catch-img

劇的な変化を遂げる「広島駅」周辺の再開発地区を街歩き!北口編

人口約118万人で、中四国地方最大の都市・広島。その鉄道の玄関口である「広島駅」周辺では、2010年代から急激に再開発の工事が進み、街並みの様子がガラリと変わっています。かつては、昭和の時代から受け継がれた、レトロでどことなく薄暗い雰囲気の街並みが広がっていた広島駅周辺。それが現在、再開発によって近未来的で大変おしゃれな街に生まれ変わっているのです。


今回は、広島駅の新幹線の停車するホームに近い「北口」周辺の街・二葉の里(ふたばのさと)エリアの現在の様子を写真を交えてお伝えします。


目次[非表示]

  1. 1.かつてはJRアパートが立ち並ぶ街だった
  2. 2.現在は近未来的なビルが立ち並ぶオフィス街に変貌!
  3. 3.再開発はまだまだ途中


かつてはJRアパートが立ち並ぶ街だった

再開発前(2002年ごろ)の二葉の里 老朽化したアパートが立ち並んでいた


広島駅北口の近い二葉の里エリアは、かつてはJRの社宅の低層アパートが立ち並んでいた場所。高度成長期に建設されたアパート群は老朽化が進んでおり、街の中央駅の近くとは思えないほど薄暗い雰囲気になっていました。


しかし、20世紀末から計画され、2010年代に本格的に始動した駅前の再開発により、アパートが取り壊され、現在ではオフィスやホテル、公的機関の大きなビルが立ち並ぶビル街に大変身しています。


現在は近未来的なビルが立ち並ぶオフィス街に変貌!


広島駅から道路を挟んだ向かい側に建つのは、広島のローカルテレビ局「広島テレビ」の本社ビル。2018年9月に、かつて本社を置いていた広島市中区中町(なかくなかまち)からこの地に移転。ガラス張りで現代的なデザインの建物は、広島駅北口の新たなランドマークになっています。



広島テレビ本社の隣に立つこちらのビルは、2019年4月に開業した「GRANODE(グラノード)広島」。オフィスフロア総面積、そしてオフィスの1フロア面積が中国・四国地方最大のオフィスが3~11階に入り、1・2階は商業施設になっています。そして、13階から最上階20階までは全197室の「ダイワロイネットホテル」が入居します。



広島の玄関口のすぐ近くという利便性を生かしたこの複合施設。かつてのアパートが立ち並んでいた時代と比較すると、「便利な場所を有効的に活用」する施設がやってきたと言えます。


「都心」という言葉がぴったりはまる都会的な雰囲気


2つのビルの間は広場になっており、ビジネスパーソンたちがちょっとした休憩を取ると絵になりそうな雰囲気。



GRANODE広島から北に進むと、2021年3月に開通予定である「広島高速5号線」の広島駅北出口が。実はこの広島高速5号線、当初の予定では2012年ごろに開通しているはずでしたが、この入口の先にある「二葉山トンネル」の工事をめぐり、地域住民の反対運動や、掘削機械の故障などで工期が伸び、現在も工事中となっています。



GRANODE広島の北隣に建つのは、「広島がん高精度放射線治療センター」のビル。一つ一つ濃淡の異なるグレーのタイルや、コンクリートの柱がスタイリッシュな建物です。



広島がん高精度放射線治療センターを通り過ぎると、内科・外科など多数の診療科を備え、275の病床のある総合病院「JR広島病院」があります。かつてはJR西日本が運営する「鉄道病院」だったこの病院は、2016年に病棟を一新し、その後すぐ医療法人化して現在に至っています。今後も、広島の地域の医療の重要な拠点となっていくことでしょう。


写真右の個人商店は昔ながらの姿を残している


広島高速5号線の入口の下は道路との立体交差になっています。



立体交差をくぐった先は、広い歩道やグリーン、遊歩道のある「二葉の里歴史の散歩道」があります。近くに公園もあり、お散歩やジョギングにはうってつけの場所になりそうです。



二葉の里歴史の散歩道の隣の広大な敷地は、現在有料駐車場になっています。実はこの敷地、このエリアの土地の落札が行われた2013年、スウェーデン発の大型家具店「IKEA」が出店用に落札した土地。当時は「ついにIKEAが広島上陸か?」と、大変話題になりましたが、出店の動きも見られないまま、元号が令和に変わった現在でも駐車場になっています。



駐車場の隣には広島で「ゆめタウン」などのスーパーやショッピングモールを展開している企業「株式会社イズミ」の本社ビルがあります。1階はスーパーマーケットになっており、食料品などを買うのに便利そう。



かつてJRアパートが立ち並んでいたこの地域。当時の写真とほぼ同じ位置(イズミ本社ビル付近)から撮影すると、このように変化しています。


再開発はまだまだ途中


先ほど述べたIKEAの店舗の計画が今後どのようになるのかは不透明ですが、二葉の里の再開発はまだ終わっていません。今後も広島高速5号線の開通など、大きなイベントがまだまだ控えています。



中四国最大の駅であり、新幹線も停車する「広島駅」北口の街は、令和の時代大きく発展していくこと間違いなしのエリアと言えるでしょう。


広島駅周辺エリアの賃貸物件情報はこちら

物件情報を表示


.
  劇的変化を遂げる「広島駅」周辺の再開発地区を街歩き!南口編 | オルラボ 現在、再開発により劇的な変化を遂げている「広島駅」周辺の街並みを直撃街あるき。老朽化した市場などに変わり近未来的な商業施設やマンションが建ち並ぶ「南口」の今の姿を写真とともにお送りします。 オルラボ
  再開発により進化を続ける中央駅。「広島駅」周辺エリア | オルラボ 2010年代、そして2020年代に大きく変わる広島駅周辺エリア。その歴史と今後についてまとめました。 オルラボ