2020.06.29

夏場に嬉しい「青い色」の効果とは?お部屋を気軽に模様替えできるインテリア5選

インテリア

35度を超える猛暑日が続くことも珍しくはなくなった日本の夏。熱中症にならないため、本当に必要な時はエアコンの力に頼る必要があります。

しかし、省エネ技術が進んでいるとはいえ、エアコンばかりに頼っていると電気代が通常の倍以上かかってしまうこともあります。また、エアコンの風が体に合わないと感じ、あまりエアコンのスイッチを入れたくない…という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな日本の夏の暑さ対策に一役買ってくれそうな青色のインテリアを取り入れた「青い部屋」の効果を取り上げながら、誰でも気軽に行える夏用の模様替えのアイデアを特集します。

夏場は青色の「体感温度を低く感じさせる効果」を取り入れよう

青い色には、脳をリラックスさせたり、集中力を高めてくれたりといった様々な効果があります。今回、数ある青色の効果の中で注目する効果が、体感温度を低く感じさせてくれる効果。赤やオレンジなどの暖色系の色と比較すると、青系の色には3~4度体感温度を低く感じさせる効果があると言われているのです。

夏場、青色のインテリアでコーディネートすることで、お部屋の体感温度を低く感じることができれば、エアコンの設定温度を穏やかに設定し、扇風機や冷風扇などを併用して、厳しい暑さを乗り切れるかもしれません。

もちろん、猛暑日のような暑い日に痩せ我慢をしてエアコンに頼らないという行為は危険なため、あくまでもバランスを考えましょう。

青色インテリアの詳しい効果についてはこちら

記事を見る

 

気軽に青に模様替えできるインテリア5つ

模様替えをする際、多くの人が突き当たるのが、「シーズンオフにまた模様替えをするのが大変」という問題。例えば、夏場専用のインテリアとしてテーブルやチェストなどの大型家具を青系統の色のものに変える…というのは現実的ではありません。

夏場に涼しさを与える効果を得られると同時に、秋冬の季節になったらサッと温かみのある色のものに変えられる、おすすめのインテリアを見ていきましょう。

カーテン

窓辺の主役・カーテンは、お部屋に対する面積が大きく、取り替えも簡単なインテリア。カーテンをブルーのものや、ブルーや白があしらわれたマリン系の涼しげなデザインのものに変えると、お部屋の体感温度をグッと下げることができるでしょう。

また、遮光性能や遮熱性能がある高機能カーテンを取り入れると、真夏の強い日差しが室内に入るのを防いでくれるため、体感温度だけではなく実際の温度も下げることができます。

ラグ

カーテンと同様、お部屋に対する面積が大きく取り替えも簡単なラグ。他の家具にもし暖色系の色があったとしても、足元の広い面積を青系統に変えることで涼しい室内を演出できることでしょう。

クッションカバー

青い色の涼しい効果を味わってみたいけれど、大きなソファーが赤やオレンジで暖かみがある…という場合は、ソファーに置いているクッションを青系統の色のものに変えることで、涼しさを呼び込むことができるでしょう。

貼って剥がせる壁紙・ステッカー

カーテンやラグなどよりもはるかにお部屋に対する面積が広い場所といえば、壁面でしょう。

最近、主に賃貸住宅に住む人を中心に人気を集めている「貼って剥がせる壁紙」を使えば、壁紙の上から青系統の色の壁紙を簡単に貼ることができ、お部屋の雰囲気を一気に涼しげにすることができます。

もし、オフシーズンになって青い壁が寒々しいと感じれば、きれいに剥がすことができるので安心です。

シーツなどの寝具

ベッドのシーツ(布団の方は布団カバー)、枕カバー、掛け布団カバーなどを青系統のものに変えると、寝苦しい熱帯夜もいくらか快適に過ごすことができる可能性があります。

青色の効果は視覚だけにどどまらない!?

ここまで読んで、「起きている際は、確かに青い寝具を見ると涼しげな気持ちになるのは理解できる。しかし眠る際は目をつむっているし、暗くなるから色なんて関係ないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、東洋大学にて、目隠しをした状態で家具や壁・床などを青に統一した部屋に入るという実験を行ったところ、目が見えないにもかかわらず被験者の心拍数が減少し、血圧と体温が下がるという結果となったのです。

このため、青い色の効果は視覚によるものだけではない、と言われているのです。

もし、寝ている間の体感温度が下がっているならば、気温が比較的下がる深夜や明け方にエアコンがOFFになるタイマーをしておけば、その分省エネになることは間違いありません。試しに寝具をブルー系統に変えて、暑さで目が覚めないかどうか実験してみるのも良いかもしれません。

まとめ 手軽な模様替えでもお部屋の印象は大きく変貌

ここで取り上げた、気軽に模様替えできる5つのインテリアは、当然夏場の涼しさを演出する用途以外でも気軽に模様替えができます。

例えば、冬場に暖かい雰囲気の部屋に変えたいと感じた時は、体感温度を上げる効果がある赤やオレンジのような暖色にカーテンに変えてみるなどの応用が可能です。

迫りくる暑い夏。お手軽にできる模様替えで涼しい青色をお部屋に取り込んでみるのはいかがでしょうか?