2020.12.14

超便利!マツダスタジアム・イオンモール徒歩圏の広島の街・大州の魅力とは?

広島の街

人口120万人に迫る大都市・広島市。

南区の大州(おおず)は、JR山陽本線・呉線の停車する「天神川(てんじんがわ)駅」の南側に位置する街で、住宅や商店、工場などが入り混じる街。この大州エリアは、広島市の中心地や広島県安芸郡府中町(あきぐんふちゅうちょう)に近く、住むのに非常に便利な場所として人気が高まっているのです。

今回は、そんな大州エリアを実際に歩き、街並みの様子を写真とともにご紹介していきます。

天神川駅やイオンモールに近い

大州の街の北東には、JR山陽本線(さんようほんせん)と呉線(くれせん)の停車する「天神川(てんじんがわ)駅」があります。広島市の中心駅「広島駅」まで一駅(約4分)という、通勤通学にとても便利なこの駅。大州エリアの東部であれば徒歩で利用することができる位置にあります。

また、この天神川駅は駐輪場が無料。広島市内のJRの主要な駅は有料や月極契約の駐輪場のみ、という駅が多く、無料で気軽に駐輪できる駅があることは大きなメリットと言えます。

また、この駅は、北隣の安芸郡府中町にあるショッピングモール「イオンモール広島府中」まで徒歩5分の最寄り駅でもあります。そのため、大州エリアからは徒歩もしくは自転車でのイオンモールへのアクセスが便利になっています。

広島高速2号線と広島海田線

天神川駅の東には、南は広島市の宇品(うじな)や安芸郡海田町(あきぐんかいたちょう)、坂町(さかちょう)、呉(くれ)市などに繋がり、北は山陽自動車道と連絡している「広島高速2号線」が通っています。

高速道路の下の道路を南に進むと、大州エリアの中心部分を貫通し、広島駅方面へとつながる「広島県道164号広島海田線」との交差点にたどり着きます。

高速道路のすぐ脇を流れる府中大川(ふちゅうおおかわ)には、「新大州橋(しんおおずばし)」がかかっており、対岸の安芸郡府中町の茂陰(もかげ)エリアにつながっています。

この新大州橋を含む広島県道164号広島海田線は、府中町や海田町方面から広島駅に向かう都市の大動脈のような道路で、バス路線も複数通っています。

大州通り(広島海田線)

広島県道164号広島海田線のうち、大州エリアから広島駅までの部分の通称は「大州通り」と言う名で呼ばれ、この通りが実質大州エリアのメインストリートとなっています。

大州は冒頭で述べた通り、工場の多い街。働く人たちのランチの需要に応えるためか、沿道には飲食店が多く立ち並びます。

その他コンビニやドラッグストアもあり、日用品のお買い物も便利そうです。

コンテナを改装した個性的な飲食店もある。

地元の自動車メーカーマツダの乗用車を取り扱う広島マツダの大州本店。

隣町にはマツダスタジアムやコストコがある

大州通りを広島駅方面へと進むと、隣町の南蟹屋(みなみかにや)に入ります。街並みの雰囲気は変わることはなく、どこまでが大州でどこからが南蟹屋かがわからないほど似ています。

この南蟹屋には、2013年の春に広島に初めて進出してきた会員制倉庫型スーパー「コストコホールセール 広島倉庫店」や、広島東洋カープの本拠地「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(通称マツダスタジアム)」があります。

大州から平らな土地を進むだけでアクセス可能なため、大州からは徒歩や自転車でコストコやマツダスタジアムまで行くことができます。

エリアの南は開放的なリバーサイド

大州エリアの南には、広島市を流れる一級河川・太田川(おおたがわ)から分岐した猿猴川(えんこうがわ)が流れています。下流であり、川幅も広いこの川沿いの眺めは、障害物が少なくとても開放的。リバーサイドには、抜群の眺望を生かしたマンションが多く立ち並んでいます。

2019年に復活した「東大橋」

1933年に架橋され、猿猴川を挟んで大州エリアと段原エリアを結んでいた「東大橋」。もともと幅の狭い車道の橋でしたが、老朽化に伴い2011年から架け替えの工事が行われ、2019年に満を持して完成しました。

この橋が掛け直されている期間は、この東大橋よりも上流にかかる「平和橋(へいわばし)」が、このエリア周辺で唯一の車道橋だったため、マツダスタジアムで広島カープの試合が行われる日はこのエリア一帯が大渋滞になるという現象が起きていました。この東大橋の開通により、その混雑もやや解消されているようです。

東大橋から大州通りまでは、区画整理が行われ、橋の幅に合わせた道路の拡張工事が行われていました。

工場の間にある緑豊かな「大州公園」

大州エリアの北東部の工場が多く立ち並ぶエリアには、緑が豊かで広々とした「大州公園」があります。

滑り台やブランコ、鉄棒などの遊具が多く、かなり広々としたグラウンドがあるため、子どもたちを連れて遊びに来るのに絶好のスポットと言えそうです。公園を囲むように植えられた木々のおかげで、周辺の工場のインダストリアルな雰囲気が緩和され、公園の内部には自然を感じることができる癒しの空間が広がっています。

いわゆる住宅街ではないものの住みやすい街

この記事で見てきた通り、大州は住宅がたくさん立ち並ぶ「閑静な住宅街」ではなく、工場や商店と住宅が入り混じって立ち並ぶ街。大州通り付近は車の量も多く、静かではありません。

しかし、大通りから一歩待ちの中に入ると、騒音はそれほど感じることもなく、住むには問題ない環境であると感じました。

エリア全体が平らな土地であり、北隣にあるイオンモール広島府中や東隣にあるコストコ、マツダスタジアムへの移動も楽々な大州エリア。広島駅や広島市の中心部にも地理的に近い場所にあります。近年、その便利さが浸透してきたのか、新しいマンションが続々と建設されている大州エリア。広島市各地へのアクセスのしやすさを重視するのであれば、要チェックのエリアと言えるでしょう。

大州の賃貸物件情報はこちら

物件を見る