2021.12.20

おしゃれな家の外観・内観を写真でご紹介「北欧風デザインの白い家」

建てる

マイホームを建てる際、「一生に一度のお買い物だから、おしゃれな外観・内観の家にしたい」と考えておられる方は多いのではないでしょうか。今回は、実在するおしゃれな注文住宅の施工事例をご紹介。おしゃれさだけではなく、住みやすさに関する工夫なども見ていきましょう。

真っ白な壁と木材が優しい北欧風+モダンなデザインの外観

今回ご紹介する家は、正面から見ると複数の立方体が集まったようなモダンな形をした四角い家。しかし、細かい部分を見ていくと、玄関アプローチのステップやガレージ奥のデッキに木材が使用されていたり、壁が真っ白な塗壁であったりと、ナチュラルで優しい北欧風のデザインになっています。

やや斜めから見るとこんな感じ。大きな窓のある正面の壁は建物にめり込むような形で奥まっており、太陽が高い位置にある夏は直射日光が室内に入りにくい軒のような構造になっています。

ナチュラルなウッドステップと青いドアが印象的な玄関

玄関アプローチは石畳とウッドステップのナチュラルなもの。前述の「めり込んだ壁」の前のスペースにはグリーンが豊かに植えられています。

ガレージの奥はワイドサイズの掃き出し窓のある短めのウッドデッキがあり、リビングと繋がっています。北欧風のデザインの建物ではあるものの、どことなく昔ながらの日本家屋の「縁側」を彷彿とさせる構造。洗車をする際にちょっと腰掛けて休憩するのも良さそうです。

ドアはブルーに塗装された木製のもの。取手などの金具がゴールドでおしゃれです。

白壁とウッドデッキというシンプルかつナチュラルな空間に程よいアクセントとなっています。

こだわりの光るオシャレな木製の窓枠

家の正面の大窓の窓枠は外側に木の枠が取り付けられています。建物全体のナチュラルな雰囲気が細かいところにまで反映されています。

広々土間+ガレージに面した大窓で日中は明るい玄関

青い扉を開くと、突き当たりLDKのドアまで縦長の玄関ホールになっています。写真右側の床の部分の左には長い土間が続いています。自転車をこの土間に置いておくのも便利そうですね。土間の左側の壁には、ガレージに面した人の背丈ほどもある大窓があります。日中は自然光だけで明るい玄関になりそうです。

外に繋がることで広く見えるLDK

玄関ホールを抜けるとリビング・ダイニング・キッチン。漆喰の壁と無垢材の床が日々の疲れを癒してくれそうな、ナチュラルテイストの空間です。ダウンライトが所々に配置され、広い空間を満遍なく照らしてくれます。

リビングの両側は、写真左のガレージ側と写真右のウッドデッキ側に、壁の高さいっぱいの高さで、幅も広い掃き出し窓を設置。両側から外につながっているため、カーテンを開ければリビングがさらに広く見えるようになっています。

この家は吹き抜けが無いタイプの家ですが、このように十分に採光性があるため、LDKには開放感が溢れています。テレビボード上には間接照明が埋め込まれており、さらに広々とした印象に。

洋室に溶け込むモダンな和室

リビング・ダイニングの横には、続き間の和室があります。ベージュ色の正方形の琉球畳を使用することで、周辺のナチュラルテイストの空間に溶け込むモダンな和室になっています。2方向に窓があるため、日中は明るさも十分です。

ナチュラルな空間に青いカウンターが映えるダイニング・キッチン

ダイニングキッチンは床材、扉、階段の木材と白い壁、キッチンのベージュのタイルの壁といったナチュラル風味で大人な空間に、濃い青色のカウンターがアクセントカラーとして映えるデザインになっています。毎日リラックスして食事ができそうな印象です。

キッチンの奥にはパントリーが

キッチンの奥のスペースはパントリーになっており、食材や食器などをたくさん収納できます。また、作り付けでデスクも設置されているため、リビング・ダイニングからちょっと離れて集中して作業するような時に便利そうです。

2階ホールは家族が繋がる広々としたファミリースペース

階段を上がってすぐの2階ホールは個室ほどの広さがあり、子どもたちの勉強場所やワークスペースとして活用できそうなデスクが付いています。

チョークで絵を描ける黒板付き。

写真正面の大きな窓は、玄関側の壁面にある木枠の大窓です。この他にも黒板側の2枚の窓や、写真右上のトップライト(天窓)があることにより、明るく開放感のある空間に仕上がっています。

寝室にはニッチ収納が便利なデスク付

寝室もLDKと同様に白壁と無垢材の床という落ち着く印象のデザイン。こちらにもデスクが備え付けてあります。デスク上のニッチ収納には文房具やインテリアを置けそうです。

窓のある明るいウォークインクロゼット

寝室の隣にはオープンタイプのウォークインクロゼットがあります。窓があって明るく、個室ほどの広さがあるスペースのため、子供の遊び場としても活用できるかもしれません。

ツリー柄のアクセントクロスが、ナチュラルな雰囲気を壊さずに優しく主張しています。

バルコニーのある明るい子ども部屋

バルコニーに面したお部屋は入口が2つあります。壁を新たに作ったり、間仕切りしたりをすれば2人分の子ども部屋としても使える仕様になっています。バルコニーに面した大きな掃き出し窓から日中は明るい自然光が入ってきそうです。

白壁・木材の中にタイルが映える洗面・トイレ

洗面室やトイレは家全体と同様に白壁と木材を使ったナチュラルなデザイン。しかし、手洗いの部分にタイルという質感の異なるものをアクセントとして入れることで、まるで海外の邸宅のようなオリジナリティーあふれる空間に仕上がっています。

世界にたった一つのおしゃれな家が作れる注文住宅

すでに既製品の家が建てられている建売住宅や、規格がある程度決まっている規格住宅とは異なり、自分たちが本当に住みたいデザインや生活動線を一から考えることができる注文住宅。自分たちの好みのおしゃれな外観や内観の家は、満足度の高いものとなり、長く住み続けたいと感じる家になることでしょう。

冒頭で述べた通り、多くの人にとってマイホームは一生で一度の大きなお買い物。プロと二人三脚で、満足のいく家づくりを注文住宅で進めてみてはいかがでしょうか。