2020.04.29

賃貸でも初心者でも関係なし!気軽に楽しめるDIYアイディア3選

暮らしのQ&A

「賃貸に住んでいてもDIYを楽しみたい!」「DIY初心者だけど何か作ってみたい!」どんな人やどんな場所でも、DIYを簡単に楽しめるシンプルなアイディア3選をご紹介します!新型コロナウイルスの影響で家にいる時間が長い今だからこそ、お家でできる簡単なDIYを楽しんでみましょう。

アイディア1. 100均アイテムで作るキッチン壁面収納DIY

ひとり暮らしの賃貸物件で多い1Rや1Kの間取りは、キッチンスペースが思った以上に狭くて、調理器具を置くと料理スペースがかなり限られてしまうことも。そんなコンパクトサイズのキッチンスペースでも、調理器具を上手に収納できる壁面DIYが100均アイテムだけで簡単に作れてしまうDIYです!

必要なもの

・突っ張り棒
・ワイヤーネット
・結束バンド
・フック

なんと必要な材料はこちらの4点のみ!作り方もとても簡単です。

作り方

1. ワイヤーネットを設置する壁面の高さと横幅をメジャーで測る
2. 測ったサイズに合う大きさのワイヤーネットを用意する
3. 壁面の高さに合うように突っ張り棒を、ワイヤーネットの両端・真ん中用に設置する
4. 結束バンドでワイヤーネットを突っ張り棒に括りつける

あとは、調理器具の配置を考えてネットにフックを付けてそこにかけていけば完成♪ あっという間にキッチンの壁面に調理器具を収納することができます。鍋やふたなど重みのあるものを置きたい場合は、写真のようにSフックを換気扇部分にひっかけると強度があがり、ネットが倒れることなく安定します。

壁面収納にかかる材料費は、大体¥500~700程度ととても格安。調理器具を置かないことで、キッチン周りの掃除がラクになるだけでなく、調理道具やレイアウトもこだわることでおしゃれな雰囲気にすることもできます。

アイディア2. 板を置くだけの簡単DIYテーブル

続いてご紹介するDIYのアイディアは、DIY初心者の方にはもってこいの最短DIY「木の天板を台に置くだけ」の超簡単リビングテーブルです。土台となるアイテムに木の天板を置くだけなので、どんなにズボラな方でも、これなら実践してみようかな…?と思えるのではないでしょうか。

土台には、収納ボックスやアイアンシェルフ、スチール棚など好きなアイテムを選んでみましょう。ちなみに、写真で使用しているのはアウトドアテーブルの上に天板を渡したリビングテーブル。このように、違う素材同士を合わせることで垢ぬけた印象になり、よりおしゃれな雰囲気のテーブルとなります。

他にも、土台として両脇にカラーボックスを使用すれば、本や小物の収納スペースが確保される収納付きDIYテーブルに大変身します。これならコンパクトな間取りの賃貸マンションでも、スペースを無駄にすることなく机と収納棚の両方をゲットできます!

さらに、台の安定性を高めるためにボックスの裏からネジで留めたり、滑り止めをはさんだり、接着剤を塗っておくとより天板がずれにくくなり安心です。

アイディア3. 椅子をお気に入りのファブリックに貼り変えDIY

最後にご紹介するDIYアイディアが、「椅子のファブリックの張り替え」です。 あれ?いきなりDIYの難易度高くない…?? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、ポイントさえ押さえてしまえば案外楽しくできてしまうおすすめDIYなんです。

しかも、生地の張り替えを業者さんや椅子を購入した家具屋さんに依頼すると数万円する場合もあるので、自分で張り替えてDIYをすることで経済的にもかなりお得です。この機会に、椅子の張り替えにチャレンジしてみましょう!

必要な材料

・ウレタンチップ(中材1)… 座面板と同じサイズ
・ソフトウレタン(中材2)… 座面板+5cm
・お好みの生地… 座面板+10cm※生地によって多少変わります

必要な工具
・プラスドライバー…椅子の台座の取り外しと取り付けに使います
・マイナスドライバー…生地を留めているタッカーを外すのに使います
・タッカー…タッカーはMAXのクラフト用もしくは100均のものでもOK
・タッカーの芯…100均のものは折れやすいため、MAXの替え芯1208Fがおすすめ
・軍手
・ペンチ
・裁ちばさみ

張り替え方

1. 素材をカットする
まずは、中材となるウレタンチップとソフトウレタン、そして使用したい生地を用意します。用意できたら、各サイズに裁断しましょう。

・中材のウレタンチップは座面板と同じサイズにカット
・ソフトウレタンは座面板サイズ+5cm大きくカット
・お好きな生地を座面板サイズ+10cm大きく裁断

2. 椅子を裏返して、プラスドライバーを使って座面を取り外す

3. マイナスドライバーを使って、生地に留めつけてあるタッカーを外す
※マイナスドライバーで外すのが難しい場合は、ペンチやホッチキスの角を使ってみるのもおすすめです。タッカーなどで手を怪我しないように必ず軍手はしておきましょう。

4. 各素材を重ねて台座に留めていく
留める順番は座面板→ウレタンチップ→ソフトウレタン→生地の順番で重ね、タッカーで周りを留めていきます。

※留め方のポイント※
生地を少し引っ張りながらタッカーで留めることです。さらに、片手で上から押さえてもう片方の手で打ち込むと安定します。最初は上下左右を留めて、そこからカーブを丁寧に全体に2ミリ間隔で留めていきくと布にたるみが出にくくなります。

5. プラスドライバーで椅子に留める
材料費は布の種類にもよりますが、1脚大体1,000~2,000円ほどでできます。

作業中は、板のささくれやタッカーの抜き取りなど手をケガしないようにするためにも、必ず軍手をはめることをおススメします。

賃貸でもアイディア次第で気軽にDIYを楽しもう

賃貸でも初心者でも気軽に楽しめるDIYアイディア3選はいかがでしたか?
今回、ご紹介したDIY以外にもラブリコやディアウォールといった壁面を利用したカンタンDIYもあります。是非お家時間を有効活用してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。