catch-img

キッチンをリフォームしたい!レイアウトはどれが正解?

長く住んだ家では、キッチンは汚れや劣化により使いにくくなったり、見た目が悪くなったりしてしまうことがあります。また、さほど古いキッチンではなくても、キッチンの形状により使いにくさを感じ、リフォームしたいと思う方もいるようです。


キッチンのリフォームを行うとき、せっかくリフォームするのであれば、自分が最も使いやすい形状のキッチンを選びたくなるものです。代表的な形状のキッチンのそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。


I型


I型は、シンクとコンロが横に並んだ形状のキッチンです。一般的に、シンクとコンロの間に作業スペースが設けられています。


I型キッチンのメリット

1. 省スペース

I型キッチンは、キッチンのスペースがほとんど取れない単身者用のワンルームや1Kでも採用されているように、他の形状のキッチンと比べて圧倒的にスペースを取りません。リビング・ダイニングのスペースを広く取りたい方にとっては魅力となるかもしれません。


2. 動線が直線となるのでラク

I型は、冷蔵庫・シンク・コンロが一列になっているため、動線が直線となり、料理を行うのがラクであると言われています。冷蔵庫で取り出した野菜をシンクで洗い、作業スペースでカットし、コンロで焼いたり炒めたりするといった動作が直線的に行えます。


I型キッチンのデメリット

1. キッチンの長さが長いと移動距離も長くなる

動線が直線であることは、I型キッチンのメリット。しかし、キッチンの長さが長いと、その動線が長くなり、長時間料理をしていると疲れてしまう可能性があります。しかし、反対に長さの短いI型キッチンは作業スペースが少ないので使いづらくなってしまうでしょう。


II型


II型は、シンクとコンロが分離し、2列になっているタイプのキッチンです。それぞれの列に作業スペースが設けられている場合が多いと言われています。


II型キッチンのメリット

1. 作業動線が短いのでラク

作業スペースが長いI型は動線が長くなって使いづらくなってしまいます。しかし、このII型のキッチンであれば、広い作業スペースを確保しながらも短い動線で作業を行うことができ、作業がラクになる可能性があります。


2. 複数人での料理がやりやすい

2つの列の間のスペースを広く取ることができれば、複数人で料理を作りやすくなります。動線が一直線のI型では、料理をしている人同士の動線がぶつかってしまうことがありますが、2列であれば動線も2列にすることができるためです。


II型キッチンのデメリット

1. 床が汚れるリスクが高まる

2列であるため、一方から他方へ食材を移動させることが多くなるII型キッチン。ボウルやフライパンなどに入れた食材をシンクからコンロに移動させる際、床の上空を通過しなければならず、作業台の上を通過できるI型などと比べて床が汚れてしまうリスクが高いと言えます。


2. 列の間が広すぎると1人で料理するときに疲れる

列の間隔が広いと複数人での料理がしやすくなるII型キッチン。しかし、1人で料理をするときに、列の間が広すぎると、列と列の間を移動するのに疲れてしまう可能性があります。


L型


L型は、主に壁沿いに沿ってL字になっているキッチンです。一般的に、シンクとコンロがL字の角を挟んだ形で設置されていることが多いと言われています。


L型キッチンのメリット

1. 作業動線が短い+床が汚れにくい

L型は、II型のような作業動線の短さを持ちながら、キッチンの作業台の上で食材を運ぶことができます。そのため、疲れにくく床が汚れにくいと言われています。


2. 1人でも、大人数でも作業がしやすい

L字型は、II型と同じように、複数人の動線が重なりにくい形になっているため、2人以上でも料理をしやすいと言われています。また、一人であっても、L字の角の部分に立っていれば、シンクからコンロまで体の向きを変えるだけで良いため、比較的ラクに料理ができます。


L型キッチンのデメリット

1. 角の部分の収納が取り出しにくくなりがち

I型やII型と違い、L型キッチンには角の部分の作業台があり、角の部分の下にある収納スペースに収納しにくいというデメリットがあります。角の部分の奥の方に皿などを入れると、狭い扉から奥まで手を突っ込まなければならなくなるでしょう。


アイランド型


アイランド型は、キッチンが壁に接しておらず、独立した形で作られているタイプのキッチンです。壁などの視線を遮るものがないため、開放感があります。


アイランド型キッチンのメリット

1. キッチンの周りを回れるので食事の準備・片付けがしやすい

アイランドキッチンは、他のキッチンと異なり、完成した料理を一旦作業台の上に置き、反対側に回り込んで直接ダイニングテーブルに運ぶことができます。また、食べ終わった食器を作業台の上に置いておき、シンクのある側に回り込めば、そのまま洗い物をすることができます。


2. 基本的に上級グレードなので、おしゃれなキッチンが多い

アイランド型のキッチンは、どのメーカーにおいても基本的に上級グレードに位置付けられています。そのため、高級感のあるおしゃれなキッチンが揃っており、デザイン性に富んでいることが多いと言われています。


アイランド型キッチンのデメリット

1. どうしても場所を取ってしまう

キッチンが壁から独立し、キッチンの周囲を人が回れるような作りであるアイランド型を設置するには、やはり広いスペースが必要になります。狭い部屋に無理にアイランド型キッチンを設置すると、リビング・ダイニングがとても窮屈になってしまった、ということはよくあります。便利でおしゃれな反面、部屋の形や広さを選ぶキッチンと言えるでしょう。


部屋の広さや普段の使い方でキッチンを選ぼう

ここまで、メジャーな形のキッチンのメリット・デメリットを見てきましたが、それぞれに良さがあることにお気づきになったのではないでしょうか。キッチンのリフォームをする際は、お部屋の広さや、普段のキッチンの使い方から、自分のスタイルにあった最適なキッチンにリフォームしましょう。