2019.06.21

近くには気軽に自然を感じられる比治山公園。交通アクセスも良好な南区「段原」

広島の街

中央駅・「広島駅」と、市の中心部が離れている街・広島。

さらに、東京・大阪のような大都市と比較すると、公共交通機関が不便であることは否めません。

郊外の地域から両方にアクセスしようと思うと、大抵の場合バスを乗り継いだり、JRから路面電車に乗り換えたりする必要があります。

三角州という地下鉄に不向きな地形のため、21世紀になり、市の人口が約120万人なった今でも地下鉄がほぼない広島市。

バスや路面電車の利便性は、地下鉄や電車と比較するとどうしても劣ってしまいます。

観光目的でそれらの交通機関を利用するのであれば、多少時間がかかっても気にならないかもしれませんが、毎日の通勤ラッシュの時間はなるべく短くしたいもの。

今回は、両方のエリアに自転車でふらりと行けるような便利な場所にありながら、買い物や自然など、住むのに嬉しい環境が揃っている街・「段原(だんばら)」の魅力を取り上げます。

広島駅、中心部のどちらにも近い距離に位置する段原

段原は広島市の南区の北部に位置するエリアです。

広島駅までは徒歩約20分・車ならば約8分で、市の中心部の八丁堀までは徒歩なら約25分・車ならば約10分でアクセスできます(段原中央の交差点を基準に算出)。

市の中心部や広島駅付近に職場や学校がある場合、自動車や公共交通はもちろん、自転車や徒歩で通勤・通学をすることが可能な絶妙な位置だと言えます。

段原は、広島の三角州の平野の中にあるため、どちらにも平らな道のりで行くことが可能です。

かつて、段原から市の中心部に行くには、南区にある「比治山(ひじやま)」を迂回して行く必要がありました。

しかし、1993年1月に、比治山を東西に貫く「比治山トンネル」が開通したことにより、段原から市の中心部へのアクセスか大幅に改善され、駅にも街にもアクセスしやすい街・段原が誕生したのです。

豊かな自然がある「比治山公園」

写真提供:広島県

段原の西側に位置する比治山は、山全体が公園となっており、気軽に自然を感じることができるスポットになっています。

公園内には、「広島市現代美術館」「広島市まんが図書館」があり、豊かな自然の中で現代美術を楽しんだり、ゆったりと漫画を読んだりすることができます。

公園には無料の駐車場があり、車で行くことも可能ですが、段原に住んでいれば徒歩で行くことも可能です。

エスカレーターで登れる山「比治山」

段原からなら徒歩で行ける…と言われても、山道を登るのはしんどい。と感じる方もいることでしょう。

しかし、段原から比治山に登る際には、全国的にも珍しい登山系エスカレーター「比治山スカイウォーク」を利用できます。

広島市によって17億円以上の総工事費を費やして建設されたこのエスカレーター。

桜の名所である比治山に、春先には多くの方がこのエスカレーターを使って登ります。

写真提供:広島県

しかし、それ以外の季節は基本的に空いていることが多いこのエスカレーター。

オフシーズンにはエスカレーターに乗っているのは自分だけという、独特のリゾート感を味わうことができるでしょう。

買い物に便利な「段原ショッピングセンター」

イオンモールが運営するショッピングセンター「段原ショッピングセンター」には、スーパーマーケットや小売店が軒を連ね、日常の買い物には十分な環境が整っています。

また、この施設には映画館もあり、休日は家族連れで賑わいを見せています。

段原の中心部分に位置しているため、段原に住んでいれば徒歩や自転車で気軽にアクセスすることができるでしょう。

通勤のストレスが少ない街

段原からは、市の中心部と広島駅それぞれに乗り換えなしで行くことができるバス路線が通っています。

バスでの所要時間はどちらも10分程度。通勤・通学のストレスがとても少ないと言えます。

便利さゆえ人気が高く、家賃もそこまで安くはない段原エリア。1Kのアパートが3.5万円程度からと、まずまずの値段となっています。

しかし、毎日のラッシュのストレスの少なさを考慮すると、段原に住む価値を十分に見いだせる方もいることでしょう。