catch-img

住まいのノート、「住・My Note」を活用して理想の暮らしを設計する

最近、多くの方が検索されて注目を浴びている、「住まいノート」。住宅金融支援機構が提供する「住・My Note」を意味します。住宅ローンを返済中の人はさまざまなサービスを無料でインターネットから利用することができます。


目次[非表示]

  1. 1.住まいのノート、「住・My Note」ってなに?
  2. 2.使ってオトク!住まいやローンに関する便利サービス
    1. 2.1.手数料ナシ!少額から何度でもローンの返済が可能
    2. 2.2.WEBでカンタン申込み!証明書のダウンロードや郵送サービス
    3. 2.3.住まいのプロが伝授!暮らしに役立つお金のコトなどをアドバイス
  3. 3.オリジナルの住まいノートで理想の暮らしに近づける
  4. 4.住まいノートで人生の設計を


住まいのノート、「住・My Note」ってなに?


住まいノートとは、「住・My Note」という、住宅金融支援機構の住宅ローンやフラット35(長期固定金利住宅ローン)を利用している人が、住宅ローンの借入金残高照会、証明書類の郵送依頼、繰上返済のシミュレーションや一部繰上返済の申込みなどをインターネットを通じて利用することができる無料のサービスです。


その他にも、住まいに関するお役立ち情報コンテンツを住・My Noteの専用サイトから「お客様IDとパスワード」を取得すれば、パソコンやスマートフォンから閲覧することができます。


住・My Note(住宅金融支援機構)

  『住・My Note』‐住宅金融支援機構‐ https://www.su-mynote.jhf.go.jp


使ってオトク!住まいやローンに関する便利サービス


フラット35や住宅金融支援機構の住宅ローンを利用している方におすすめの、「住・My Note」。すべてオンライン上で行えるので、忙しい方や土日休みの方でも金融機関や窓口に行かずにお家からサービスを使用できます。そんなサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。


手数料ナシ!少額から何度でもローンの返済が可能

計画的に安定した返済が可能となる住宅ローン、「フラット35」の一部繰上返済をお考えの方は、「住・My Note」を利用することで大きなメリットが得られます。


今まで、基本的に金融機関の窓口でしか申請する方法がなかった一部繰上返済。しかし、住・My Noteに登録することで、いつでもどこでも繰上返済シミュレーションや申請をすることができます。窓口に出向く手間が省けるだけでなく、家計の状況によって返済の種類を気兼ねなく変えたり、無駄な手数料をかけずに何度でも一部繰上返済を行うことが可能です。


また、フラット35は、原則100万円以上でないと繰上返済ができないというルールがあります。生活費を考えると、なかなか100万円というまとまったお金の支払いはツライものがあります。しかし、住・My Homeを利用すれば10万円から繰上返済が可能です。計画的に日々の生活費を見直して調節したり、ボーナス払いを利用すれば、生活にひびくことなく少しずつ住宅ローンを返済することができるでしょう。


WEBでカンタン申込み!証明書のダウンロードや郵送サービス

住宅ローン返済に関する手続きは煩雑で面倒なのが一般的です。しかし、住・My Homeが便利なのは、住宅ローン控除用の残高証明書や現在の残高証明書、支払利息証明書や返済までの返済計画表など、あらゆる証明書をいつでもダウンロードすることができます。また、一部繰上返済の申込みもカンタンにWEBから行うことができるのも魅力的ですね。


住まいのプロが伝授!暮らしに役立つお金のコトなどをアドバイス

住宅のメンテナンス情報やファイナンシャルプランナーの資格を持った専門家が貯蓄術や節約術などのテーマをもとに、住まいに役立つ情報を定期的に掲載しています。特に、お金に関する内容は幅広く、家計の見直し方や住宅ローンの上手な返し方など、住宅ローンを返済する方に皆さんが気になるあれこれを分かりやすく解説されています。


オリジナルの住まいノートで理想の暮らしに近づける


前述したように、住宅ローンの一部繰上返済などを考えている方とって住・My Homeは様々なメリットが存在します。お金のことをしっかりと計画的に進める中でもやっぱり楽しいのは、自分たちの好きなテイストの家づくりやインテリア選び、理想のライフスタイルを考えることではないでしょうか。


そんな時は、自分たちでオリジナルの住まいノートを是非、作ってみることをおすすめします。好きなテイストの写真をノートに切り貼りしてみたり、ショールーム周りのスケジュール管理や使用したい照明・造作のことなど、家づくりに関することを同一のノートにまとめてみます。そうすることで、後で見返せることができ、頭の中にあるイメージがより整理されます。


また、家づくりの担当者と打ち合わせ時にそのノートを担当者に見せれば、プランをスムーズに立てやすくなるでしょう。打ち合わせで担当者が言ったことや気になったことを書き込めば、次回の打ち合わせまでに要点や質問したいこともまとまりやすくなります。


住まいノートで人生の設計を


住宅を購入されてローン返済をされている方にとって便利でおすすめな住まいノート、「住・My Note」。人生で一番大きな買い物なだけに、上手く返済するためのツールは是非、活用していただきたいアイテムです。家を建てた後も人生は続くので、今度は家族の暮らしのことや家の手入れのことなど、その先にある住まいの環境についてノートを書いてみるのはいかがでしょうか。


.
  住宅ローンを組む時に考えたい住宅ローン以外の費用って何があるの? | オルラボ マイホームの住宅ローンを組むときに忘れてはいけない「その他の費用」について取り上げました。 オルラボ


家づくりに関するお悩みはありませんか?

家づくりを検討しているけれど、注文住宅ってどこまで希望を叶えられる?土地がなかなか見つからない・・・、お金がどのくらいかかるか気になる、などお悩みの方、オールハウスがお困りごとを解決します。無料でご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事