catch-img

賃貸経営のコツ

管理会社の選び方

賃貸経営にはいくつかの押さえておくべきポイントがあります。今回はその中でも賃貸経営オーナーにとってはビジネスパートナーとなる管理会社選びについて考えてみましょう。


空室対策ができるか

空室があると家賃収入が減り、修繕や返済や事業計画そのものに支障をきたします。そのためオーナーは物件の空室を減らす必要があります。物件情報が細かく把握できているか?WEBサイトは充実しているか?独自のネットワークはあるか?多岐にわたる項目で善し悪しを見極めることが必要になってきます。


提案力はあるか

提案力の高さも管理会社選びのポイントです。物件のためにオーナーに言いにくい事でも言ってくれるような管理会社はそう多くはないはずです。


家賃相場や入居者ニーズは日々変化しています。本業の忙しいオーナーがその変化について、常に敏感に対応することは不可能ではないでしょうか。オーナーのパートナーとして必要なのは、市場状況の変化にいち早く気づき、その変化に対して迅速に対応し、適切かつ的確な提案をする力がある管理会社が望ましいといえます。


会社の方針

結局のところ管理会社に必要なのは、オーナーや物件のために賃貸経営のサポートができるか?資産価値の向上・維持のために迅速的確に行動できるか?ということではないでしょうか。営業マンの話を聞いたり、オーナー仲間に相談したり、WEBサイトなどでそれぞれの会社のモットーや業務内容を確認しましょう。


管理会社は多数ありますがそれぞれの存在意義は異なります。入居率の高さにこだわりを持っているところ、管理戸数の数を多くすることを目標に置いている会社、ただの受付窓口。。。


新たに賃貸経営をされる方、現状の賃貸経営を改善したいという方は是非こういった観点で管理会社を見直してみてはいかがでしょうか。

賃貸経営に関するお悩みはありませんか?

賃貸経営をしていて日々多くのお悩み・不安を抱えている方。不安を少しでも減らすためにもにお気軽にオールハウスにご相談ください。賃貸経営アドバイザーがお悩みを解決します。賃貸経営無料セミナーも開催しています。
関連記事