賃貸住宅に、自前のウォシュレット・温水洗浄便座は取り付けられる?

賃貸住宅を決める時、トイレがウォシュレット(温水洗浄便座)だったら嬉しい方も多いことでしょう。20年ほど前から徐々に増え始め、今では当たり前の設備となっているウォシュレット。住んでいるのが持ち家ならば、既存の洋式便座に便座の部分だけ取り替えるタイプのものや、便器を丸ごとウォシュレット装備の便器に取り替えることができます。


しかし、賃貸住宅の元々のトイレがウォシュレットではない場合、便座だけでも取り替えて使用することは可能なのでしょうか。賃貸住宅は大家さんの持ち物なので、このようなことは大家さんの考え方に100%依存していますが、一般的にはどうなのか見ていきます。


ちなみに、ウォシュレットとはTOTOの登録商標で、他のメーカーのものを含めた一般名称は「温水洗浄便座」なので、ここからは「温水洗浄便座」という言葉を使って話を進めます。


買う前に大家さんの了解を得る


既存の便座と付け替えるだけの温水洗浄便座は、家電量販店やネット通販で簡単に入手できるようになっています。価格は安いもので1万円程度からあるようです。


しかし、いくら手軽に購入できるからと言って、大家さんの了解を得ないまま購入してしまうと、万が一NOと言われた時に便座が無駄になってしまうので、買う前に大家さんの了解を得ましょう。大家さんに直接連絡する手段がない場合は、部屋の管理会社に連絡して確認をとりましょう。


そもそも温水洗浄便座が取り付け可能かどうか確認しておく

温水洗浄便座はすべてのタイプの洋式の便器に取り付けられるわけではありません。メーカーによって仕様が異なるため、取り付け可能なタイプの便器かどうか、サイズが適合範囲かということを事前にしっかり確認しましょう。


また、温水洗浄便座は、トイレの中にコンセントとアースがないと取り付けられません。ユニットバスなどで電源が取れない物件では不可能なこともあります。


許可が下りて取り付ける場合、元の便座は捨ててはダメ!

大家さんの許可が下り、晴れて新しい温水洗浄便座を取り付けられることになったとしても、元の便座は捨ててはいけません。何故ならば、将来的にその部屋を退去する際、原状回復をしなければならないからです。


退去するときに大家さんと話をして、温水洗浄便座を置いていくならば古い便座に戻さなくてもいいとなる場合もありますが、基本的に元に戻さなければならない、ということを銘記しておきましょう。


取り付けは自力で可能だが、業者に依頼するとベター


ウォッシュレットの取り付け作業は、説明書通り取り替えれば一般人でもできるレベルになっています。しかし、賃貸住宅は大家さんの持ち物のため、万が一失敗して水漏れなどの事故が起こった時は、修繕費と借主が全額負担させられることになるでしょう。そのため、自信がない場合はプロの業者に依頼して取り付けを行う方が安全です。


リモコン付きの温水洗浄便座を購入する場合、壁に穴を開けることに


温水洗浄便座本体にボタンが付いているものとは異なり、上位機種では壁にリモコンをつけて操作することができるものもあります。ボタンが押しやすかったり、自動開閉機能が付いていたりするハイグレードモデルの温水洗浄便座が欲しい…と思っても、リモコンを壁に取り付けるということは、壁に穴を開けなければならないということ。


国土交通省のガイドラインによると、画鋲程度の大きさの穴を壁に開ける際は原状回復の修繕の対象になりにくいとなっていますが、リモコンを固定する器具はビスで止めるものがほとんどです。当然、この点についても大家さんの了解を得なければなりません。温水洗浄便座のリモコンという、なくても困らないもののために大家さんと交渉しなければならないのは面倒だと感じるかもしれません。


賃貸住宅に自前の温水洗浄便座を取り付けることは可能だが、ややリスクあり

賃貸住宅に温水洗浄便座を取り付けることは、大家さんの了解が得られれば可能です。また、一般的に反対する大家さんは少ないでしょう。しかし、原状回復を行なって元の便座に戻す作業が必要な場合があったり、それが不可能な場合は敷金から修繕費を引かれてしまったりというリスクもあります。温水洗浄便座の賃貸住宅に住みたい場合は、すでに取り付けられている物件を選んでしまう方が安全だと言えるでしょう。

関連記事

NEW

PICK UP


MONTHLY RANKING

TODAY RANKING


CATEGORY