catch-img

不動産購入時の頭金、何のために必要?

マイホームやマンションなどの不動産を購入する機会は人生の中でもそう多くはありません。そんな不動産購入の際、最初の支払いで発生する「頭金」というものがあります。購入後のプランや、貯蓄事情など人それぞれですが、購入する時、今後の支払いで頭金は重要なポイントとなります。


ここでは「頭金とはそもそも何?」、「頭金って何のために必要なの?」という疑問に対し解説していきます。


頭金ってなに? 

頭金とは不動産を購入する時に支払うお金のことです。例えば3,000万円の家を現金500万、住宅ローン2,500万で支払う場合、現金500万が頭金となります。ある程度まとまった金額を支払うことが多いのが頭金の特徴です。


頭金の支払額により住宅ローンの借入金が決まり、今後のローン支払金額も決まります。頭金が多ければ多いほど住宅ローンで支払う額が減るのです。また、頭金の設定は自身で決める事が可能なため、頭金無しで購入することもできます。ただし購入する不動産によっては最低金額が設定されていることがあるため注意が必要になります。


住宅ローン審査に頭金は影響するの? 

頭金が少なくても購入できる物件はあります。ただし購入前の銀行の住宅ローンが組めるかどうかが問題になります。そこで住宅ローンを借りられるかのポイントとなるのは借入金額です。もし高い借入金額で申し込みした場合、銀行は相手が返済できないリスクを考えます。返済できないリスクが大きいと、銀行は審査を通さない可能性があります。


もちろん借入金額が少ないと、銀行は全額返済できる見込みがあるとして審査を通します。住宅ローン審査に通るためにも、頭金を準備して借入金額を少なくすることが大事です。


頭金はいくら必要?

このように頭金は銀行からの借入金額を少なくできるため、多ければ多いほどいいと考えてしまいがちです。ですが多額の頭金を支払えばいいというわけでもありません。頭金はその時点の貯蓄から出すので、もし無理をして多く頭金を払ってしまうとその後の生活を苦しめることになります。そうならないためにも、無理のない頭金の設定が必要になります。


では、実際に頭金はいくら必要なのでしょうか。まずは今の生活で毎月支払っているお金を確認しましょう。また、現時点の家賃なども今後の月のローン返済額に置き換えてイメージするとわかりやすいためおすすめです。そこから現時点で貯金から出すことができる頭金を設定し、頭金に対して無理のない価格の物件を決めることが重要です。


今の年収を何年維持できるか、子どもは何人いて、子どもが高等教育を受ける時までにどれくらい貯蓄できるか、老後の資金問題など多くのことを考慮する必要があります。そこまで考えた上で頭金を用意すべきか、用意するならいくらかを検討しておきます。


まとめ

頭金は住宅ローンの借入金を減らすお金なので、不動産購入における大きな役割を持っています。頭金は不動産購入においてその後の生活や支払いに関する大きな役割を持っています。物件選びや返済計画を立てる場合には、ぜひ意識しながら進めてください。