catch-img

2020年住民に愛されている広島の街人気No.1!広島市内にある「舟入幸町」

広島市内の中区に位置する「舟入幸町」は、広島の中心地紙屋町・八丁堀に近く、また広島電鉄江波線や複数のバス路線があるなど利便性の良さから、「SUUMO住んでいる街 実感調査2020 広島県版」で、住民に愛されている街1位に選ばれました。


今回は、そんな住宅やマンションが多くなってきている人気の街、舟入幸町をぶらり街歩きします。


目次[非表示]

  1. 1.舟入幸町が愛される理由は「便利・ラク・穏やか」
  2. 2.程よい下町感も魅力の一つ
  3. 3.河岸に並ぶ使い勝手のいい公共施設
    1. 3.1.広島原爆養護ホーム「むつみ園」
    2. 3.2.舟入公園
    3. 3.3.舟入児童館
  4. 4.市街地へ向かう時は心地よい川沿いがおすすめ
  5. 5.人気の街から路面電車に揺られて
  6. 6.住民に愛される街を実感


舟入幸町が愛される理由は「便利・ラク・穏やか」


広島市中区に位置する舟入幸町は、繁華街である広島市内中心部の紙屋町まで自転車で約10分、広島電鉄江波線の路面電車で約15分で行くことができます。


SUUMO住んでいる街 実感調査2020 広島県版」で、18歳から69歳までの男女を対象にアンケート調査をしたところ、その魅力について、「公共施設が充実」「自転車を利用しやすい」「川が近くにある」などの声が多くあがりました。


広島市内に住んでいる住人から高い評価を得る舟入幸町は、便利が良く、ラクな移動が可能な穏やかな街ということがわかります。



出典:「SUUMO住んでいる街 実感調査2020 広島県版」​​​​​​​


人気POINT

・歩く範囲で日常のものはひと通り揃う

・徒歩/自転車の移動がラク

・交通機関がすぐ側にある

・公民館などの公共施設の使い勝手がいい

・病院や診療所、介護施設の充実



広島電鉄江波線「舟入幸町」の電停のすぐそばにあるスーパー「FRESTA」


広島市内から舟入幸町をつなぐ電車通り沿いを歩いてみると、飲食店・100均・ドラッグストア・銀行などがあって、生活をする上で必要なものが一通り揃っています。舟入幸町の電停すぐ傍には、スーパーとコンビニもあるので、仕事で夜帰るのが遅くなっても買い物ができるので安心です。




ファミレスや回転寿司、ファストフードも徒歩圏内にあり、休日は家族で外食するのも困らないといった様子。



広島市内から舟入幸町に向けて歩いていると、この街の穏やかさを肌で感じることができます。市街地から近い距離にもかかわらず、他のエリアに比べて昼夜静かな舟入幸町は、お年寄りや小さなお子さまがいるご家庭も多く住んでいて、どんな方にとっても住みやすい街という印象を受けます。


程よい下町感も魅力の一つ


ひととおりのものが揃う電車通りから奥の道に入ると、そこには昔ながらの街並みが現れます。この地域で長年愛されている八百屋さんやお好み焼屋さんが軒を連ね、下町が持つ独特の温かい雰囲気が漂うのもこの街の魅力。

近年、都市開発が進み、高層マンションや高級住宅地が増えてきている広島市内。そんな市内にありながら、こうして個人経営のお店が愛され、店主との交流の場が保たれているのも舟入幸町の愛される理由の一つのようです。



地元住民が自分のお気に入りのお好み屋さんがあるのも舟入幸町ならでは



ちょっと変わった昭和喫茶のお店


舟入幸町の住宅街に突如として現れたのは、昭和喫茶「ビー玉ポケット」というレトロ喫茶!1F・2Fがカフェスペース、3Fが昭和グッズ(なんと約10,000点というから驚き!)の販売スペースとなっています。

カフェのメニューには、クリームソーダやミックスジュース、ナポリタンなどド定番の懐かしの味が揃います。この日は残念ながら百貨店にグッズを出店されていてお休みでしたが、普段は、小学生から大人まで世代に関係なくさまざまなお客さまで賑わいを見せる、隠れ家的なお店のようです。


河岸に並ぶ使い勝手のいい公共施設


住宅街と広島市の天満川河岸沿いの間には、さまざまな公共施設が並んでいます。「舟入市民病院」もその一つ。計19科の診療科が存在する舟入市民病院では、土日祝および年末年始は救急診療を行っています。


小児救急医療拠点病院にも指定されているので、小さなお子さまがいるご家庭でも安心して暮らすことができますね。


広島原爆養護ホーム「むつみ園」


舟入市民病院の向かい側にあるのが、「広島原爆養護ホーム(一般養護ホーム:舟入むつみ園)」です。開園から50周年を迎えるむつみ園は、一般養護と特別養護のほか、短期入所のショートステイや送迎方式によるデイサービスを実施しています。


市内天満川の河岸・公園に隣接した静かなたたずまいにあり、交通も便利な養護ホームとしての環境にめぐまれています。


舟入公園


むつみ園に隣接する舟入公園には広々としたグラウンドと砂場、遊具が揃います。街歩きのこの日は天気が良かったので、グラウンドでは子どもたちがサッカーを楽しんだり、木陰では、ファミリーがピクニックを楽しんでいたりととてものどかな雰囲気でした。


舟入児童館


そんな舟入公園の敷地の一角にあるのが「舟入児童館」。ここでは、0歳~18歳未満の子ども達が遊ぶことができるようになっていて、放課後児童に対する適切な遊びの場を提供し、舟入幸町の子育て環境に大きく役立っています。


最近では、密を避けたオンライン対決「全国遊び王決定戦 アソビンピック」なるものが開催されたりと、子ども達のための活動も定期的に企画されています。

情報は、児童館が運営している情報サイト「コドモネクスト」で随時更新されているので、気になる方はチェックしてみてください。


児童館・児童クラブの情報サイト「コドモネクスト」

https://www.kodomo-next.jp/


市街地へ向かう時は心地よい川沿いがおすすめ


広島市内の市街地へ向かうときは是非、散歩がてら川沿いを歩いてみてください。旧太田川(本川)沿いの道沿いには、木々や草花が季節ごとの装いをし、歩くだけですがすがしい気分になります。



本川をまたぐ中島神崎橋を渡った先には複合施設のアステールプラザはあります。さらにそこから、5分くらい歩くと広島平和記念公園に行くことができます。


人気の街から路面電車に揺られて


市街地へ向かう電車の車窓からは、平和公園や原爆ドームを望むことができます。たまには路面電車に揺られて移動するのもおすすめです。


住民に愛される街を実感


今回、舟入幸町を歩いてみて感じたのは、その程よいコンパクトさの中に、暮らすには十分の要素が詰まっていることです。賃貸物件も、他の市街地寄りのエリアより安いことも人気の一つ。魅力ある街にはそれなりの理由がありました。


舟入幸町周辺エリアの賃貸物件情報はこちら

物件情報を表示


  広島の街のシンボル!路面電車の沿線の7つの街まとめ | オルラボ 広島の街のシンボルであり、市街地をほぼ網羅している、昔ながらの公共交通「路面電車」の沿線の街並み7つをご紹介します。 オルラボ