付けるとなると、多額の追加費用になるケースがあるため注意しなくてはいけません。


まとめ

このように建売住宅には建売住宅のメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。住宅を購入する際は注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットをしっかり比較しましょう。その上で自身の希望にあうのはどちらなのかを検討することが不可欠です。​​​​​​​​​​​​​​


不動産購入、売却をご検討中の方、オールハウスへお気軽にご相談ください。
売却無料査定もおこなっております。広島の不動産売却ならお任せください。