2020.11.20

「戸建」と「マンション」徹底比較!あなたのマイホームはどっち?

建てる

人生最大の買い物とも言われる「マイホーム購入」。マイホームを考える際、戸建住宅を建てる(あるいは買う)か、マンションを買うかで迷う方も多いのではないでしょうか?

戸建住宅もマンションの一室も、どちらも「マイホーム」であることには変わりませんが、両者に違いがあることは誰の目にも明らか。長く住むマイホームだからこそ、双方のメリットを把握してから購入するのが賢明だと言えます。

これから、戸建住宅とマンションの特徴を見ていきましょう。

戸建住宅のメリット

床面積が広い

2階建、3階建の戸建住宅は、一般的なマンションよりも床面積が広くなります。例えば、1階部分の部屋を広々としたLDKのみにして、2階より上のフロアに家族の個室を設けるという構成にすれば、一つ一つの部屋の面積を一般的なマンションよりも広めに取ることができます。

間取りを自分たちで決められる

注文住宅で戸建住宅を建てる場合、最初から間取りを自分たちで決めて住むことができます。生活のスタイルや家族構成の変化などに臨機応変に対応できる自分たちにぴったりの間取りを選択できることは、長い期間住むことになるマイホームにおいて大きなメリットと言えるでしょう。

間取りのパターンが最初から決まっており、既にあるものから選ぶ必要があるマンションとは大きな違いと言えます。

庭がある

多くのマンションでは、1階の部屋やルーフバルコニーがあるような部屋以外は「庭」と呼べるほどの広さがあるスペースはありません。

敷地の広さによって変わってくるものの、戸建住宅であれば土のある庭があるため、ガーデニングや家庭菜園を作ることができます。本物の土のある庭ならば、マンションのベランダでプランターを使うよりも格段に植物の育ちも良くなることでしょう。

隣家と距離がある

マンションは鉄筋コンクリート造の防音性の優れる物件であっても、一枚の壁を隔てた隣はもう隣の家。そのため、室内で子どもたちやペットが走り回ったり、家具の移動の際に家具が壁にぶつかってしまうなど、大きな音が鳴ると上下左右の住戸に音や振動が伝わってしまう可能性があります。

隣家との間に距離がある戸建住宅では、隣近所に自分たちの生活音が伝わりにくく、反対に周辺の生活音も聞こえにくいというメリットがあります。

駐車場が敷地内に作れる

敷地面積によって変わってきますが、戸建住宅の場合は駐車場のスペースを敷地内に確保することができます。場合によっては2~3台分の駐車場を作ることもできるでしょう。もちろん、駐車場代がかかることもありません。

マンションの場合だと、戸数分の駐車場が確保されている場合もありますが、全戸分の駐車場が確保されていない物件の場合は別の場所に駐車場を借りなければなりません。さらに、マンションの規約によって変わりますが、大抵の場合は敷地内の駐車場であっても駐車場代を毎月支払わなければなりません。

マンションのメリット

セキュリティーが強固

大半のマンションは、日中は管理人やコンシェルジュがエントランス付近に待機しており、無人の戸建住宅と比較すると、不審者が侵入しにくくなっています。最近のマンションはオートロックや防犯カメラなども充実しているので、セキュリティー面では一定の安心感が得られます。

もちろん、戸建住宅でも防犯システムを強化することもできますが、その費用を全て個人で負担しなければならず、管理費として全戸で割って支払うマンションよりも負担を感じてしまうことでしょう。

高層階は眺望が良好

戸建の住宅は最高でも4階建くらいなのに対し、マンションは5階以上の部屋に住むこともできます。周辺が他のマンションやビルが多い場合は例外ですが、5階以上からは戸建住宅では味わうことのできない開けた眺めを楽しむことができます。

特に20階を超えるタワーマンションの高層階からは、周辺の街並みを一望できるようになっており、人気が高まっていることをご存知の方も多いことでしょう。

共用部分のメンテナンス負担が少ない

前述のセキュリティの設備と同様、マンションの共用部分の清掃・修繕のメンテナンス費用は管理費や修繕積立金として、全戸で割って負担します。

戸建住宅にはマンションのようにエレベーターのようなお金のかかる設備はありませんが、外壁やガレージ、塀などの修繕は全額負担しなければなりません。

ワンフロアで老後がラク

メゾネットタイプのお部屋を除き、マンションの占有部分はワンフロア。エレベーターの付いたマンションであれば、日常生活で階段を上り下りすることはほとんどありません。

戸建住宅に住んでいる人の中には、高齢になった際に自宅の2階に階段で昇ることが体力的にキツくなり、2階の部屋を結果的に使わなくなってしまったり、新たに平家を買って引っ越したという人もいるようです。

日当たりが良い場合がある

建物の周辺に高い建物がある場合は例外ですが、マンションの中層階・高層階の部屋は周りに日光を遮るものが少ないため、日当たりが良い場合が多いと言われています。

戸建住宅の場合は、住宅が密集している場所に建っていると、庭や室内に入る日光がどうしても減ってしまうのに対し、マンションの中層階・高層階の部屋は都会に立地していても日当たりの良さは安定しています。

生活スタイルに合った選択を

ここまで、戸建住宅とマンションそれぞれのメリットを挙げましたが、どちらにもそれぞれメリットがあることをお分かりいただけたのではないでしょうか?

自分たちがマイホームに何を求めているのか、家族全員でよく話し合い、生活スタイルに合ったマイホームを選びましょう。