catch-img

大切なのはタイミング!マイホーム購入者に聞く後悔しないマイホーム購入とは?【家づくり体験談Vol.2】

一生の中で一番大きな買い物となる夢の“マイホーム”。これからの人生の中でもとても大きな買い物だからこそ、皆さん後悔したくないですよね。


住宅購入者のリアルなマイホーム購入体験談をお送りする「家づくり体験談」。今回は、23歳のときにマイホーム購入を考えちょっとしたハプニングを経験されたSさんの体験談を伺ってみました!


就職・結婚を機に23歳でマイホーム購入を決意!


―マイホーム購入を考えたタイミングを教えて下さい。


大学を卒業して、今の会社に就職し奥さんと結婚したタイミングで戸建てのマイホーム購入を考え始めたのが23歳の時でした。もともと今のマイホームがある地域に二人でアパート暮らしをしていたんです。結婚後のマイホームも、奥さんの実家から近いこの辺りで考えていました。


マイホーム購入直前でまさかのハプニング発生!!


―購入するにあたり大変だったことはありますか?


実はこの戸建住宅を購入する前に、契約寸前のお家があったんです。条件にも当てはまり契約書も作っていました。しかし、直前になって売り主が売らないと言い始めて…その方のところに行ったりもしましたが結局購入できずなくなく断念しました。


それからはまた住宅探しの日々。モデルハウスや中古リノベーションの物件を見て回りましたが、なかなかデザインが好みではなかったりして決まらなかったですね。


マイホーム購入に大切なのはタイミング


―マイホーム購入までにどれくらいの期間がかかりましたか?


23歳の時にマイホーム購入を考えてから、今の場所を見つけて購入するまでに3年ほどかかりました。いろいろと予想外のことがあって予定よりも時間がかかってしまいましたが、結果として条件に合う良い場所に家を持つことができました。


―購入までの流れを教えて下さい。


私は仕事柄、毎日たくさんの物件を目にします。その中から、運よく一昨年の夏頃に今の物件を発見しました。見つけたのもラッキーだったと思います。駅近だしこれを逃したら後悔すると思い、次の日にはその土地を計測しに行ってどれくらいの間取りの建物が入るかすぐにチェックしに行きました。



―マイホーム購入の条件はありましたか?


今後のことを考えて奥さんの実家から近いところが条件でした。あとは駅近だけど予算内で収まる土地ということ。土地は予定よりも狭かったですが、土地にあった建物と間取りを後々考えればいいと思いました。


その他の条件というか大切な点は、土地が狭いので自動車がちゃんと入るように接道されていることと、余計な費用がかからないようにライフラインが届くかどうかは事前にしっかりと確認しました。



―マイホームを購入前に楽しかったことはなんですか?


休日に二人でいろんな家具屋さん巡りをしたのは楽しかったです。どんな家具や雑貨を置くか妄想して楽しんだり。(笑)


―住む前に不安だったことはありますか?


生活の中心となる二階のLDKスペースは12畳ほどのコンパクトな空間です。家具屋で見たお気に入りのダイニングセットなどがちゃんと置けるかの少し心配でした。メジャーを持って家具屋さんに行って家具のサイズ感を確認したおかげで、無事に搬入することができて良かったです。


念願のマイホーム!実際の住み心地は?


―間取りとお家の特長を教えて下さい。


1階は4.5畳の書斎と納戸・トイレ、2階は12畳のLDKとお風呂場、3階は8畳ほどで寝室とトイレがあります。土地が狭いので3階建て・戸建注文住宅です。


―戸建て注文住宅にした理由はなんですか?


もともとマンションは検討していませんでした。左右上下のことを気にして暮らすのも嫌だったので。ざっくり戸建希望でしたが、予算内に収めることが優先だったので最終的には必要な部分にだけお金をかけることができて、予算を抑えることができる注文住宅を選びました。


―注文住宅の家づくりで意識したことはありましたか?


奥さんが家事をしやすいように、リクシルさんのショールームに行ってキッチン周りのことを決めました。まずはキッチンカウンターの高さを確認して丁度良く調整したり、ダイニングセットとの色合いを考えて建具を選んだりしました。その他には、キッチンやお風呂場などの水回りは2階にすべてまとめて効率の良い生活動線作りを意識しました。



―実際の住み心地は?


住み始めて丸一年になりますが、コンパクトサイズのリビングダイニング空間が自分達の生活には丁度良くて気に入っています。あと、南側が駐車場になっているので建物が建つことがなく室内にいつも明るい光が入ってきます。ご近所の方々も良い人たちでほっとしています。


―以前のアパートでの暮らしと大きな違いはありますか?


以前の二人暮らしの賃貸アパートと比べると、もちろん戸建ての家の方が機能面が充実しているのを生活の中で感じます。遮音性が高いおかげで、自分達の生活音はもちろん周囲の音も気にならないとか、気密性もしっかりとしているので、以前よりも広いスペースの割には電気代が以前と変わらないんです。



―お家の中で一番こだわった部分はありますか?


僕たちの寝室に作ったペット用のキャットウォークです。3年前に拾ったノラ猫の“しまま”のために作ったキャットウォークは、しままがジャンプをしやすいように計算して設計してもらいました。



今の僕たちの寝室はしままの部屋みたいになっています(笑)。最近は自分の寝床じゃなくて僕たちのベットで寝るようになりました。 



―その他にこだわったところはありますか?


以前暮らしていたアパートはガスを使っていて、油汚れがなかなか取れなくて掃除に苦戦していました。それもあって今回はオール電化にしたので、掃除がかなりラクになりましたね。長い目で見るとランニングコストも節約できて良かったと思います。


あと、可愛い壁紙をみつけたのでトイレの一部にアクセントとして使ってます。トイレ以外にも、お風呂場の扉の一部に壁紙を使ったり、どれにしようかなって二人で選びながら考えるのも楽しかったですよ。


土地を有効活用した3階建てのマイホーム


―実際に住んでから気になったことはありますか?


3階建てということもあって高さがある分、揺れを感じることが多かったんです。引っ越しをした時は、ちょうど土砂災害の影響で近くの川の復興工事を行っていて大きなトラックが走るたびによく揺れていました。


同じような3階建ての物件に住む同僚に揺れのことを聞いてみると、みんな口を揃えて「揺れはあるけど慣れるよ」と教えてもらいました。それからも少し続いた工事の揺れは、みんなが言うように日に日に慣れて気にならなくなりました。



―マイホーム購入のための準備でやっていて良かったことは何ですか?


住む前に住んだ時の生活動線を細かくイメージしていました。3階建てのお家だと、2階建てのお家よりも動線がまとまっていなかったら上り下りが大変になってしまうので。


自分達の一日の流れを何度も何度もシミュレーションして、動線に無駄が出ないようにお風呂やキッチンといった水回りは2階にまとめるようにしました。そのおかげで、普段の生活もしやすく居心地の良いお家になっています。



―マイホームを購入するにあたって大切なことは何ですか?


条件に合った土地や物件はいつ出るかわからないものです。状況によっては住みたいと思ったものが見つかっても、僕たちのように購入できないなんてことも起きる可能性はあります。なので、まずは買おうと思った時が買い時だと思ってタイミングを逃さないことが大切だと思います。迷っている間にも、その分の家賃はかかってしまいますしね。


そして、条件に近い住まいの候補が一つ以上みつかった時は、その中から自分達のフィーリングにより合うものを選ぶべきです。いろんな物件を見て気になっても、結局は最初に気になったものに戻ったりします。あとは、当たり前かもしれませんが絶対に自分達に無理のない予算を組むことと、家族にしっかり話しておくことは絶対しておくべきです。


マイホーム購入体験談をインタビューしてみて


マイホーム購入は、良い条件の土地をみつけても場合によっては予定通りに状況が進まないこともあります。今回Sさんのお話を聞いて感じたのは、家族で事前にすり合わせをしっかりと行い、無理のない予算内で住宅ローンといったお金のことをちゃんと決めておけば、家を買うのに早すぎるタイミングは無いということ。 Sさん曰く、「買いたい時が買い時だと思います」。家を買うことを悩んでいる方、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。


  失敗したくない人必見!マイホーム購入した住宅関係者に聞く購入の流れや大切なこと体験談 | オルラボ 夢のマイホーム購入...実際にマイホームを購入した方に体験談をインタビューしてみました。一体、どんな流れで何に気を付けたのでしょう。 オルラボ
  新築注文住宅で失敗しがちな5つのこと | オルラボ 誰もが恐れる新築注文住宅の「失敗」。家づくりで失敗しないために知っておくべき失敗例をまとめました。 オルラボ



家づくりに関するお悩みはありませんか?

家づくりを検討しているけれど、注文住宅ってどこまで希望を叶えられる?土地がなかなか見つからない・・・、お金がどのくらいかかるか気になる、などお悩みの方、オールハウスがお困りごとを解決します。無料でご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事