catch-img

四季折々のキレイな自然を楽しめる。広島の日本庭園「縮景園」

皆さんは広島で四季を感じられる自然豊かな場所と聞いてどこが思い浮かびますか?誰もが知る広島平和公園や宮島なども人気の観光地ですが、その他にも広島市内にありながら四季折々のキレイな自然を楽しめるとっておきの場所があるんです。それが、縮景園です。


現代の建物が並ぶ広島市街地にありながら、季節ごとに異なる表情を見せてくれるその日本庭園は、国内外問わず多くの方々を癒し楽しませてくれます。そんな縮景園の様々な魅力を今回はお届けします。


広島市内にある縮景園とは


広島の自然豊かな中心部、幟町エリアにある縮景園は1620年に茶人である家老、上田宗箇によって築成された日本庭園です。


4800本以上もの木々に囲まれたこの庭園には、園内のおよそ20%もの敷地面積を持つ池「濯纓池(たくえいち)」を中央に位置し、そこにかけられた橋によって二分されています。その空間にある茶室や大小の島、小亭などを回転しながら眺めることから、回転式庭園とも称されています。


第二次世界大戦では原爆の影響で多大な被害を受けましたが、清風館や悠々亭なども復元され美しい姿を取り戻しました。


縮景園の見どころ

跨虹橋


四季や時間、場所によってその景色が変わる縮景園には素敵な見どころが満載ですが、中でもおススメなのが跨虹橋(ここうきょう)という名橋です。跨虹橋は、天国と地球にかかる虹をイメージして作られておりそのカーブは力強い印象を与えます。


園内には多種多様の木々や植物が存在しており、春の桜や秋の紅葉など四季折々の花々や植物を楽しむことができます。その落ち着いた佇まいに日本庭園らしいエレガントな雰囲気と共に、改めて日本の“わびさび”を感じられるかもしれません。



受付と跨虹橋の側では鯉のエサが販売されているので、子どもやお友達、家族と一緒に池にいる鯉にエサやりをするのも思い出作りになるでしょう。


紅葉のトンネル


これからの紅葉の時期におすすめなのが丹風林です。鮮やかに彩られるその風景は通常でもとてもキレイですが、秋の紅葉のシーズンにはライトアップが行われ、赤く染まった美しい景色はさらにその魅力が増し、きっと広島のお気に入りスポットになるはずです。


泉水亭


庭園に通ずる入口の左手にあるのが休憩所、泉水亭です。ここでは、うどんやいなり寿司といった軽食が食べられる他、お土産を購入することも可能です。人気のみんなの癒し所でお腹を満たしながら、五感で縮景園を楽しんでみませんか?


日本の風情ある魅力を…


縮景園では一年を通してさまざまな季節のイベントが開催されています。自然が織りなす壮大で魅力的な庭園には、ゆったりとした時間の流れと心地よい風が吹き、来場者に解放感を感じさせてくれます。


アクセスの良い立地にあるこの庭園の入り口をくぐり、日常生活から少し離れて優美かつ大胆な自然に身を包んでみてはいかがですか?


インフォメーション


縮景園

場所
広島市中区上幟町2-11(map
開園時間
4月1日~9月30日 9:00~18:00 (入園は17:30まで)
10月1日~3月31日    9:00~17:00 (入園は16:30まで)
休園日
12月29日~12月31日
Web site



入園料
個人
 団体(20名以上)
一般
¥260
¥200
高・大学生
 ¥150 
¥100
小・中学生
¥100
¥80


アクセス

徒歩 

広島駅から15分


めいぷる~ぷ

運賃:¥200 時間:10分 乗換え:なし

広島駅
 めいぷる~ぷ レモンルート
 (5分)
¥200
広島県立美術館
(縮景園前)
縮景園
徒歩
(5分)




  広島の観光スポット「世羅高原農場」で秋のダリアとガーデンマム祭を楽しむ! 今年、2019年で入場者数が述べ300万人に達する見込みというほどに人気の世良高原農場である季節のお祭り、”秋のダリアとガーデンマム祭”の魅力についてご紹介します! オルラボ
  秋の宮島を楽しむおすすめのイベントBest 3 in 宮島 広島の廿日市市にある日本三景の一つである宮島。秋の宮島をもっと楽しむために、9月から11月の間に宮島で行われる毎年恒例のイベント ” Best3” をご紹介します! オルラボ