catch-img

在宅ワークスペースを考えた無理のない設計の家づくり

コロナウイルスの影響で、”在宅ワークが基本の勤務体制になった” ”今後の在宅ワークに備えた環境を整えたい”という方が多くなり、「在宅ワークに対応できる家づくり」のニーズが高まっています。既存の家にスペースを作る場合でも、今から家づくりをされる方でもそれぞれのライフワークに合った在宅勤務スペースづくりをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.在宅ワークスペースを考えた無理のない設計の家づくり
  2. 2.ライフワークに合ったコンパクトペース
    1. 2.1.リビングの一角にカウンターを設置する
    2. 2.2.寝室の一角にスペースを設置
  3. 3.「職住融合」の無理のない設計
    1. 3.1.屋根裏を活かした在宅スペース
    2. 3.2.無理なく無駄なくつながるスキップフロア
  4. 4.自分に合った在宅ワーク環境を実現させるために


在宅ワークスペースを考えた無理のない設計の家づくり


在宅ワークが急激に普及し、今後もさらにその重要性は高まるとされている中で、在宅ワークのための”住み替え”や”間取りの変更”を考えられる方が急増してます。


今から家の購入を考えられている方は、あらかじめ家づくりのタイミングで在宅勤務の環境づくりを考えると無理のない設計が行えます。今、実際に住んでいる家にスペースを構えたい方でも、リノベーションやちょっとしたアイディアを取り入れることで快適な在宅勤務の体制を整えることができます。


自分のライフワークにあった作業スペースづくりを心掛けることで快適な在宅勤務の体制を整えることができます。


ライフワークに合ったコンパクトペース


お子さんがいるご家庭では家事や子育てを行いながらの在宅ワークをしたり、会社の勤務体制によっては在宅勤務と会社への出社勤務の両方を行っているという方もいたりワークスタイルは人ぞれそれ。快適な勤務体制を整えるのに大切なのは、”自分のライフワークにフィットした空間づくり”を行うことと、空間づくりに見合った予算をかけることを意識することです。


リビングの一角にカウンターを設置する


リビングやダイニングなどの一角にカウンターを用意すれば、まだ小さいお子さんの気配を感じながら作業ができるので安心です。個室を用意するのが難しい場合でも、この方法ならコンパクトながらスペースを確保することができるのでライフワークを邪魔することなく自然に生活に馴染ませることができます。


寝室の一角にスペースを設置


寝室の一角もカウンターを設置することでコンパクトな作業スペースをとる事ができます。人によっては、夜みんなが寝静まったころに作業するほうが集中できる方もいるのでそんな方には特におすすめです。このように、家族と共有する場所に在宅スペースをとることで家族の気配を感じながら作業ができるだけでなく、比較的安価で簡単に設置できるというメリットがあります。


しかし、リビングや寝室では長時間の集中作業が難しいかもしれません。そんな場合は、市販の本棚やパーテーションを利用した間仕切りを用意したり、壁面に机を設置することで視界に生活感のあるものを遮断し集中できる環境をつくるなどの工夫が必要です。


こうしたコンパクトで邪魔にならないスペースづくりをすることで、自分のライフワークに合った在宅スペースが生まれます。


「職住融合」の無理のない設計


無理のない設計とは、「職住融合」のバランスがとれた家づくりをすることです。無駄なく無理のない設計を意識することで、”暮らし”も”仕事”も快適に上手く行うことができます。


屋根裏を活かした在宅スペース


屋根裏スぺースを活かすことで部屋が一つ増えるというメリットがります。さらに、屋根裏は独立性が高いので集中できる環境づくりができる理想の場所です。そのおかげで作業効率のアップにもつながります。


しかし、屋根裏は夏場になると暑くなるので夏場にエアコンをフル活用すると電気代がかさんでしまいます。でも、集中できる部屋が無理なく一つ増えるというとても大きなメリット!そんな場合は、換気用の窓がついている物件を探したり家づくりの設計段階で設置計画を行いましょう。そうすることで部屋にこもった熱を排出することができ快適に過ごすことができます。


無理なく無駄なくつながるスキップフロア


スキップフロアとは、家の1.5階や2.5階、いわゆる”中二階”にスペースを設けることです。そうすることで、間仕切りを作らなくても独立したコーナー分けをすることができ、さらに2階や3階へとつながった無理のない空間構成になります。お子さんがいるご家庭では、気配を感じながら仕事にも集中できるスペースが確保できます。


しなしながら、スキップフロアの設計・施行には光や空気の入り方、音の響き方などを考慮することが必要になるので、施行・設計に慣れている建築会社を選ぶことがポイントです。


無理のない在宅ワークスペースを設計することで、無駄なスペースができてしまい生活導線が乱れるといったことや必要以上にお金がかかってしまったということを防ぐことができ、暮らしも仕事もバランスがとれた職住融合が実現できます。


自分に合った在宅ワーク環境を実現させるために


「2020年のトレンド予測」でも取り上げられているキーワード、”職住融合”。これを実現させるために、在宅ワークを前提とした家づくりやリノベーションは今後もニーズが高まっていくとされています。これからの自分の働き方とライフワークに合った家づくりが大切になりそうです。


.
  在宅ワーク・テレワークにおすすめ!快適な空間づくりにおすすめのグッズ10選 | オルラボ 在宅ワーク・テレワークの需要が増える昨今、快適おすすめグッズを利用して高いパフォーマンスをキープしましょう。この記事では在宅ワークの作業効率をアップするためにおすすめな快適グッズ10選をご紹介します。 オルラボ
  コロナ疲れに癒しの効果!部屋のインテリアにグリーンを置いて気分転換しよう | オルラボ コロナの影響で在宅勤務が増え部屋にいる時間が長くなると、”気分転換してリフレッシュしたい!”と思いますよね。こんなときこそインテリアにグリーンを取り入れてみることをおすすめします。 オルラボ



家づくりに関するお悩みはありませんか?

家づくりを検討しているけれど、注文住宅ってどこまで希望を叶えられる?土地がなかなか見つからない・・・、お金がどのくらいかかるか気になる、などお悩みの方、オールハウスがお困りごとを解決します。無料でご相談受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
関連記事