catch-img

集合住宅の一室を借りるなら考えたい分譲賃貸について

賃貸住宅を探しているとき、よく目にするのが「分譲賃貸」という言葉。賃貸住宅なのに「分譲」とは一体どういうことなのだと不思議に思ったことはありませんか?普通の賃貸住宅と分譲賃貸は一体何が違うのでしょうか。


分譲賃貸の定義

分譲賃貸とは、「分譲マンションとして売りに出された部屋を、その部屋のオーナーが賃貸住宅として貸している部屋」のことです。同じマンションの住民でありながら、ある部屋は分譲で購入した方が住み、ある部屋は賃貸で借りている方が住んでいるという状態です。


「分譲」という名前から、「家賃を払い続けていたら購入できるのか?」と思ってしまいがちですが、家賃はあくまでも家賃であり、その部屋はずっと大家さんのものです。分譲マンションの一室に賃貸で住むことには、どのような意味があるのでしょうか。


メリット1. 賃貸だけのマンションよりも住民のマナーが良い場合が多い

多くの場合、分譲賃貸の隣や階下、階上の住民は分譲で部屋を購入している人たち。物件によって大きく異なるため、一概には言えませんが、自分の持ち家ということもあり、住民が部屋を大事にする傾向があり、共用部も丁寧に扱う人が多いようです。また、分譲マンションを買うような方は、経済的に安定しているファミリー層などが多いため、比較的マナーがいい場合が多いです。

多くの場合、ほとんどの部屋が分譲


メリット2. 建物の作りがしっかりしている


物件によって異なりますが、利益重視の賃貸マンションと比べ、分譲として作られたマンションは内装などがしっかりとしたものを採用しており、防音性などにも優れている場合が多いようです。


メリット3. 管理費・修繕積立金が家賃に含まれていることが多い


分譲マンションをローンで購入すると、ローンの支払い以外にも管理費・修繕積立金を必ず支払わなければなりません。しかし、分譲賃貸の部屋を借りる場合、家賃にそれらの費用も含まれているケースが多く、月々の支出について家賃のことだけを考えれば良いので非常にシンプルです。さらに、賃貸住宅に住んでいれば、分譲マンションを所有しているとかかる固定資産税、都市計画税などとも無縁です。また、管理組合の会合などに出席する必要があるのは大家さんなので、通常の賃貸住宅に住む感覚と全く同じで住むことが可能です。


メリット4. 賃貸なので、引っ越しやすい


分譲マンションから引っ越す際、自宅を売却する場合など、何かと面倒な手続きを行わなければなりません。しかし分譲賃貸はあくまでも賃貸住宅。契約書に記されている退去前予告にきちんと予告しておけば、いつでも気軽に引越しすることがきます。


デメリットがないわけではない


分譲住宅の一部を借りている分譲賃貸には、通常の賃貸にはないようなデメリットがある場合があります。しかし、それはその部屋の大家さんとの契約内容によって大きく左右される内容です。


例えば、国内の遠方や海外に赴任している際に、住む方がいない家を分譲賃貸として貸しに出している大家さんがいるとします。赴任が終わり、大家さんが貸しに出している自分の家に帰りたいと思った場合、借主は賃貸契約期間の終了とともに退去しなければならない可能性があります。


また、そのマンション全体のルールとは異なり、大家さんが独自のルールを設けている場合は、守る必要があります。例えば、マンション全体のルールでは「ペット可、ピアノ可」となっている場合でも、大家さんが自室の汚れや床へのダメージを気にしてその部屋のみ「ペット・ピアノ不可」と指定して契約書を作成した場合、借主は大家さんのルールに従う必要があります。


しかし、突然退去を求められる可能性があるのは、通常の賃貸マンションでも同じことです。持ち家ではなく賃貸住宅に住んでいる以上、「大家さんの都合」によって、いつ退去を要求されるかわからないというリスクは必ずあります。いずれにしろ、契約書をよく確認して、どのようなリスクがあるか確認してから借りるようにしましょう。