2019.10.28

広島にも横浜がある?ベイサイドビーチや港がある広島県安芸郡「坂町」

広島の街

2019年現在、374万人が住み、日本の市では一番の人口を誇る、神奈川県・横浜市。超高層ビル群が立ち並ぶ「横浜みなとみらい21」、歴史的な建築物、横浜中華街など、観光都市としても大変有名な、説明不要の日本の大都市です。

しかし、横浜があるのは神奈川県だけではありません。

何と、人口1.3万人ほどの、広島県安芸郡坂町(あきぐんさかちょう)にも、横浜という地名が存在するのです。

横浜出身の人々が自らを称するときに使い、しばしばお洒落な意味で捉えられることの多い「ハマっ子」という言葉。

横浜出身者が使える呼称ということは、(安芸郡坂町の)横浜出身の人がハマっ子を名乗っても、誰も文句を言えないでしょう。

こちらが坂町の横浜地区。

そんな広島県の横浜をはじめとする、安芸郡坂町の魅力を見ていきましょう。

横浜公園

横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムがある…のは、神奈川県の方の横浜公園。

Googleで「横浜公園」と検索すると、こちらの公園の情報ばかりが出てきます。

しかし、何と安芸郡坂町の横浜地区にも、同名の「横浜公園」が存在するのです。

坂町にある横浜公園は、3方向を海に囲まれた海沿いの小高い丘にあり、丘の上からは瀬戸内海の大パノラマを楽しむことができます。

また、公園内には桜の木がたくさん植えられているエリアもあるため、シーズンには桜と瀬戸内海を両方楽しむことができます。

スタジアムや噴水のような都会的なものは、坂町の横浜公園にはありません。しかし、海や緑という雄大な自然を体験できるようになっています。

横浜港

横浜公園のある丘を東に下った海辺には、漁船や工場の船などが停泊する「横浜港」があります。

「西の神戸、東の横浜」と称されている神奈川県の横浜港を比較すると規模は小さめですが、「西の神戸」よりも西に「横浜港」が存在している事実に、多くの人は驚くことでしょう。

ベイサイドビーチ坂

※夕暮れはCG合成のイメージです。

JR呉線「坂駅」から一駅南側(呉方面)の「水尻駅(みずしりえき)」から徒歩1分の海岸には、長さ約1kmに及ぶ巨大なビーチ、「ベイサイドビーチ坂」があります。

このビーチは、広島市近郊では最大級のビーチ。シーズンには多くの海水浴客で賑わっています。

また、ベイサイドビーチ坂は西向きのビーチなので、シーズンオフであっても美しい夕日を見ることができるようです。

広島駅まで電車で15分

坂町を通るJR呉線の「坂駅」から、広島の中央駅「広島駅」までは、乗り換えなしで約15分。広島駅へのアクセスの良さは、広島市内の「五日市(いつかいち)」とほぼ同じなのです。

広島市への通勤・通学を考える時も、とても便利な場所であると言えます。それもそのはず、安芸郡坂町は、広島市安芸区と隣接している非常に近場な自治体なのです。

駅前には大規模店舗がたくさん

JR坂駅の北口付近には、大規模な駐車場を備えた郊外型の大規模店舗が集合した「パルティフジ 坂」があります。

スーパーマケットのフジや、ヤマダ電機(ヤマダ電機 テックランド安芸坂店)、ホームセンター(DCMダイキ 坂店)などが軒を連ねているため、日常生活で必要なものを揃えることができるようになっています。

また、この坂駅の北のエリアには、広島文化学園大学の広島坂キャンパスや、広島翔洋高等学校、坂町立坂中学校など、学校も多く立地しており、ちょっとした学園都市の様相を呈しています。

クレアラインであっという間に広島市へ

広島市南区の仁保(にほ)JCTから、海を渡って呉方面へと繋がっている高速道路、広島呉道路(愛称・クレアライン)。坂町は、仁保から海を渡った対岸の町に当たります。

有料ではあるものの、その道のりはわずか4.1km程度。所要時間約5分で広島市(仁保インターチェンジ)へと到着することができます。自動車通勤をする場合は、坂町はとても魅力的な場所と言えるでしょう。

西日本豪雨で大きな被害

安芸郡坂町は、2018年の西日本豪雨の際、山沿いを中心に土砂崩れや浸水などの大きな被害を受けました。災害から1年以上が経過した今もまだまだ復興の途上にあるようです。

もしこの先坂町に家を買う、あるいは賃貸住宅に住む計画があるならば、家やその周りの土砂災害や洪水のリスクがどうなっているか、ハザードマップをよく確認しましょう。

まとめ

広島にも存在する「横浜」。

神奈川県の横浜は都会ですが、広島の横浜は自然を感じることができる場所になっています。

是非広島の横浜に訪れて、自然を肌で感じてみてはいかがでしょうか。