2021.02.17

デスク1つでも大違い!見た目だけではない無垢の家具の癒し効果とは?

インテリア

2020年初頭から世界的に流行しており、2021年に入っても収束の兆しが見えない新型コロナウイルス。2021年1月、政府によって大都市圏を中心に発令された緊急事態宣言では、出勤する人の7割をテレワークにすることが盛り込まれるなど、不要不急の外出を控えて家で過ごす時間が増えた、という方も多いのではないでしょうか。

オルラボでは以前、室内の湿度を一定に保つ「調湿効果」がある無垢の木の床材について取り上げ、木の自然の力を使った快適な生活についてお伝えしてきました。

しかし、賃貸住宅に住んでいる場合、自宅の床が無垢材である可能性はとても低くなります。また、無垢材ではない床材を使っている持ち家に暮らしている場合も、このコロナ禍に床材を変えるリフォーム工事を行うのは難しいことでしょう。今回は、床材よりもはるかに取り入れやすい、無垢の木を使った家具の魅力や効果をみていきましょう。

調湿効果のある無垢材

天然の木を伐採してそのまま加工した木材「無垢材」。天然の木が元々持っている「湿度の高いときは湿気を吸収し、乾燥しているときは湿気を放出する」という調湿効果は、木が加工されて無垢材となった後も残っています。

無垢材の調湿効果は、無垢材の厚みよりも、表面が空気に触れる面積が広いほど効果を発揮します。したがって、部屋全体の床が無垢材の床であれば、高い調湿効果を得られるというわけです。しかし、前述のように賃貸であれ持ち家であれ、すでに無垢材ではない床材の家に住んでいる場合、床材を一新するというのは大きな負担になります。

そのような場合、床材ほどの効果は得られないものの、例えばデスクやテーブルのような家具を無垢材のものに変えることで、室内の調湿効果が期待できるのです。

見た目だけではない「温かさ」

無垢材で作られた家具を見ると、どことなく温かい印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。実は無垢材の温かさは、見た目だけの錯覚ではないのです。例えば、アイアンやガラス、コンクリートなどで作られた家具や内装に触れた時、ひんやりと冷たく感じたことはありませんか?

その現象は、それらの素材に自分の体温が伝わり、触れた部分から熱が急速に逃げていくことによって起こります。つまり、アイアン、ガラス、コンクリートなどは、熱伝導率が高く、熱しやすく冷めやすい物質なのです。それに対し、木(無垢材)の熱伝導率は低く、触ったときに「ひんやり」と感じることが少ないのです。

数値で表すと、コンクリートの熱伝導率が1.3w/m、アルミに至っては210w/mであるのに対し、無垢材の熱伝導率はわずか0.15w/m。無垢材の「温かさ」は、感覚によるものではなく、数値で実証された事実だったのです。寒い中、感染対策のためにこまめに換気をする必要があるなど、寒さを感じる機会が増えたWithコロナ時代の冬。無垢材の温かさは、そんな冬場の快適な生活を助けてくれることでしょう。

見た目だけではない「癒し効果」

無垢材のフローリング、建具などで囲まれた家に行くと、なんとなく空気が澄んでいる気がして気分が良い、と感じたことはありませんか? もし、心地よさを感じたことがあるならば、その感覚も見た目だけの錯覚ではありません。天然の木からは自然の芳香成分である「フィトンチッド」という物質が発せされています。

このフィトンチッドは脳内のα波の発生を促進して心を安定させたり、交感神経の興奮を抑えたりといった作用があり、リラックス効果をもたらしてくれるのです。この効果も、天然の木が本来持っている効果が、木が無垢材となっても持続していることによるもの。

つまり、無垢材のフローリングや家具に囲まれた生活をしていると、まるで家の中で森林浴をしているようなリラックス効果を得ることができるのです。かつてのように頻繁に外出することが憚られるWithコロナ時代。家にいる時間が長いことによるストレスを無垢材の癒し効果で和らげることができるかもしれません。

取り入れやすい無垢材の家具

見た目の印象ではなく、事実として「温かさ」や「癒し効果」がある無垢材。ここからは、無垢材が使用されている部分が多く、なおかつお部屋のインテリアに溶け込みやすいような家具をご紹介していきます。

デスク

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により、政府によって奨励されたことにより、昨年一気に一般化した、在宅で仕事を行うテレワーク。作業スペースとして、ダイニングテーブルなどを代用している方もいるかもしれませんが、毎日仕事に向かう作業場として、そろそろデスクを新調したいと考える方も多いのではないでしょうか。

無垢材のテーブルは、前述の通り、周辺の湿度を整えてくれたり、フィトンチッドによるリラックス効果が期待できるなど、テレワークを快適に行うのを助けてくれる効果が期待できます。また、個人の好みにもよりますが、自然を感じさせる無垢材の上に、無機質なパソコンなどの電子機器を置いた様子はなかなかおしゃれ。 仕事に対するモチベーションも上がっていくかもしれません。

机 デスク 無垢材 シンプル 木製 パソコンデスク PCデスク ワークデスク 幅140cm 引き出し ヴィンテージ調 つくえ 学習机 勉強机 大人 おしゃれ 作業台 パイン材 書斎机 学習デスク 在宅 テレワーク 在宅勤務

価格:24,990円
(2021/2/17 16:59時点)


 

ダイニングセット

大型家具であるダイニングセットを無垢材のものに変えると、面積が大きい分調湿効果やリラックス効果も期待できます。家族が揃って食事をする場所が、無垢材のダイニングテーブルやチェアによって、より温かく優しい空間になることでしょう。

ダイニングテーブル 椅子セット ダイニングテーブルセット ダイニング 5点セット パイン無垢材 幅120 角型 ダイニングチェア4脚 ナチュラル ウォルナット ホワイト 木製 木目 ダイニングテーブル 送料無料 〔A〕

価格:17,800円
(2021/2/17 16:50時点)


 

サイドテーブル

リビングやベッドの横などに置くサイドテーブルも、違和感なく無垢材を取り入れやすいアイテム。くつろぎの空間であるリビングルームや休息の場であるベッドルームが、無垢材のサイドテーブルにより温かくリラックスできる空間に感じられることでしょう。

北欧 センターテーブル E 無垢 木製 リビングテーブル 北欧風 ナチュラル 天然木 伸縮 サイドテーブル ソファサイド テーブル 無垢材 おしゃれ かわいい 可愛い シンプル

価格:13,900円
(2021/2/17 16:51時点)


 

見た目にも見た目以外にも人に優しい無垢材

無垢材の家具は、見た目においても熱伝導率や成分においても、人にとって「温かく、癒しを与えてくれる素材」であることをお分かりいただけたのではないでしょうか。

床材を変えることが難しい場合でも、無垢材を使用した家具を置くことで、調湿効果や癒し効果を体験することができる可能性があります。外出の機会が制限され、ストレスが溜まりやすいWithコロナの時代。無垢材のある暮らしは生活に潤いを与えてくれることでしょう。