2019.10.07

アパート・マンションの1階のお部屋のメリットとデメリット

暮らしのQ&A

アパート・マンションの集合住宅の1階の部屋。1階の部屋は、防犯や騒音などを懸念する方も多く、あまり人気が高くないと言われています。

しかし、2階以上の部屋では決して味わえないようなメリットがあるのをご存知でしょうか。今回は、そんな1階の部屋のメリット・デメリットを取り上げます。

1階の部屋のメリット

家賃がリーズナブル

同じアパート・マンションの2階以上の部屋と比較すると、人気がない傾向にある1階の部屋は家賃がリーズナブルに設定されていることがあります。

もちろん、すべての物件がそうであるわけではないため注意が必要ですが、全く同じ立地・間取りでありながら家賃が安いというのは大きなメリットと言えます。

階段やエレベーター不要

2階以上の部屋は、自分の部屋に行くまでに階段やエレベーターを利用しなければなりません。

毎日、家に帰っても部屋に帰るまでワンステップ多い他の階と比べ、すんなり部屋に入れるのは1階の部屋の利点です。

また、上層階に住むと、アパート・マンションの他の住人の人と鉢合わせする可能性も高まります。見ず知らずの人と出会うことが苦手な人にとっては1階の部屋は魅力的かもしれません。

荷物の搬入が楽

1階の部屋は、買い物などの日常的な荷物や、引越しなどの大規模な荷物の搬入が楽ちんです。特に、エレベーターなしのアパートの4階に階段で大きな荷物を運び込むのは至難の業。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電の運搬業者の中には、「エレベーターなしの3階以上の部屋は別料金」と設定している業者もあります。

生活のあらゆる局面において、1階の部屋は「荷物を運び込みやすく、出しやすい」部屋なのです。

階下への足音を気にしなくていい

ほとんどのアパート・マンションの1階の部屋の下は、地面もしくは駐車場。子どもやペットが走り回っても階下の部屋への騒音を気にしなくても良いと言われています。

ファミリー層には、このメリットを重要視して、わざわざ1階の部屋を選ぶ方もいるようです。

物件によっては庭がある

マンションの1階の部屋には、2階以上の部屋にはない「庭」が付いている可能性があります。

庭・ベランダ・バルコニーは住民全体の共用部分なので、火災などの避難の際は他の住民が立ち入ることはありますが、通常時は専用部分として、その部屋に住む人が自由に使用することができます。

避難経路の邪魔とならなければベランダ・バルコニーのプランターでは不可能な規模のガーデニングを楽しむこともできるでしょう。

1階の部屋のデメリット

上階からの騒音

これは、アパート・マンションの造りや上の階の人のマナーによって大きく異なりますが、1階の部屋に住む場合、上階の人の足音はある程度覚悟しなければなりません。

音を気にする人は、鉄筋コンクリートなど、音の響きにくい物件を選ぶのが賢明です。

湿気

多くの1階の部屋の下は地面。1階の部屋には他の部屋と比べて地面からの湿気が上がって来やすいと言われています。

しかし、考え方によっては、この湿気は一戸建ての住宅に住んでいるのと同じこと。換気や除湿機などを使ってしっかりと対策を行いましょう。

防犯面

1階の部屋、特にベランダは、道路から容易に中の様子を見ることができます。

2階以上の部屋であっても空き巣の被害に用心しなければなりませんが、1階の部屋は気軽に入れるようになっていることが多いため、特に注意が必要と言えます。万が一の事態に備え、セキュリティー対策の整った物件を選びましょう。

道路の騒音

1階の部屋は、上階と比べて道路との距離が近いため、道路の車の音や人の話し声などが聞こえやすくなっています。

しかし、これも一戸建ての住宅とほぼ同じ条件といえるので、音が気になる場合は遮音カーテンなどで対策を行いましょう。

メリット・デメリットを見極めていいお部屋探しを

ここまで、1階の部屋のメリット・デメリットを挙げてきました。

1階部屋のメリットに魅力を感じる方は、1階の部屋を検討するのも良いでしょう。

反対に、1階部屋のデメリットは、2階以上の部屋のメリットでもあります。湿気や防犯面を重視する場合は2階以上の部屋を選びましょう。