catch-img

国際線もある広島の空の玄関口「広島空港」!アクセス方法や将来性について

人口約120万人、中四国最大の都市である広島市。広島の街の空の玄関口・広島空港は、広島市中心部から高速道路を使って車で約1時間ほどの山間部(広島県三原市本郷町・みはらしほんごうちょう)にあります。この記事ではそんな空の玄関口である広島空港についてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.1993年に現在の場所に移設された広島空港
  2. 2.広島市付近からのアクセス方法は主に3種類
    1. 2.1.リムジンバス
    2. 2.2.JR山陽本線+リムジンバス
    3. 2.3.自家用車
  3. 3.国内線・国際線がある
  4. 4.東京の中心部への所要時間は新幹線とほぼ同じ
  5. 5.2021年開通予定の広島高速5号線でさらに便利に!?


1993年に現在の場所に移設された広島空港

かつて、広島の街の玄関口は、かつて広島市西区観音(かんおん)の海沿いにあった広島西飛行場(旧広島空港)でした。広島市の市街地に位置し、現在の広島空港よりもアクセスは便利でしたが、滑走路が1,800mしかなく、用地上の問題で拡張も困難という課題がありました。そのため1993年、旧広島空港の機能を引き継ぐ形で現在の広島空港が新設されたのです。



県庁所在地であり、県内で企業のオフィスや人口が最も集中している広島市から遠く離れた山間部に移転したことにより、広島市から空港までのアクセスは以前より不便になりました。しかし空港がほぼ広島県の中心に移動したことにより、広島県の東方面にある三原市、尾道(おのみち)市、福山(ふくやま)市などからは、空の玄関口への距離が縮まることとなりました。


広島市付近からのアクセス方法は主に3種類

広島市付近からはやや距離のある広島空港。どのような交通手段が便利なのでしょうか。


リムジンバス

広島駅北口(新幹線口)にあるリムジンバスの乗り場


広島空港への公共交通で最も一般的なのが、広島市の中心地・平和大通りと広島駅新幹線口から出ているリムジンバス。平和大通りから出発する路線は、紙屋町(かみやちょう)の広島バスセンターと安佐南区(あさみなみく)のアストラムライン中筋(なかすじ)駅も経由します。


料金は片道1,370円で、往復割を使うと2,480円。所要時間は道路の渋滞状況によって前後するものの約1時間程度です。


JR山陽本線+リムジンバス


広島駅よりも東側の安芸郡海田町(かいたちょう)や、安芸区(あきく)、東広島市などに住んでいる場合、リムジンバスに乗るために広島駅にJRで行くと、一旦空港から逆方向に進むことになります。


そのため、広島駅よりも東側のJR山陽本線の沿線に住んでいる場合は、最寄りの山陽本線の駅から東に向かう電車に乗り、東広島市の「西条駅(さいじょうえき)」まで行って、そこから出ている空港行きのバスに乗るというルートの方が早く到着できる場合があります。


西条駅と空港を結ぶバスの料金は片道660円。最寄りの駅から西条駅までのJR山陽本線の運賃がそこに加算されます。


自家用車


広島空港には空港駐車場、県営駐車場、民営正広駐車場があり、一般の車両で合計3,800台分の駐車スペースがあります。いずれの駐車場も24時間営業で、それぞれの駐車料金は以下の通りとなっています。


空港駐車場、県営駐車場、県営第2駐車場

30分以内無料、30分を超え2時間まで30分100円、2時間を超え5時間まで1時間150円、5時間を超え24時間まで800円以下同様に算出(ただし、72時間以降の24時間毎最大700円)


民営正広駐車場

1時間150円、3時間を超えると500円。2日目以降は、1日につき500円(大型車は上記料金の4倍)(駐車場⇔ターミナルビルの無料送迎あり)


広島市中心部から空港までは、山陽自動車道を経由すると1時間前後でアクセスできます。駐車料金がかかってしまいますが、日帰りや1泊程度の用事であれば空港に車を置いたまま飛行機で目的地に赴き、車を置いている広島空港へ戻ってくる、と言うこともできるでしょう。


国内線・国際線がある



さほど数は多くないものの、広島空港は2020年現在国内線5つ(新千歳、仙台、羽田、成田、那覇)、国際線8つ(中国、韓国、台湾など)があります(2020年5月現在は新型コロナウイルス感染症の影響で通常運行されていない可能性が高くなります)。国際線はアジア方面のみなので、他地域への路線を利用する場合は関西国際空港など別の空港を利用する必要があります。


東京の中心部への所要時間は新幹線とほぼ同じ


広島市から東京へ出張をする際、飛行機を利用するか新幹線を利用するかで迷う人も多いのではないでしょうか。何故ならば、広島空港は前述の通り広島市から車やリムジンバスで約1時間、広島市街地から約55kmの山間部にあるためです。


行き先を東京駅に近い丸の内周辺と仮定すると、広島空港から羽田空港までの所要時間は1時間25分程度ですが、広島駅から広島空港までのリムジンバスの時間が約1時間、羽田空港から東京駅までが約30分かかるため、飛行機の搭乗手続きやフライトの時刻などを入れると結局4時間近く時間がかかってしまいます。


一方、新幹線の所要時間はと言うと、広島駅から東京駅まで3時間56分。飛行機とほぼ変わらない時間になるのです。


東京と一口に言っても、新宿や六本木、品川などの他の街に行く際は、羽田と東京駅とどちらに近いか、便利な交通手段があるかで時間は変わってきます。どちらを利用した方が時短になるのか、あるいは料金がお得になるのかをよく考えて判断しましょう。


2021年開通予定の広島高速5号線でさらに便利に!?


2021年の開通を目指し、工事が行われている「広島高速5号線」。広島駅の北の二葉山をトンネルで通過し、安芸郡府中町で広島高速1号線に連絡する都市高速です。


広島駅発のリムジンバスは、現在安芸郡府中町までを一般道で進み、広島高速1号線に入って高速道路を空港まで進んでいる状態。リムジンバスが広島駅のすぐ北のインターチェンジからすぐに高速道路に乗ることができれば、信号待ちがあり渋滞も多い一般道を進むよりも所要時間が短くなることが期待できます。この時間短縮が実現すれば、広島~東京間の新幹線との所要時間競争において広島空港が優位に立つ可能性が高まります。



中国地方最大の空港として、現在でも年間280万人以上が利用する広島空港。高速道路の開通によって利便性が向上すればより利用者が増え、広島空港は更なる高みへと羽ばたいていくことでしょう。


.
  広島高速5号線開通によって開ける可能性 | オルラボ 広島駅北口に繋がる都市高速・広島高速5号線によって開ける未来について考察します。 オルラボ
  再開発により進化を続ける中央駅。「広島駅」周辺エリア | オルラボ 2010年代、そして2020年代に大きく変わる広島駅周辺エリア。その歴史と今後についてまとめました。 オルラボ