Original

相続で失敗しないために。遺産相続の3つの方法について

人が亡くなった時には「相続」というものが起きます。亡くなった人の財産を特定の人が引き継ぐため財産が少なくとも何らかの相続手続きは発生するものです。相続はトラブルが非常に多く、誰もがそのトラブルに突然巻き込まれてしまう可能性があります。


そのためまずは相続に対して正しい知識を身につけ、いざという時に対処できるように事前に準備をしておく必要があります。


遺産ってそもそも何が対象になるの?

遺産とは被相続人(亡くなった人のこと)の財産のことです。相続の対象となる財産にはプラスの財産マイナスの財産があります。プラスの財産は単純に預貯金や動産・不動産といった財産です。マイナスの財産は借金や損害賠償責任といったことを指します。ここで注意しなければいけないのはマイナスの財産も遺産相続の対象となるという点です。


相続人には遺産の相続をするかどうかの選択権があり、遺産相続には「単純承認」、「相続放棄」、「限定承認」という3つの方法があります。この中でも相続放棄と限定承認は相続人が相続が発生したことを知ってから3か月以内に手続きをする必要があります。相続開始日(亡くなった日)から3か月ではありません。


ここではそれぞれの遺産相続の方法について、注意点も含めてご紹介していきます。


1.遺産相続の方法「単純承認」


遺産をすべて相続する最も一般的な方法です。単純承認に手続きは不要で、相続を行う場合自動的に単純承認になります。プラスの財産に加え、借金などのマイナスの財産も相続することになります。マイナスの財産を相続した場合、相続人が支払い義務を負うことになるため注意が必要です。


2.遺産相続の方法「相続放棄」


相続放棄は遺産をすべて受け取らない方法です。相続放棄は基本的に相続人が相続が発生したことを知ってから3か月以内に行わなければいけません。注意点として、相続財産の一部もしくはすべてを勝手に処分してしまった場合は財産を自分のものとして扱ったとみなされ、単純承認となります。そうなると相続放棄や限定承認ができません。


2-1.相続放棄の手続きの流れ

相続放棄する場合、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所へ必要書類を提出しなければいけません。主な手続きの流れは下記の通りです。


裁判所HPでダウンロードできる「相続放棄申述書」を作成。


被相続人の住民票除票または戸籍附票」、「被相続人の戸籍謄本」、「申述人の戸籍謄本」などの必要書類を集める。

※場合によってはその他の書類が必要となる場合があります。


家庭裁判所に書類を提出。


裁判所から「相続放棄照会書」、「相続回答書」が送付される。


書類に書かれている質問に回答し、署名押印し裁判所へ返送。

※この時回答次第では相続放棄が認められないこともあるため注意が必要です。万が一受理されなかった場合、もう1度手続きを行うことはできません


内容に問題がなければ相続放棄の申述が受理される。


相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所から届き、相続放棄手続きは終了。


2-2.相続放棄をしたら債務はどうなる?

相続放棄をすると、次の相続順位に該当する人へ相続権が移っていきます。そのためマイナスの財産として借金の支払いがある場合、次の相続人に借金の支払い義務が引き継がれます。もちろん次の相続人も相続放棄すれば支払いの義務はなくなりますが、相続放棄したことをきちんと他の相続人へ伝えないと知らないうちに債務が引き継がれていたという事態になります。


相続放棄は相続人が各自でできますが、後々のトラブルの元になるので相続放棄の手続きをする際は他の相続人へ早めに通知をしましょう。


2-3.相続放棄した時の財産の管理について

相続放棄をした後に気をつけなければならないのは相続放棄しても財産を管理する義務は残るということです。財産を引き渡すまで財産が失われないように管理しなければいけません。しかし相続人が全員相続放棄をすれば相続人がいないという状態になります。そうなると相続放棄をした相続人が管理義務を負い続けることになります。


このような場合、家庭裁判所に「相続財産管理人」を選任申立することで相続財産管理人へ相続財産の管理義務を引き継ぐことができます。一般的に相続財産管理人は弁護士や司法書士などから選ばれ、相続財産を管理しながら清算手続きを行います。


3.遺産相続の方法「限定承認」


相続財産を超える債務を相続しない方法です。被相続人のプラスの財産の範囲で負債を支払い、財産が余れば相続します。借金があるかどうかがわからない場合にこの方法が選ばれることがあります。限定承認の手続きも相続があったことを知ってから3か月以内に行わなければいけません。加えて限定承認をする場合、相続人全員でしなければいけません。そのため誰か一人でも反対すれば限定承認はできません。手続きも複雑なため、利用件数は少ないのが現状です。


4.まとめ


遺産相続の手続きはわかりづらいことが多々あり、トラブルになる可能性もあります。そのため相続の悩みがある場合、相続に関して熟知している弁護士などの専門家へ相談することをおすすめします。特に相続放棄の手続きは戸籍謄本の取得に時間がかかったり、書類の不備や不足があり受理されない場合もあるため専門家に依頼することは珍しくありません。


遺産相続では土地や家といった不動産を相続するケースも多くあります。不動産を相続したが使い道がないといったことでお悩みの際は不動産会社へ相談するのも一つの手です。


関連記事

不動産相続でお悩みの方、オールハウスへお気軽にご相談ください。