2021.03.29

広島で2021年春のイベント!子供と楽しめる花にまつわるイベント5選

広島の街

広島で2021年春のイベント!子供と楽しめる花にまつわるイベント5選

暖かくなってきたこの季節。子供と一緒にお出かけしたい時ですが、まだ、換気の悪い場所や大勢で飲食をするのは気をつけたいですよね。そこで、今回は広島県内でお子さんを連れて一日中遊べるとっても広いイベントスポットを5つご紹介します。

親子で楽しめるので週末や休日のお出かけ先の参考にしてみてください!

1. 国営備北丘陵公園「備北花ピクニック」

広島県庄原市にある国営備北丘陵公園は中国地方唯一の国営公園です。園内にあるみのりの里では、3月中旬から次々と春の花々が開花し、「備北花ピクニック」という名のイベントが開催されています。日本で最大級のスイセンガーデンのスイセンをはじめ、花の広場のチューリップ、ピクニック広場のネモフィラなどが咲き誇り、早春から春へと続く花の開花リレーが楽しめます。

週末を中心に、季節の材料を使用した料理体験やカヌー体験のほか、春の花寄せ植え教室などさまざまなイベントを開催。園内には、食材、機材を持ち込めるBBQコーナーがあり、予約不要なので気軽に親子で楽しむことができます。そのほか、サイクリングコースや遊具もあるので、大きなお子さんから小さなお子さんまで一日中遊べる場所です。 

※天候によって、開花時期が変更となる場合があります。

備北花ピクニック

開催日時:2021年3月20日~5月16日 9:30~17:00(入園は16:00まで)
休園日:月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は火曜日)
入園料:小人(小・中学生)無料、大人(15~65歳未満)450円、満65歳以上 210円
住所:広島県庄原市三日市町4‐10
公式サイト:備北丘陵公園

2. 宮島「桃花祭」

宮島の桜の木にも鮮やかな緑の葉が出始める頃の4月15日。世界遺産・日本三景の宮島で行われる「桃花祭(とうかさい)」は、嚴島神社の祭神に桃の花を供える春の祭りで、祭典後舞楽が10曲奉奏されます。平清盛によって京の都から宮島に伝えられた舞楽は、12世紀後期より今なお嚴島神社に伝承されています。


こちらのイベントは、薄暗くなり始める17時ころから始まるので宮島の商店街も閉まり、静けさをともなう中で舞楽が行われます。日本の伝統芸能というものは、なかなかお子さんの頃から触れさせる機会は少ないと思いますので、この機会に是非、一緒にご覧になってみてはいかがでしょうか。

宮島桃花祭

開催日時:2021年4月15日 17:00~
開催場所:嚴島神社
住所:広島県廿日市市宮島町1‐1
公式サイト:宮島観光協会

2‐1. 宮島「火渡り神事」

桃花祭と同日に、宮島の大聖院で行われるビックイベントが年間行事の「三鬼大権現大祭」、またの名を、「火渡り神事」とも言います。 弘法大使が、弥山での修行依頼200年間燃え続けている「消えずの火」から点火し、まずは大導師が渡り、そのあとを参拝者が願望成就を唱えながら素足で火渡りします。

見ているだけでも熱さが伝わってきてハラハラドキドキ・・・一見の価値があるイベントです!

火渡り神事

開催日時:2021年4月15日 11:00~15:00
開催場所:大本山 大聖院
料金:無料 ※希望すれば見物客も火渡り式に参加できます。
住所:広島県廿日市市 大本山 大聖院
公式サイト:宮島 大聖院

3. 世羅高原農場 Flower Village 花夢の里「芝桜とネモフィラの丘」

去年は新型コロナウイルスの影響もあり、今年の芝桜とネモフィラの丘開催までは閉園をしていた「Flower Village花夢の里」ですが、今年はついに、起状をつけた45万株のダイナミックな花々を楽しむことができます。

園内には新フォトスポットが多数登場したほか、授乳室やバリアフリートイレ、フードコートなどが新しく生まれ変わりました。名物の「さくらうどん」を食べられる青空食堂やポニー乗馬体験も人気です。

西日本最大級のピンクとブルーの花の丘を見ながら、遊歩道をお子さんとのんびり散策するなど、小さなお子さんから大人まで園内を満喫することができます。

花夢の里「芝桜とネモフィラの丘」

開催日時:2021年4月1日~5月16日 9:00~17:00
入園料:小人400円、大人800円
住所:広島県世羅郡世羅町上津田3‐3
公式サイト:世羅高原農場

4. 広島市植物公園 「さくらまつり」

広島市佐伯区にある植物公園では、70種類を超える桜の競演、「さくらまつり」が開催中です。3月27日、4月3日、10日の土曜日には桜と光の夕べと題して、ヴァイオリニストやピアニストをゲストにコンサートが開催されます。幻想的な夜桜に出会える3日間をお楽しみください。

その他にも、園内ではジュニアプロジェクトなる、ボランティアが指導する自然遊びが定期的に開催されています。イベントを通して、子ども達に生き物の知恵や自然界の不思議を体験させることができます。

広島市植物公園「さくらまつり」

開催日時:3月27日~4月18日の土日 9:00~16:30(入園は16:00まで)
休園日:金曜日(祝日の場合は開園)
入園料:小人(小・中学生)無料、(高校生~18歳未満)170円、大人(18歳~64歳以下)510円、大人(65歳~)170円
住所:広島市佐伯区倉重3丁目495
公式サイト:広島市植物公園

5. ひろしま遊学の森 広島県緑化センター「さくら祭り2021」

広島市東区福田町にある広島県緑化センターでは、およそ60品種800本もの桜を楽しめる「さくら祭り」を開催中です。遅咲きの八重桜などを4月後半まで楽しむことができます。期間中は、桜に関するクイズラリーも行われているので、お子さんと挑戦してプレゼントを狙ってみるのもいいですね!

公園内は、休憩や食事ができるレストハウスや屋外複合遊具、芝生広場があるので、ピクニックをしたり、お子さんを外で遊ばせることもできます。その他にも、自然に囲まれた「※わんこひろば」があるので、ワンちゃんと一緒に来てノーリードで自由に遊ばせることもできます。

※初めてわんこ広場をご利用の方は、事前に緑化センター管理事務所にて登録が必要となります。

広島県緑化センター「さくら祭り2021」

開催日時:2021年3月20日~4月18日 9:00~16:00
休園日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
入園料:無料
住所:広島市東区福田町10166‐2
公式サイト:ひろしま遊学の森 広島県緑化センター

休日のお出かけに・・・

みなさんいかがでしたでしょうか。これからの季節は暖かい日差しを浴びながらお子さんと一緒にイベントに参加して、目いっぱいリフレッシュしたいですね。引きつづき、しっかりと感染対策を行いながら、春のイベントを楽しんでみませんか?