まだ遅くない!?50代でマイホームを購入するメリット

ローンを組んでマイホームを購入するという言葉を聞くと、20代後半から30代の若い時代に35年のローンを組むことを想像するかもしれません。しかし、そのような時期、様々なことが理由でマイホーム購入に踏み切れなかった方もいるのではないでしょうか。


若い世代と比べ、50代は住宅ローンが組みにくいというデメリットがあります。しかし、50代でマイホームを購入することは決して不可能ではありません。むしろ、若い頃には実現不可能だったゆとりがある場合も多く、住宅購入に適している面もあるのです。


子どもが大学を卒業する人が多い50代


職場でもベテランとなり、そろそろ退職後の人生について考え始める50代。この時期は、多くの人が子どもの大学卒業・自立を経験する年代です。子どもが自立をするということは、教育費が必要なくなるということ。授業料や教材などへの支出がなくなり、夫婦の住居費に回せるお金が増えることでしょう。また、子どもが就職によって一人暮らしを開始した場合は、光熱費などが夫婦2人分だけで済むようになるでしょう。


子育てにお金がかかっていた時代にはマイホーム購入に踏み切れなかった方も、この時期に短期間でローンを組んで住宅購入に踏み切ることが可能かもしれません。


退職を前にし、ある程度人生が安定している50代


若い時期に転勤が多い仕事に就いている人は、次にいつ転勤が来るか読むことができず、マイホーム購入に踏み切れないかもしれません。また、マイホームを購入したものの、転勤が決まり売却するというケースもあるでしょう。


定年退職まで10年を切っていることが多く、これから転勤を命ぜられる可能性の少ない50代。若い頃にはなかった生活の安定がある年代です。今勤めている場所に永住するつもりでマイホーム購入をすることができるかもしれません。


50代だからこそ考えられる「終の住処」

子どもが自立し、転勤の可能性が少なくなることで、若い頃には得られなかった「安定」を手にする50代。退職後もずっと住み続けられる「終の住処」を買うことを考える方も多いことでしょう。ここからは、退職を目前に控えた50代だからこそ考えられる家探しについて考えます。


通勤のことを考えなくてもよい退職後


50代の考える「終の住処」は、若い頃に考えるマイホームよりも、建てる場所の自由度が高いと言えます。何故ならば、その家に住む時間の大半が、通勤のない退職後だからです。


21世紀になり、平成も終わり、これほどインターネットが発達しているにも関わらず、業務内容に関係なく従業員に「通勤」をすることを求めることが多い日本企業。「どこに住みたいか」ということよりも「通勤が便利か」という基準で家を買ったり、借りたりする人が大半なのではないでしょうか。しかし、退職すればこの呪縛から解放され、理想の土地に住むことができるのです。


生活用品などの買い物や医療機関などが充実しているかを抑えれば、かつて、「住んでみたいけれど通勤に不便だから諦めていた場所」に住むことができるのです。この決断ができるのは、通勤をする期間が短かく、数年間の不便を我慢できる50代ならではの特典であると言えるでしょう。


家族構成の変化が少ない退職後


子どもたちが巣立ち、多くの方が夫婦二人だけの生活になる退職後。年齢的に、家族が増えてもっと部屋が必要になるというリスクを考えなくても良いため、夫婦の理想の間取りの家を買うことができるでしょう。


決断は早い方が良い

人生100年と言われる現在。100年生きることを考えると50代はまだ人生の折り返しです。しかし、先の人生はまだ長いと言えど、一般的な人は退職後に収入が大きく減ってしまいます。収入が安定しており、金銭的に余裕がある50代は、多くの方にとってマイホーム購入の「ラストチャンス」でありながら「ビッグチャンス」だと言えるのです。


.

新築の家を買う人のための6つのポイント

年齢を重ねても住める家へ。バリアフリー住宅のポイント

関連記事

家づくりをご検討中の方、資金計画でお悩みの方、お気軽にご相談ください。
家づくりの無料相談会もやっています。

NEW

PICK UP 住宅

PICK UP 不動産売買

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY