catch-img

宅配ボックスやオートロック。物件力を高めるために必要な設備紹介

無料インターネットの次に必要なものは・・・

物件力を高めるテクニックでは、無料インターネット設備の導入により、ライバル物件との差異を付ける方法を紹介しました。しかしそのライバル物件も無料インターネットを導入している場合はどうでしょうか?


宅配ボックス


入居者が不在時でも郵送物を受け取ることができる、それが宅配ボックスです。単身世帯や共働き世帯にとっては、欲しい設備ランキングの上位に食い込んでいます。賃貸ではまだまだ未導入の物件が多いためしばらくはランキング上位にとどまり続けることでしょう。


【ダイヤル式】・【電子式】などいろいろな方式がありますが、賃貸物件においては導入コストの低い【ダイヤル式】が主流です。

また宅配ボックスは新築時でなくても導入ができますので、今以上に物件力を高めたい、入居者満足度を上げたいとお考えのオーナー様にもうってつけの設備です。


オートロック


やはり防犯面での優先度は高いようです。写真のものは古いタイプですが最近ではスマホをかざすと開閉できるタイプもあります。物件への入退室も記録に残せるものでは通常の防犯カメラよりも個人認識度の精度が高いため、離れて暮らす家族の安否情報の収集にも一役買います。

これからさらに進歩していく設備の一つであることは間違いないですね。IoTの連動性を考えるとインターネットに接続するタイプのほうが拡張性は見込めます。


間違えない設備導入のために

物件力を高める方法はいくつもあります。しかし営業マンが勧めるままに導入した設備で失敗した例もいくつかあります。シングル物件に追い焚き機能付きのお風呂を完備させたのに使用される機会が無かった物件や、高齢者が多いエリアの物件にも関わらず、営業マンの押しに負けてかなりの費用をかけて無料インターネットを導入したが入居者への決め手にはならなかった例など、後から考えれば無駄な投資だったという話は本当によく聞きます。


設備を導入するにあたり費用対効果はもちろん、地域の特性をつかんだニーズを知る必要があります。懇意にしている不動産会社があれば相談をし納得の上で設備投資したほうがよいでしょう。どんな魅力的な話であっても最終的な判断はオーナーがしなくてはいけません。そのためには信頼のおける不動産会社とのお付き合いは大変重要です。

賃貸経営に関するお悩みはありませんか?

賃貸経営をしていて日々多くのお悩み・不安を抱えている方。不安を少しでも減らすためにもにお気軽にオールハウスにご相談ください。賃貸経営アドバイザーがお悩みを解決します。賃貸経営無料セミナーも開催しています。
関連記事