2021.05.31

中古マンションリノベーションの盲点?窓周りのリノベーションで知っておきたいこと

リノベする

近年マイホームの新しいカタチとして浸透しているのが、中古マンションを購入し最新の設備と高いデザイン性の部屋に改装する「リノベーション」。個室の数を増やすためにリビング・ダイニングが狭くなっていることが多い築年数の多いマンションの間取りを、広いリビング・ダイニングや開放感のある個室のような現代的なものに作り替えたり、キッチンや浴室などの設備を自分たちの好みのこだわりのものにできるリノベーション。

新築マンションを購入するよりも割安な価格で、こだわりを盛り込んだお部屋に住める点が人気を集めています。

マンションリノベーションに立ちはだかる「共用部分」の壁

しかし、中古マンションをリノベーションする際、注意しなければならないことがあります。それは「共用部分はリノベーションできない」という点。例えば、窓や掃き出し窓の窓ガラス、サッシ、玄関ドア、バルコニーの床や手すりなどは、ほとんどのマンションでは共用部分に指定されており、入居者個人の意思で勝手に変えることができないのです。

つまり、窓ガラスや窓サッシを最新の断熱性の高いものに交換して、夏の暑さや冬の寒さの影響を受けにくい快適な家にしたい…と考えている場合、戸建てリノベーションのように窓をそのまま交換することはできません。どうしても窓を交換したい場合は、マンションの管理組合の許可が必要ですが、窓を含む共用部の修繕は建物全体のバランスや強度を維持する目的で、マンション全体の計画修繕として組み込まれているため、許可が下りない可能性があるのです。

「内窓」であれば制約を受けない!

自分の部屋(専有部分)の中に内窓を作る工事は、あくまでも専有部分での工事のため、マンションの管理組合の許可を得る必要はありません。

つまり、マンションの備え付けの窓や掃き出し窓の断熱性が気になる場合、内窓を付けることで室内の断熱性を上げることができるのです。特に、内窓の窓サッシを断熱性の高い樹脂製サッシにすることで、断熱性が高まり、結露の起こりにくい家にすることが可能です。

内窓のメリットは、断熱性の向上以外にも、以下のようなものがあります。

防音性の向上

窓がもう1枚増えるということは、外からの音を遮るものが増えるということ。二重窓は元々、交通量の多い幹線道路沿いや空港や野球スタジアムなどの音の大きな施設の近くの建物で使われることが多いため、通常の地域であればより一層外の音を遮ってくれることでしょう。

セキュリティーの向上

空き巣の侵入経路の6割ほどが掃き出し窓などの窓であると言われています。窓が1枚増えることにより、空き巣などの犯罪者が侵入するリスクを低下させることもできます。空き巣が窓を割って侵入する場合、1枚多い分時間がかかり、発見されたり通報されたりする可能性が高まるため、結果的に防犯性が高まるのです。

内窓のデメリットは?

断熱性の向上、防音性の向上、セキュリティの向上といいことが多い「内窓」のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

通常の窓よりも価格が高くなる

内窓は一般的に、通常の窓を交換するよりも価格が割高になります。「元々の窓を交換できていれば少しでも費用が抑えられえるのに!」と感じるかもしれませんが、前述の通りマンションのリノベーションならではの制約として覚えておきましょう。

窓を開くまでの手間が増える

構造上当然のことと言えますが、窓を増やすことにより、換気のために窓を開けたり、バルコニーに出る際に、窓を開閉する動作が倍になります。もちろん施錠も内窓・外窓両方する必要があるため、どうしても手間が増えてしまいます。

部屋がやや狭くなる

元々の窓枠の構造にもよりますが、内窓は専有部分に設置するため、内窓の面積と厚さの分、部屋の面積が狭くなってしまう可能性があります。広さに余裕がない場合、内窓のメリットを取るか、室内の広さを取るかをじっくりと考える必要があるでしょう。

内窓をつける費用は?

内窓を取り付ける費用は、窓の大きさ、サッシの素材、窓ガラスのグレード(複層ガラスなど)よって大きな差が出ますが、引き違い窓1つの一般的な価格は

・キッチンやお風呂などの小窓の場合  約5〜10万円

・居室などの中窓の場合  約8〜20万円

・バルコニーへの掃き出し窓などの大窓の場合  約20万円〜40万円

となっています。

※価格は目安です。施工会社によって異なります。

日常生活を送る上で無視できない窓周り

リノベーションをする際、部屋の内装のデザイン性やキッチンなどの設備ばかりに目が行ってしまい、窓周りのことまで気が回らないという方は多いのではないでしょうか。しかし、お部屋の断熱性や防音性は、毎日の生活の質(QOL)を上げる上では、地味でありながらも大切な要素と言えます。

購入する中古マンションの窓の断熱性や結露が気になる場合は、内窓の設置も含めて計画してみてはいかがでしょうか。