数は少ないけれど魅力的!DIY可の賃貸住宅とは

賃貸住宅に住んでいると、入居者は基本的に、自分の好みの内装や設備を選ぶことができません。壁紙を好きな色のものに張り替えたり、トイレ、洗面台をDIYで好みのものに取り替えたりするといったリフォームは、賃貸住宅では行うことができないのが普通です。


しかし、そんな賃貸物件の中にも、DIYや業者によるリフォームを許可している「DIY可」の物件が存在するのです。ではDIY可の賃貸住宅に住むとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?


DIY可の賃貸住宅のメリット


1. 原状回復の必要がない物件が多い

個々の物件の契約書をよく読む必要がありますが、DIYを許可している物件には退去時の「原状回復」を要求しない物件が多数存在します。DIYや業者によるリフォームによって、壁紙や設備を変えたとしても、退去時に元に戻す必要がないのです。


賃貸住宅から退去する際に、ほとんどの物件で求められる「原状回復」。例えば、時計や絵画を取り付けるために、壁にビスで大きな穴を開けてしまった場合、かなりの高確率で修繕費を徴収されてしまうでしょう。この費用の多くは、入居時に支払った敷金からまかなわれます。


DIY可の物件に入居した場合、壁紙や設備の交換といったリフォームの予定がない場合でも、このような「原状回復」に係る出費を抑えることができるのです。DIYによるリフォームに全く興味がない人でも、物件が「DIY可」であることは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。


2. 通常の賃貸住宅ではあり得ないような空間を作ることができる


DIYが許されているということは、アクセントクロスで印象的な空間を作ったり、壁付の棚やテレビボードなど、こだわりのインテリアを自分好みに作ったりすることが可能です。通常の賃貸住宅ではこのようなことは不可能。世界にひとつだけのオリジナルな家を作ることができます。


契約内容にもよりますが、トイレを最新の温水洗浄便座・リモコン完備の機種に付け替えたり、バスタブなどを自分好みのものに付け替えたりすることもできるかもしれません。築年数が多い物件に住むと、壁紙や家具にこだわって美しくリフォームしたとしても、古くなっているトイレ、洗面台、コンロなどの設備が気になってしまう…ということはよくあります。ここを自分の納得のいくものに付け替えることで、理想の快適生活を送ることができるでしょう。


設備を自力でリフォームすると、専門知識がない場合事故などの原因となり、トラブルになってしまうため、必ず専門の業者に取り替えを依頼しましょう。


3. 成功したリフォームは大家さんにとってもメリットとなる


美しくリフォームが成功した部屋は、入居者だけではなく、大家さんにとってもメリットとなります。入居者が壁紙や設備などを自腹で良いものに交換してくれるので、メンテナンスの費用を支払う回数が減る可能性があります。また、将来的に入居者が他の部屋に転居することになっても、美しくリフォームされた部屋を残してくれれば、部屋の資産価値が上がることでしょう。


DIY可の賃貸住宅のデメリット


1. リフォームにお金をかけても賃貸住宅であることには変わりない

DIYが許されているといっても、そこはあくまでも「賃貸住宅」。所有権は当然大家さんにあります。そのため、DIYで作り変えた家は自分の財産になることはありません。また、大家さんの都合によって立ち退きを求められた際、せっかくDIYした部屋を明け渡さなければならなくなるというリスクがあります。DIY可の住宅でリフォームを行う際は、このようなリスクを踏まえた上で行いましょう。


2. DIYで失敗すると、自己責任となる

万が一、DIYによるリフォームが失敗すると、その責任は完全に入居者が負わなければなりません。壁紙の張り替えに失敗したり、トイレやバスタブを自力で交換して失敗したりしてしまうと、当然入居者に過失があるので、修繕費用を支払わなければならなくなります。そのような心構えを持った上でDIYを行いましょう。


まとめ

このようにDIY可の賃貸住宅にはメリットがありますが、同時にデメリットも存在しています。ですが、部屋をDIYすることでいつもとは違った暮らしを楽しむこともできますので、DIYに興味のある方は「DIY可」の賃貸住宅に住んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

リフォーム・リノベーションをご検討中の方、お気軽にご相談ください。
無料相談・資料請求受け付けております。

NEW

PICK UP リフォーム

PICK UP 不動産売買

MONTHLY RANKING

WEEKLY RANKING


CATEGORY