catch-img

豊かな自然が満喫できる広島の観光名所『尾道市』の魅力

広島市や宮島などと共に、広島県屈指の観光名所だと言われる・尾道(おのみち)。海と山が近く、豊かな自然が満喫できるとともに、尾道ラーメン、広島風お好み焼きといったグルメも楽しめます。瀬戸内海に面した美しい港町・尾道の観光地としての魅力や、街の雰囲気を見ていきましょう。


新幹線なら広島から約30分でアクセス良好


「広島駅」から「新尾道駅」までは、新幹線こだま号を利用すれば約30分。新幹線新尾道駅から、観光地が集中している尾道の沿岸部までは、バスやタクシーなどを利用して15分程度だと言われています。広島観光のついでに立ち寄るのも可能な移動時間ではないでしょうか。また、広島に住んでいるならば、宮島などとともに日帰り旅行の候補地としても挙げられることでしょう。


尾道の観光名所

1. 千光寺(せんこうじ)、千光寺展望台


尾道の観光名所として古くから有名な「千光寺」。大宝山の頂上付近にある寺で、尾道港や尾道の街並み、瀬戸内海、瀬戸内海の島々などが一望できます。山の上にあると言っても、ロープウェイで気軽に登ることができるようになっています。山頂にある「千光寺展望台」に登れば、天気の良い日には四国山地も見えるほどの、さらに見晴らしの良い絶景を楽しむことができます。昼とはまた違う魅力を持つのが尾道の夜景。街や船の灯りが瀬戸内海に反射し、港町ならではの美しい夜景を楽しむことができます。


2. 尾道の歴史ある街並み

写真提供:広島県


歴史ある街並みは、尾道の大きな魅力です。JR尾道駅付近には、古く珍しいお店の揃った商店街があり、観光客に人気となっています。数々の映画やドラマのロケ地として使用されることも多い尾道の街並み。お気に入りの作品のロケ地巡りをするのも良いかもしれません。


3. 博物館、美術館

海から山までの距離が近い尾道には、その狭いエリア内にたくさんの博物館、美術館が所狭しと並んでいます。美術館は、千光寺公園にある「尾道市立美術館」、海沿いの「おのみち海辺の美術館」、市の東に位置する「尾道市立大学美術館」があります。


海沿いの「おのみち海辺の美術館」は、海沿い防波壁に美術作品が展示されているというユニークな美術館。入館料は無料で誰でも入ることができるので、散歩がてら訪れることができます。海と美術作品を同時に楽しむことができ、気分をリフレッシュすることができるでしょう。


4. しまなみ海道

写真提供:広島県


広島県と四国を結ぶ高速道路「しまなみ街道」の玄関口でもある尾道。瀬戸内海の島々に気軽にアクセスできます。瀬戸内海の「生口島」には、広島を代表する日本画家・平山郁夫の作品を見ることができる「平山郁夫美術館」や、世界的に有名な彫刻家・杭谷一東(くえたにいっとう)による巨大な彫刻作品「未来心の丘」がある「耕三寺」など、見どころ満載の観光スポットがあります。


杭谷一東「未来心の丘」

写真提供:広島県


5. 天寧寺(てんねいじ)


尾道市の東土堂町にある寺院、天寧寺。海雲塔(かいうんとう)と呼ばれる三重塔は、国の重要文化財に指定されています。海雲塔と背景の尾道市街、瀬戸内海を眺める絶景を楽しむことができます。


観光都市・尾道の山間部や東部には閑静な住宅街が広がる

沿岸部を中心に点在している観光名所から離れた郊外地域の山間部や東部には、閑静な住宅街が広がっています。スーパーマーケットなど、生活に必要なインフラが揃っているようです。福山市方面に足を伸ばせば、家具の「ニトリ」などの入居するショッピングモール「フジグラン尾道」もあります。宮島のように離島ではなく、近隣の福山市などにも近いため、尾道氏は「住む場所」としても十分に便利なようです。

関連記事

NEW

PICK UP


MONTHLY RANKING

TODAY RANKING


CATEGORY