2022.01.05

リノベーション賃貸物件の魅力とは?【写真で見る広島のリノベ物件Vol.4】

リノベする

近年、賃貸のお部屋を探していると目にする機会が増えてきているリノベーション済み」の賃貸物件。リノベーション賃貸物件とは、築年数が経過して古くなったお部屋を全面的に改装し、現代の人々が住みやすく魅力的に感じるお部屋へと作り替えた物件のことです。

単に内装や設備を新品に交換する「リフォーム」とは異なり、間取りを現代人が暮らしやすいようなものに変更したり、部屋のデザインを一新したりと、大規模な改装が行われているリノベーション賃貸物件。今回は、広島市に実在するリノベーション賃貸物件の事例を写真とともにご紹介します。

光の通りにくい2Kを明るい1LDKにリノベーション

今回ご紹介するお部屋は、築年数約30年の2Kの間取りのお部屋。

元々、バルコニー側の6帖の和室とキッチン・洋室が引き戸によって仕切られていたため、外からの光が洋室やキッチンに入りにくくなっており、和室以外は家全体が薄暗い印象になっていました。

今回のリノベーションでは、この課題を解決すべく、キッチンと和室を隔てていた壁を取り壊し、和室とキッチンを9帖のLDKに変更。そして、寝室とLDKの引き戸を曇りガラスにすることで、日中はお部屋全体に明るい自然光が入るようになりました。

デザイナーズマンションのようなこだわりの内装デザイン

LDKと居室をバルコニー側から見るとこのような感じ。壁は薄いグレーでまとめ、寝室を囲む壁をダークグレーのアクセントクロスとしました。キッチンはキッチン台と吊り収納、天井のクロスを木目調のものにして、一つのお部屋の中にもいろいろな表情が楽しめるデザインに。LDK・寝室の床は、賃貸住宅では珍しい無垢材の床材です。

薄暗く古いキッチンが明るくキレイなキッチンに一変

バルコニーのある和室と引き戸によって隔てられていたことで、薄暗い印象のあったキッチンは、LDKとして一つの部屋になることで明るさが格段にアップ。また、新築時(30年前)のままの古いキッチンを、木目調の引き出しとステンレスの作業台・流しというスタイリッシュなデザインのものに交換。お料理が好きな方には嬉しい3口コンロになっています。

変幻自在!続き間としても使える寝室

リビングとは曇りガラスの引き戸で仕切られている寝室。光を通す曇りガラスの引き戸なので、引き戸を閉めた状態でも圧迫感が少ない状態ですが、引き戸を開くことでリビングの続き間としてより開放感を出すこともできます。

ボロボロの状態だった水回りを取り替えて最新仕様に

築30年のこの物件ですが、洗面台付きのお風呂場やトイレは汚れや劣化がひどいため、交換が必要な状態でした。設備を最新に取り替えるのはもちろん、現代の暮らしに合わせた間取り変更も合わせて行いました。

間取り変更で独立洗面台と洗濯機置き場のある脱衣場を新設!

元々、洗面台がお風呂場の中にあり、室内洗濯機置き場が存在しなかったこのお部屋。4.5帖の洋室をやや狭めの寝室にすることで、お風呂の隣に独立洗面台と室内洗濯機置き場のある脱衣場を新設しました。

洗面台を独立させることで、お風呂場は自動的に広々とした空間に。汚れがひどかったトイレも温水洗浄便座付きのキレイなトイレに交換(元のトイレの写真はあまりにも汚れがひどいため掲載しません)。脱衣場とトイレの床は、ヘリンボーン柄のクッションフロアとなっており、おしゃれさも忘れていません。

現在、水回りが古いという理由だけでそのお部屋を敬遠する方も多いご時世。リノベーションによって、現代的な便利さとデザイン性を兼ね備えた水回りが誕生しました。

若い単身者やカップルにも好まれる設備・デザインに大変身

元々は薄暗く、古い印象だったお部屋ですが、間取りを変更することによって、新築のマンションと同じようなレベルの暮らしやすいお部屋に変貌しました。1LDKということで、若い単身者やカップルにもおすすめの物件に生まれ変わっています。

リノベーション済み賃貸物件のメリットとは?

リノベーション済み賃貸物件の大きなメリットと言えるのが、「最新の設備・デザインであるにもかかわらず、新築と比べて家賃が安い」こと。一般的に、同じような立地と広さの場合、新築や築浅の物件よりもリノベーション賃貸の方が家賃は安いことがほとんどです。築が古い事で、マンションの外観の古さは仕方がないものの、家族が暮らす部屋の中はとても便利でスタイリッシュな空間に改装されています。

物件のオーナーにもメリットがある

リノベーション賃貸は、お部屋を借りて住む人だけではなく、物件のオーナーにも大きなメリットがあると言えます。一般的に、賃貸物件は新築時から築年数が増えるにつれ、お部屋が古いままだと人気が下がって、家賃を下げなければ経営が難しくなります。しかし、お部屋を現代のニーズに合わせてリノベーションすることで人気が高まり、家賃を維持、もしくは上げても入居が決まる可能性が高くなるのです。

リノベーション賃貸のお部屋は増えてきている

若い世代を中心に、築年数が経過して古臭さが目立ってきているお部屋は敬遠されがち。そのため、古いお部屋をリノベーションした魅力的な物件が近年徐々に増えてきています。

「築年数が古いからお部屋も古いだろう」という固定概念を捨て、新築・築浅よりもリーズナブルな「リノベーション賃貸物件」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。